猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

オピニオン

物語は朝焼けの色みたいなもので、ただそこにあるだけのもの。(3347文字)

当たり前のことだが、物語を「見る」ことと「語る」ことは違う。 全然違う。 「見たもの」は語れないし、語ったとしても「見たものを語った」というふうに落ち着いてしまう。赤色を見たときそれを「赤色だ」と言うことは出来ても、赤色の感覚を言葉には出来…

CARNIVALはひとつひとつ取り払い、こなかなは精一杯の物語を信じた(+魔女こいにっき.11eyes)

[1]我々は意識することなく多くの物語を取り込みながら ※CARNIVAL、こなかな、11eyes、魔女こいにっきの凶悪なネタバレ注意。4作品未読の場合は絶対読まないで下さい。 ◆

萌え、萌え?①(恋カケ~げんしけん)

(1)内面類推と萌えの関係性 「萌え」とは明確な定義が決まっておらず、発言者によってゆらぎがある言葉だ。私自身は深い感情に出会った時に、それも可愛いの最上級として使っている。 今回はそんな萌えの発動条件・因子はどこにあるのか?と興味をもったの…

エロゲのE-mote(=動く立ち絵)をプレイヤーは求めているのかな。ぶっちゃけ要らなくない?(コロナブロッサム~トライアンソロジー)

参考 www.youtube.com↑ E-moteに限らずLive2Dやモーションポートレートを用いた「動く立ち絵」というのは今では見慣れた表現になってきた。そしてそれは作品を「リッチ」にするために、あるいはキャラクターに「存在感」を出すために導入されることが多いと…

2016年にプレイしたエロゲ総括(おすすめ~駄作まで)

例年どおりその年に "プレイ" したエロゲ(含む一般ノベル)26作品を気のむくまま語っていきます。核心的なネタバレはしませんが、作品内容には触れますしダメなものはダメと言いますのでそこはご注意下さい。 ・2014年にプレイしたエロゲ18作品・2015年にプレ…

物語における『視点取得限界』を考える(24463文字)

*『Charlotte』『アオハライド』『プロポーズ大作戦』『いろとりどりのセカイ』『Re:ゼロから始める異世界生活』『恋色空模様』『はつゆきさくら』のネタバレ注意。 視点・取得・限界 いずみの氏が言う『視点取得限界』について考えたくなった。 ▼ togetter.…

レビュアーは返り血を浴びる覚悟がなければならない。しかしそれを自覚したレビュアーほどやめていくのだ(2305文字)

*「レビュアー=作品を語る者」と本記事では広く定義する。 レビュアーもまた評価を下される身である 作品に感想・批判・評価を下していくレビュアー。一見すれば作品を<従>にし自身を<主>にするその在り方は、お気楽で威勢のいいように見えるかもしれな…

「ネタバレを過剰に気にする人は作品の筋(すじ)しか楽しみ方を知らないのでは?」と問われれば、(8825文字)

1)ネタバレについての指摘 以前からこのブログでは、作品に対して一定ラインを超えていたら「ネタバレ注意」と記してきた。かっちりとした区切りはないが「未プレイ者の楽しみを奪う」ような情報を載せていたら「ネタバレ」だと判断することが多かった。 だ…

「アニメ化」とはつまり原作の批評行為なんじゃないか?(Fate/stay night)

*Fate/stay nightネタバレ注意 「アニメ化」とはつまり原作に対する批評行為である(4747文字) 小説のアニメ化、ラノベのアニメ化、ノベルゲームのアニメ化。それぞれ媒体は異なるものの、まず原作ありきで、その原作をアニメ(映像媒体)へ落とし込むことを「…

作品批判はいらないという意見こそが要らない。そういう人々が市場を腐らせる(6679文字)

以前に、話題になっていた漫画を読みました。 『私が大好きなアニメを見れなくなった理由』(1/2)割と実話マンガ pic.twitter.com/3vf1UJhaHe — micorun (@micorun) 2016年3月1日 『私が大好きなアニメを見れなくなった理由』(2/2) pic.twitter.com/Ggt0NoBMu…

おすすめするのは難しいし、おすすめされるのはとっても嬉しい(3749文字)

(1)作品をおすすめすることは、 難しいです。 それは「自分が好き」なものを闇雲に提示すればいいわけではなく、「その人が好きなもの」を提示しなければいけないからですね。 私がいくら『ナツユメナギサ』が好きだからってギャルゲーに慣れてない人はその…

批評と創作はある一点において本質的に同じである。(1812文字)

*内在的考察とは別領域のお話なので一緒くたにしないようにね。 批評=創作 印象批評からフォルマリズムまで、批評行為とは「ある対象が存在しその対象を語るもの」である。 視聴した作品が己の心を揺さぶったならばそれは如何なる場所で、如何なる高揚があっ…

2015年にプレイした27作品から選ぶおすすめエロゲはこれだ!

