読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

『つよきす Full Edition』レビュー ゴキブリをかばう前代未聞のヒロインに腹筋が震える

ゲームレビュー ゲームレビュー-つよきす

f:id:bern-kaste:20160903224642j:plain

 *前半は作品紹介、後半は感想。

  

 

1)可憐でお淑やかなヒロインなんてものは存在しない

 

あなたはゴキブリを庇い立てるヒロインに出会ったことはあるだろうか? 私は『つよきす』をプレイするまでただの一度もお目にかかったことはなかったし、これからも出会うことはないと思う。

だって、あの、黒光りする生物だぞ? 

見つけたら即刻悲鳴を上げながら殺虫スプレーを撒き散らし残骸をゴミ箱にいれるのすら嫌悪を催す存在を、例え、一時でも守りぬいたヒロインなんてそうそうお目にかかれるものではない。物語至上、一体何人の女の子がゴキブリを庇い立てる暴挙に走っただろうか。(もちろん相応の理由はあるのだけど)

 

f:id:bern-kaste:20160907002622j:plain

――『つよきすFull Edition』(CandySoft-きゃんでぃそふと-)

 

そんな「ヒロイン」という像からどこまでも掛け離れたヒロインが登場するのが本作であり、強気で勝ち気でわがままで――一筋縄ではいかない――女性陣が待ち構えているのも『つよきす』の醍醐味である。

可憐でおしとやかなヒロインなんてものは存在しないのだ。存在するのは何かにつけて主人公をしごく上級生(体育会系)、主人公を手駒として扱う生徒会長、滅茶苦茶口が悪い幼なじみ、ガンをつけてくる後輩などなど。

彼女たちによって男性主導の男女関係は終焉を迎え、女性主導の男女関係がはじまっていく……というと大げさだけど女性の立場が強い作品である。

 

f:id:bern-kaste:20160907011425j:plain

f:id:bern-kaste:20160907011418j:plain

f:id:bern-kaste:20160907011419j:plain

f:id:bern-kaste:20160907011411j:plain

 ――http://www.candysoft.jp/ohp/01_products/tuyokiss/chara/character.html#nagomi

 

一見すれば、癖の強そうな女性ばかりなのでストレスのかかる物語なのかな?と疑心暗鬼になってしまいそうだが、これが最高なのである。

女性に主導権を握られるというのは尻に敷かれるのと同義ではあるが、合意の上ならば安心感に変わる。気軽に甘えられるということでもある。まるで「姉と弟」のような、その延長線上のような恋愛。案外これはこれでいいものだなと気付かされた。

続きを読む

ReLIFE2-5話感想 私の頭にさわんじゃねえ!

アニメレビュー アニメレビュー-ReLIFE

f:id:bern-kaste:20160718235411j:plain

 

友達→PON!(2話感想)

 

日代さんにとって「友達がいないこと」がどれくらいの重さなのかは分からないけれど、「友達がいないこと」を面と向かって「誰かに話す」 のはそういうサインなのかなと考えてしまう。つまり、私はあなたと友達になりたいという意に他ならない。

となれば、彼女はすでに新太に心を開いているのだろうと言っていいのかもしれない。

だって友達になりたくない人(≒嫌悪している人)に「私今まで友達出来た こと無いんです」なんて話さないものね。その結果「俺と友達になりたいって意味?」って勘違いされても嫌だもの。

そうして、半ば決められた事柄のように日代千鶴は告げる。

 

日代「つまり…だから…携帯の番号を教えてくれませんかと言っているんです」

日代「あなたと友達になりたいと言っているんです…」

日代「友達0のぼっち女が、なんとか1歩踏み出してみたところなんです」

日代「それぐらい読み取ってください…」

日代「ほんとう、馬鹿ですね」

 

新太「∑そりゃ察せずにすみませんでした」

新太「でも、そういうふうにちゃんと言葉にすれば誤解もなく伝わるし、拒否るやつもいねぇと思うよ」

――ReLIFE2話

 

続きを読む

アニメ『バッテリー』の原田巧がたまらない

アニメレビュー アニメレビュー-バッテリー

f:id:bern-kaste:20160917091441j:plain

*5話まで触れているので未視聴者注意

続きを読む

『無職転生』ルディの思考様式が興味深く、かつ上位レイヤーからすればそれは親切すぎるくらい親切

小説を読んだ 小説を読んだ-無職転生

 

『無職転生』が連載していた頃(途中から)リアルタイムで追いかけていたのだが、長期的に更新されない時期をきっかけに読まなくなってしまった事がある。

それから無事に「連載完結」したとは聞いていたけど、タイミングが中々合わなくて今までずっと放置していた状況から一転。最近また空いた時間にちょくちょく読み始めている。(一般文芸だと区切りがつけにくいけど、1話1話区切られているweb小説はさくっと読めるのがいい)

で2014年に読んでいた頃と比べると、今読むと気づかなかった「ルディの思考様式」が興味深いなと思ったのでメモしておきたい。

*第二百二十五話をまだ読んでいない人はネタバレ注意

 

ncode.syosetu.com

続きを読む