猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

アニメレビュー

幼女戦記のターニャ、好きですか?(最終回感想)

――幼女の皮をかぶった化物 と称されるようにターニャは可愛らしい女の子だけど、内面は社会的情緒が欠けた男性である。 他者へ共感せず、人の痛みが自分事のように感じられない、そのある種の「異物」さを周囲は感じ取るが故に自分たちとは違う者――化物――と…

幼女戦記の神様がめっちゃ「俗物」なのはある意味新鮮かもしれない(感想)

アニメ『幼女戦記』における神様がたいへん人間臭い。 彼は己を信仰して欲しいからこそ、推定アラサー前世ターニャを異世界転生させ、以前より過酷な環境で生きさせようとした。文明が下がれば、孤児であれば、他者に縋らざるを得ない――ひいては神の信仰が芽…

妹を大事にするお兄ちゃんlove(俺妹~ゆきうた)

引きこもり妹はえっ☓なイラストレーターで俺の小説の担当絵師だった?!―――アニメ『エ口マンガ先生』が面白いです。まだ5話だけど全体的によく出来ていて、なによりお兄ちゃんの妹愛が伝わってきて涙ぐむ。

【冴えカノ】現実と物語をオーバラップさせ続けるこれは一体何なんだ?

アニメ『冴えない彼女の育てかた』の加藤恵は“メインヒロイン”として抜擢され、安芸倫也がつくるギャルゲー制作に携わるようになる。 時に原画家のイメージを引き出すモデルとして、時にライターのアイディアを裏付けるモデルとして彼女は存在する。そしてデ…

物語を引用することで、物語は厚みを増す(ハローレディー~Re:CREATORS)

ある作品の中で、ある物語を引用する、それはさして珍しくない。 しかし引用にもタイプがあり、物語の内部構造と密接に絡む場合は重層的な印象を与え始める。

『Re:CREATORS』という圧縮物語

アニメってメタフィクション少なくないよね?―――といってたら今クールで『Re:CREATORS』が出てきて興奮しています。 物語のキャラクターが現実世界にやってきて「うそ…私、こいつらに慰み者(=娯楽)にされている??」と認識したり、「あいつは漫画『閉鎖…

鉄血のオルフェンズ最終回は不満のない、とてもいい終り方でした。ロングトレイル的な物語(感想)

ここ最近アニメを見る習慣が死んでいたが、ようやく『鉄血のオルフェンズ』を見終えたので感想を書いていく。 *ネタバレ注意 「届かない」物語。

ReLIFE2-5話感想 私の頭にさわんじゃねえ!

友達→PON!(2話感想) 日代さんにとって「友達がいないこと」がどれくらいの重さなのかは分からないけれど、「友達がいないこと」を面と向かって「誰かに話す」 のはそういうサインなのかなと考えてしまう。つまり、私はあなたと友達になりたいという意に他…

アニメ『バッテリー』の原田巧がたまらない

*5話まで触れているので未視聴者注意

2016年春アニメ総括。おすすめは『ふらいんぐうぃっち』で

2016年「夏」アニメも終わろうとしている9月半ば。 またしても視聴が間に合わず少しづつ――しかし確実に――夏アニメは溜まっていき大半の作品は最新話に追いつけていない状況だ。むしろ最新話から5話前の回も見れていないものがいくつもある。 このままでは春…

学戦都市アスタリスクの彼らはなぜ技の秘訣を敵に教え、敵の攻撃を真っ向から受け止め、力比べをしようとするのか?

「アスタリスクつまらない……」と切るか悩みラスチャンで3話をみたらあっと言う間に全話見てしまったお話 以前、14話まで見て「一期と比べ作品外形のレベルが落ちてきているので視聴が辛くなっている」と語ったが、ラストチャンスで15話を見たら面白くてあれ…

「アニメ化」とはつまり原作の批評行為なんじゃないか?(Fate/stay night)

*Fate/stay nightネタバレ注意 「アニメ化」とはつまり原作に対する批評行為である(4747文字) 小説のアニメ化、ラノベのアニメ化、ノベルゲームのアニメ化。それぞれ媒体は異なるものの、まず原作ありきで、その原作をアニメ(映像媒体)へ落とし込むことを「…

2016年夏アニメ16作品の1話感想、おすすめはあまんちゅで。(7647文字)

今クールの1話感想を語っていきます。 段落SKIP NEW GAME!(1話まで) Days(1話まで) orange(1話まで) 不機嫌なモノノケ庵(1話まで) テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス(1話まで) Rewrite(3話まで) 食戟のソーマ2期(1話まで) ラブライブサンシャイン(1話ま…

物語における『世界観』は十全に使い切るべきか?と言われればそうではないが、そう思ってしまうのは何が原因なんだ(甲鉄城のカバネリ~こなたよりかなたまで)

※『こなたよりかなたまで』『甲鉄城のカバネリ』ネタバレ注意 Q,「世界観が十全に使いきれていない」という不満はどこ?(こなかなからカバネリまで)