2015年に私が"プレイ"した作品を振り返りながら「オススメエロゲ*1」を選んでみようと思います。面白い作品を探している人は参考にしてみてくださいね。 よければこちらもどうぞ。▼ eroge-pc.hatenablog.jp ※おすすめ度は★★★★(4.0)~★★★★★(5.0)のみ表記…

『反解釈』を読んで、作品を思想・文化に吸収せしめる批評がまったくもって要らない事がわかる

そして、作品から無限の意味を引き出す「解釈」さえも――― いま断じて必要でないこと、それはこれ以上さらに「芸術」を「思想」に吸収せしめること、あるいは(こちらのほうがもっと始末がわるい)「芸術」を「文化」に吸収せしめることである。――『反解釈』S…

いつまで作家論なんてやってるの?

作家論とはなにか 作家論とは、ある著者の作品を複数並べ比較しそこから共通する要素、モチーフ、展開、物語構造を抽出し『式』(アルゴリズム)とでも呼べるようなものを取り出す行為のこと。 あるいはそういった『式』を前提として、現行作品はその『式』…

ある一部の芸術作品が提供する快楽に、我々の感性が追いつけないことが度々ある。

腐り姫 Liar-Soft (2002-02-08) Amazon.co.jpで詳細を見る それは本当に稀少だが、ある一部の芸術作品が提供する快楽に我々の感性が追いついていけないことがしばしばある。 一見それは作品の出来が悪かったように思えるかもしれないが、誤りであり、その作…

2015年に「アトラク=ナクア」をやっても退屈なのはもう古典だからだ

*ゲーム『アトラク=ナクア』の内容に触れてるので、気にする人は回れ右 名作と謳われたノベルゲームが10年後、20年後の市場で受け入れられるかと言ったら難しいだろう。(個人単位ではなく「市場」という括りであることに注意) その作品が当時の市場で評価…

電子書籍ラノベの「新しい形」を微力ながら考えてみる

*既に実現しているラノベ作品があるかも 電子書籍は印刷本の劣化版だが、印刷本にはない 「製本コストを抑えられる為値段が安くなる」 「購入したらすぐ手元に届く早さ」 「電子情報のため部屋を圧迫しない」 などの魅力がある媒体だというのが個人的な認識…

ラノベとアニメの情報量の差はどこにあるのか?

*一般化するには難しい考え方かもしれない。

「原作版とアニメ版を比較しない」という見方

以前お話した《物語そのもの》なる考え方を物語に適用した場合、原作とアニメ化、その2つもまた別物だと見ることができるに違いない。 参照→《物語そのもの》とは?

作品批評は誰のために、そして何の為に(18205文字)

《物語そのもの》とは?

(1)《物語そのもの》の定義 《物語そのもの》とは文字や絵等で構成された表現物を読んださいに生まれる観念と定義します。 例えばアニメ『true tears』は絵、音、文字で表現された映像データですが、それを視聴した際に生じる『true tearsそのもの』はその…

「書く」こと

目を瞑れば居なくなった人とも会うことが出来る。 死んでしまった人、別れてしまった人、そんなもう自分の側にいない人たちに会うことが出来る。幻視し、自身に内在する心象風景に手を突っ込み体感する、ああここに"い"たんだなと。そんな時私達は「現実」と…

作者は物語を生み出す〈装置〉でしかない。

――作者は物語を生み出すだけの装置でしかない*1 私はこれに同意する。「作者」の意図によって物語のテーマが決められるわけじゃないし、絶対的な答えが決定づけられるわけではない。 「作者」は物語を生み出す装置に過ぎないからこそ、その物語〈=テクスト…

2014年を振り返るマイベストエントリー18記事

2014年に書いてきた260記事の中から「もう一度読んでほしい」記事を18個選びました。もしまだ目を通してなかった記事があったら読んでみてはどうでしょうか。 1)true tears 『猫箱ただひとつ』は2013年から2014年にかけてアニメの再視聴を行いAngel Beats!、…

物語は人生をエミュレートし多視点を獲得させる力を持っている

記事の内容 ・物語は現実を理解するための手助けとなる。・そして多視点の強化に繋がる・さらにいろんな感情を知ることも可能。・8683文字 さて、「物語を読む」ということはどんな効果があるんだろう? 思うにそれは他者の人生を内在化することが可能になり…

作品を語るときに何故あなたは「外在的文脈」を使うんですか?(6154文字)

作品と文脈の主従関係が逆転した語り アニメ、漫画、映画、演劇、ノベルゲームといったあらゆる作品*1について語るとき、歴史的観点、時代背景、イデオロギー、作者といった「外在的文脈」を何故あなたは使うのか? *1:作品というと範囲が広すぎて見失うので…

この世界に例え話が満ち溢れているのはね?

記事の内容 ・世界はメタファーである。すべての存在は別のなにかに置き換え可能。・アナロジーを危険視するのではなく、それを使ってる者の姿勢を危険視しようよ。・3048文字

表現と内圧(2970文字)

*たまにはダラダラとした駄文もどうぞ 自分と趣味、志向、読解方法が完全に一致する人なんてものはいない。 けれどマテリアルの部分では似ている人は結構多かったりする。パーフェクトマッチとまでは行かなくてもニアミスくらいには。 しかしそんなアジェス…

アニメブログで見かける画像連打スタイルは、もしかしたらグルーミング型のブログなのかも(2900文字)

アニメブログでよく見かける「画像貼り付けてコメントしてまた画像連打」っていうスタイルについて考えていきます。ちなみに画像連打スタイルていうのは こういうの っていうのね。 ではどうぞ。