読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

アニメレビュー

ReLIFE2-5話感想 私の頭にさわんじゃねえ!

友達→PON!(2話感想) 日代さんにとって「友達がいないこと」がどれくらいの重さなのかは分からないけれど、「友達がいないこと」を面と向かって「誰かに話す」 のはそういうサインなのかなと考えてしまう。つまり、私はあなたと友達になりたいという意に他…

アニメ『バッテリー』の原田巧がたまらない

*5話まで触れているので未視聴者注意

2016年春アニメ総括。おすすめは『ふらいんぐうぃっち』で

2016年「夏」アニメも終わろうとしている9月半ば。 またしても視聴が間に合わず少しづつ――しかし確実に――夏アニメは溜まっていき大半の作品は最新話に追いつけていない状況だ。むしろ最新話から5話前の回も見れていないものがいくつもある。 このままでは春…

学戦都市アスタリスクの彼らはなぜ技の秘訣を敵に教え、敵の攻撃を真っ向から受け止め、力比べをしようとするのか?

「アスタリスクつまらない……」と切るか悩みラスチャンで3話をみたらあっと言う間に全話見てしまったお話 以前、14話まで見て「一期と比べ作品外形のレベルが落ちてきているので視聴が辛くなっている」と語ったが、ラストチャンスで15話を見たら面白くてあれ…

「アニメ化」とはつまり原作の批評行為なんじゃないか?(Fate/stay night)

*Fate/stay nightネタバレ注意 「アニメ化」とはつまり原作に対する批評行為である(4747文字) 小説のアニメ化、ラノベのアニメ化、ノベルゲームのアニメ化。それぞれ媒体は異なるものの、まず原作ありきで、その原作をアニメ(映像媒体)へ落とし込むことを「…

2016年夏アニメ16作品の1話感想、おすすめはあまんちゅで。(7647文字)

今クールの1話感想を語っていきます。 段落SKIP NEW GAME!(1話まで) Days(1話まで) orange(1話まで) 不機嫌なモノノケ庵(1話まで) テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス(1話まで) Rewrite(3話まで) 食戟のソーマ2期(1話まで) ラブライブサンシャイン(1話ま…

物語における『世界観』は十全に使い切るべきか?と言われればそうではないが、そう思ってしまうのは何が原因なんだ(甲鉄城のカバネリ~こなたよりかなたまで)

※『こなたよりかなたまで』『甲鉄城のカバネリ』ネタバレ注意 Q,「世界観が十全に使いきれていない」という不満はどこ?(こなかなからカバネリまで)

結城友奈の視点とCARNIVALの視点が交錯する時、「美しい物語」を語ることの意義が見えてくる

※『結城友奈は勇者である』『CARNIVAL』のネタバレ注意。

『やさしい世界』とはきっとこういうもの。くまみこ最終回感想

やさしくも歪な世界で、くまみこは終幕する 『くまみこ』最終回は、東北アイドル自慢コンテストに参加するため都会(?)仙台にやってきたまちが、「田舎コンプレックス」による被害妄想とパニックを併発させて逃げ出すものの、最終的にはきっちりパフォーマン…

1話を否定した原作既読者がアニメ『Rewrite』2話を見た感想は、あれ…面白い…かも

※ネタバレ注意 アニメRewrite2話 感想 アニメRewrite1話は「単調なカット・構成・Emotion」の3つによってあんまりな出来なため否定した経緯がある。特に遠近感のないつまらないカットの連続は(私の)視聴に耐えられず辛かった。 ▼参照 原作既読者がアニメ『Re…

幼年期のコミュニケーションとペルソナスバル/Reゼロ13.14話感想

(1)英雄譚・否

原作既読者がアニメ『Rewrite』1話を見た感想は、未プレイの人はまだ間に合うのでゲーム版をやって欲しいと思いました

そう思ったいくつかの理由を書き記していく。ラフな感想であり、否定的な記述が多いので、苦手な人はそっ閉じどうぞ。

2016年春アニメ27作品現時点の感想(+個人的なおすすめ度)