結城友奈の視点とCARNIVALの視点が交錯する時、「美しい物語」を語ることの意義が見えてくる

※『結城友奈は勇者である』『CARNIVAL』のネタバレ注意。

『やさしい世界』とはきっとこういうもの。くまみこ最終回感想

やさしくも歪な世界で、くまみこは終幕する 『くまみこ』最終回は、東北アイドル自慢コンテストに参加するため都会(?)仙台にやってきたまちが、「田舎コンプレックス」による被害妄想とパニックを併発させて逃げ出すものの、最終的にはきっちりパフォーマン…

1話を否定した原作既読者がアニメ『Rewrite』2話を見た感想は、あれ…面白い…かも

※ネタバレ注意 アニメRewrite2話 感想 アニメRewrite1話は「単調なカット・構成・Emotion」の3つによってあんまりな出来なため否定した経緯がある。特に遠近感のないつまらないカットの連続は(私の)視聴に耐えられず辛かった。 ▼参照 原作既読者がアニメ『Re…

幼年期のコミュニケーションとペルソナスバル/Reゼロ13.14話感想

(1)英雄譚・否

原作既読者がアニメ『Rewrite』1話を見た感想は、未プレイの人はまだ間に合うのでゲーム版をやって欲しいと思いました

そう思ったいくつかの理由を書き記していく。ラフな感想であり、否定的な記述が多いので、苦手な人はそっ閉じどうぞ。

2016年春アニメ27作品現時点の感想(+個人的なおすすめ度)

2016年春アニメの1話をひととおり見終えたので、現時点での感想書いていきます。気に入った作品は1話以上見ていますが殆ど1話しか観れてないのが現状です。 あと恒例の「個人的なおすすめ度」を付けておきましたので、参考にするなりしないなりしてください…

2016年冬アニメの総括。個人的な評価と感想

ようやく冬アニメを見終えたので感想を書きます。最終話含めてのお話が飛び交うので、未視聴作品がありましたら気をつけてくださいね。 ではいきましょう。 ちなみに、今クール1話の感触は以下の記事にありますので興味あればどうぞ。 ↓ 段落SKIP (1)昭和…

『Dimension W』のEDアニメーションは"軽い"

『Dimension W』のEDについて 『Dimension W』のEDアニメーションは、百合崎ミラが歩いて、走って、戦って、窓拭きをするアニメーションである―――いや正直このEDをなんと表現すればいいのか分からないけれど、ミラが快活に動くEDなのは間違いないだろう。 そ…

機動戦士ガンダム・鉄血のオルフェンズ24話-25話感想。指定された領域内で指定された領域内以上のEndingを迎えることは可能なのだろうか

せっかくなのでアニメ『Charlotte』の作品対談をまとめちゃいます(19013文字)

<シャーロット・一連エントリ> Charlotte考察―もう僕たちに奇跡は必要ない― 肯定派の人間が『Charlotte』を全力で批判してみます Charlotteがこんなにも文句言われるだなんてお姉さんびっくりだよ 2016年2月-4月にかけて、いつもお世話になっているレイシ…

アオハライド2話感想。共有を求める相手

<アオハライドの一連エントリ> アオハライド1話感想。そうして初恋は終わって 多様性の理解 槙田悠里のぶりっ子に嫉妬し愚痴る明日美―――に双葉は本音を言ってしまう。それは彼女にとっては大きな転機であり、友達ごっこが終わる瞬間でもあったのだと思う。…

アオハライド1話感想。そうして初恋は終わって

1.体操服を渡された 田中くんは「それで拭きなよ」と体操服を吉岡双葉に手渡した。それも一回使用済みの体操服をだ。…え、あの、はい? もしも手渡した相手が好きじゃなかったらピキピキっと青筋を立ててしまっても不思議ではないし、「何君が一回使ったキッ…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ22話。選択しない三日月と、責任を背負い続けるオルガ

この素晴らしい世界に祝福を第一話。私達は"ルーパー"だったんだね!(←何そのダサいネーミング)

異世界転生ものアニメ、やっぱおもしろいぞい! Pause!Pause! 女神・アクアちゃんは不条理な展開(=異世界送還)に巻き込まれて半狂乱になりカズマの胸ぐらをつかみガンガン揺するのだが、この際、"Pause"の文字が現れアニメーションもろとも停止する。(CM…

2015年秋アニメ総括をだらだら語る

2015年秋アニメの総括を書いていきます、 と思ったら完走したアニメ少なすぎ?…… すべてがFになる 機動戦士ガンダム 学戦都市アスタリスク 櫻子さんの足下には死体が埋まっている おそ松さん 未だ続いているアニメを消去すれば、実質3作品しか見れていないと…

ノルン+ノネット1話。自我形成後の名前消失

気になるところだけ書き出していく簡易感想。 自我形成後に名前を失うということ こはるという少女は「あまりにも誰にも名前を呼ばれなかった」ため自分の名前を忘れてしまったのだという。それは記憶喪失とは異なり、単純に自分の名前を使う必要性がなくな…