2016年春アニメの1話をひととおり見終えたので、現時点での感想書いていきます。気に入った作品は1話以上見ていますが殆ど1話しか観れてないのが現状です。 あと恒例の「個人的なおすすめ度」を付けておきましたので、参考にするなりしないなりしてください…

2016年冬アニメの総括。個人的な評価と感想

ようやく冬アニメを見終えたので感想を書きます。最終話含めてのお話が飛び交うので、未視聴作品がありましたら気をつけてくださいね。 ではいきましょう。 ちなみに、今クール1話の感触は以下の記事にありますので興味あればどうぞ。 ↓ 段落SKIP (1)昭和…

『Dimension W』のEDアニメーションは"軽い"

『Dimension W』のEDについて 『Dimension W』のEDアニメーションは、百合崎ミラが歩いて、走って、戦って、窓拭きをするアニメーションである―――いや正直このEDをなんと表現すればいいのか分からないけれど、ミラが快活に動くEDなのは間違いないだろう。 そ…

機動戦士ガンダム・鉄血のオルフェンズ24話-25話感想。指定された領域内で指定された領域内以上のEndingを迎えることは可能なのだろうか

せっかくなのでアニメ『Charlotte』の作品対談をまとめちゃいます(19013文字)

<シャーロット・一連エントリ> Charlotte考察―もう僕たちに奇跡は必要ない― 肯定派の人間が『Charlotte』を全力で批判してみます Charlotteがこんなにも文句言われるだなんてお姉さんびっくりだよ 2016年2月-4月にかけて、いつもお世話になっているレイシ…

アオハライド2話感想。共有を求める相手

<アオハライドの一連エントリ> アオハライド1話感想。そうして初恋は終わって 多様性の理解 槙田悠里のぶりっ子に嫉妬し愚痴る明日美―――に双葉は本音を言ってしまう。それは彼女にとっては大きな転機であり、友達ごっこが終わる瞬間でもあったのだと思う。…

アオハライド1話感想。そうして初恋は終わって

1.体操服を渡された 田中くんは「それで拭きなよ」と体操服を吉岡双葉に手渡した。それも一回使用済みの体操服をだ。…え、あの、はい? もしも手渡した相手が好きじゃなかったらピキピキっと青筋を立ててしまっても不思議ではないし、「何君が一回使ったキッ…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ22話。選択しない三日月と、責任を背負い続けるオルガ

この素晴らしい世界に祝福を第一話。私達は"ルーパー"だったんだね!(←何そのダサいネーミング)

異世界転生ものアニメ、やっぱおもしろいぞい! Pause!Pause! 女神・アクアちゃんは不条理な展開(=異世界送還)に巻き込まれて半狂乱になりカズマの胸ぐらをつかみガンガン揺するのだが、この際、"Pause"の文字が現れアニメーションもろとも停止する。(CM…

2015年秋アニメ総括をだらだら語る

2015年秋アニメの総括を書いていきます、 と思ったら完走したアニメ少なすぎ?…… すべてがFになる 機動戦士ガンダム 学戦都市アスタリスク 櫻子さんの足下には死体が埋まっている おそ松さん 未だ続いているアニメを消去すれば、実質3作品しか見れていないと…

ノルン+ノネット1話。自我形成後の名前消失

気になるところだけ書き出していく簡易感想。 自我形成後に名前を失うということ こはるという少女は「あまりにも誰にも名前を呼ばれなかった」ため自分の名前を忘れてしまったのだという。それは記憶喪失とは異なり、単純に自分の名前を使う必要性がなくな…

2016年冬アニメにオススメ度をつけながら感想を書いてみる

本記事は2016年冬アニメ20タイトルの感想を書き綴ったものであり、面白い作品には「おすすめ度」を表示させています。 ※(おすすめ度は「★★★★(星4)~★★★★★(星5)」作品のみつけており、私以外の他者も面白く見れるだろうという擬似客観視の指標になります。た…

思い出すだけで良かったのにそれさえも出来ないんでしょ?『すべてがFになる』感想

真賀田四季と人格社会(すべてがFになる) 私達は本来すでに完了されており"思い出す" だけであらゆる問に対する答えを導けるはずなのだ。 今はわからなくとも過去にもわからなくとも、いつかには到達できる。それは長い年月が経ち何かを得て、何かを知って…

言葉遣いと櫻子さんの足下には死体が埋まっている感想(最終回)

本編とあまり関係ないが、九条櫻子の言葉によって今までうっすらとした考えが実を結んだ気がするのでそれを語っていこうと思う。 櫻子が語る「骨の様相」というのは、私達が骨に抱く印象とは180度異なっているだろう。我々にとって骨とは不気味で、孤独で、…

sola―いつだって森宮蒼乃の気持ちは無視された―感想

*感想ネタバレ注意 森宮蒼乃からはじまる『sola』

月島蛍の少年時代がぐっとくるVサイン。ハイキュー二期8話感想

月島蛍の少年時代がぐっとくる。お兄ちゃんに向かってvサインしている所とか、背が高い所とか、その高さを利用して(?)同級生と睨み合っている場面が「いい!」と思ってしまう。 かわいい―――かわいいという感情に近いのかもしれない。ハイキュー二期のOPア…

君は何をそんなに怒っているんだい?櫻子さんの足下には死体が埋まっている7話感想

本来、他者とは共有しているルールは違うのだけどね 7話、ひょんなことから長らく放置されていた標本を片付ける櫻子さん達。そのさい羊の標本と犬標本を目にした正太郎は複雑な気分になってしまう。

『天体のメソッド』は人に勧めにくいし全く面白くないけど、好きです

*最終回まで見た人向けの記事です。あと本作を全肯定しているわけではないので、ファンの人には辛い表現があります。

絵の具を、水で何倍も薄めた日々がここだよ(天体のメソッド12話)

※アニメ『天体のメソッド』のネタバレぶっこんで行くので、見てない人は回れ右

見飽きたテンプレート展開をなぞる『学戦都市アスタリスク』がそれでも面白いのはなぜだ?

*5話まで見たぞい 学戦都市アスタリスク×作品外形 『学戦都市アスタリスク』はどこかで見知ったストーリー、キャラクター、舞台設定をこれでもかとふんだんに使った作品である。 「テンプレートをなぞった作品」と言っても差し支えなく、多くの人がそのこと…

『天体のメソッド』のEDはなぜ気持ち良いのか、そしてどうして気持ち悪くなるのか

*一般化できないかもしれない感覚 1)天体のメソッドのEDは気持ち良い 『天体のメソッド』EDを見て「楽しい!」「気持ちいい!」という感想を抱いた人は多かったんじゃないでしょうか。少なくとも私は見ていて気持ちいい!と思いました。 その要因になってい…

椎名ましろが怖い。絵に打ち込むほど少女は人では無くなっていくようだ(さくら荘のペットな彼女)

椎名ましろはペットである 天才画家・椎名ましろ。 彼女の絵はとんでもなく巧いものの、しかしそのせいなのか一般常識から生活能力に関わる全てが欠落していた。コンビニに行けば陳列棚の商品を金銭を払わずむさぼり食い「貨幣経済」について全く教わったこ…

残念。中世古香織の物語なんて引き受けてあげない。響け!ユーフォニアム11話

気になるあの子。響け!ユーフォニアム8話

8話。お祭りの日。ふと麗奈はこう言う「久美子と以前から話したかった」と。そしてもっと言えば、いい子ちゃんのフリして実は冷めてる彼女の"皮"をぺりぺりと剥いてやりたいとも。 久美子は「高坂さんねじれてるなあ」と言うけれど、麗奈の気持ちはなんとな…

肯定派の人間が『Charlotte』を全力で批判してみます

*8462文字 1)作品批判するときに大事なこと 作品批判するとき「やるべきではない」とされるものがある。その一つに自分が見たかった展開が起こらなかった、もしくは自分が期待していたものが最後まで描かれなかったというものである。 Charlotteならば「もっ…

高坂麗奈と黄前久美子のloveでもlikeでもない関係がラブです。響け!ユーフォニアム

"ラブです、てんちょ" 表題考えてたらいつの間にか宇佐美ハルを思い出す感じ、長髪が目にかかって鬱陶しい感じ、エテ吉はスライムで僕は魔王で君は勇者だったけど世界の半分はどこにもなくて金に使われる家畜だけが溢れていたんだ―――そんなふうに懐かしい感…

Charlotte考察―もう僕たちに奇跡は必要ない―

*8747文字

Charlotteがこんなにも文句言われるだなんてお姉さんびっくりだよ

▼お知らせ 本作の考察記事を書きましたのでよければどうぞ Charlotte考察―もう僕たちに奇跡は必要ない― ――お知らせおわり―― (姉さんという言葉を使うとき思いだすのはレントンですよね。え違う) 1)シャーロットの不満は何処に Charlotte全話視聴終了後、私は…

2015年夏アニメの総括。(8179文字)

・参照 2015年夏アニメが始まる前に未視聴で9つまで減らし、勧めて頂いた作品、前期からのも合わせて計16作品を見ようとしました。 『Charlotte』 『がっこうぐらし!』 『GOD EATER』 『赤髪の白雪姫』 『干物妹!うまるちゃん』 『うしおととら』 『のん…

???。Charlotte第11話

あとちょいで今季も終わりとか嘘でしょ!嘘だといってよあゆあゆ! ■Charlotteの考察記事を書きました。よければどうぞ。 →Charlotte考察―もう僕たちに奇跡は必要ない―

間違いであることを認めて、肯定を行うこと。下セカ11話

華城先輩の演説を聞いて思ったのは「間違いであることを認めて、肯定を行っている」んだなということ。 以前からこのことに興味を持っていたのだけれど、正直どういうことかイマイチ理解できていなかったように思う。いや、今でも腹の底で理解できているかと…

■■が起こらない世界で。Charlotte第10話

■Charlotteの考察記事を書きました。よければどうぞ。 →Charlotte考察―もう僕たちに奇跡は必要ない―

結局、みんなが求めているのは他人の「肯定」だとしたら。ガッチャマンクラウズInsight第8話

「いつもありがとう」「よちよち」「これからも大変だけど頑張ってね」「これでいいんだよ」「今まで頑張ってきたからちょっと疲れちゃったんだよね」

世界を「聴く」ことははてしなく遠い。Charlotte第9話

※追記 Charlotteの考察記事を書きました。よければどうぞ。 →Charlotte考察―もう僕たちに奇跡は必要ない―

累くんは、まず人類から仕事を奪ってみたらどうだろう? ガッチャマンクラウズInsight

爾乃美家累(にのみやるい)の理想は、人類が自分で考え、選び、決断するといった内発性の獲得であり、そうして世界がアップデートすることだ。 しかし日本国内に限定しても――2:6:2の法則で考えると――その内の2割が賢くクラウズを有効に活用できるかもしれ…

音楽は言葉を超えるか。Charlotte第8話

あれ……そうか。もう8話なのか。もう8話か。あと数話でCharlotteともお別れなのか……。いやなんか時間流れるの早くて、4話のつい先週のようで。ぐぬぬ。という感じではある。 ※追記。 Charlotteの考察記事を書きました。よければどうぞ。 →Charlotte考察―もう…

ゲルルルゥ~~♪ ガッチャマンクラウズInsight第7話

今回は、箇条書きで 一ノ瀬はじめはあらゆる対立を飛び越えていくか? ・一ノ瀬はじめを見ているとアンサートーカーの資質がある人間のように思える。もちろん彼女にだって時間をかけて「答え」を得ることだってあるだろうし、何にだって一瞬で理解をはじき…

どこか虚ろで、ふわふわしていた。Charlotte第7話

好きな回。 <!> Charlotteの考察記事を書きました。よければ。 →Charlotte考察―もう僕たちに奇跡は必要ない―