読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

DMMエロゲの導入方法をざっくりと説明するよ

*2016年8月時点no記事 DMMのエロゲ作品は気になってるけどまだ触れたことがない人向けに、エロゲの導入方法をざっくり語ってみようと思います。 「そういうものか」と眺めてもらえれば幸いです。

ということで10,000円分買ってみました。

『ランス03 リーザス陥落』 『つよきすCHRONICLE~COMPLETE~』 ということで半額セールで2作品買ってみました。

お求めやすい価格になっている「廉価版ギャルゲー」を私好みにまとめてみた

廉価を「けんか」と呼んでしまう人は多くいますが本当は「"れ"んか」なんですよね。 というどうでもいいお話は置いて、今回は製品の販売促進を目的とし低価格化した商品である廉価版ギャルゲーを私好みにまとめてみました。今後私が買いたいSLG・シナリオゲ…

2015年を振り返るマイベストエントリー19選(5991文字)

(振り返ってる如月千早) 2015年1月1日~12月30日までに書いた304記事から私自身が好きで気に入っている記事を選び、今年を振り返ってみようと思います。 読者さんにとっても気に入ってもらえる記事があればよいですが、さてさていかに。それでは宜しければ…

DMM半額セールキタ━━(≧▽≦)━━『ものべの』『最果てのイマ』『いとうのいぢ作品』が50%OFFでどんどん積みゲーが増えるねやったね!!

関連→DMMで買う「ダウンロード版」の3つのメリット 【概要】 対象商品を通常販売価格の50%OFF 【セール期間】2015年12月18日~2016年1月4日(月)12:00 1)セット版半額 黄昏の先にのぼる明日 -あっぷりけFanDisc- 【収録作品】 『見上げた空におちていく』 …

ノンポリはな~ごと鳴いた。私は何だそれと呻いた。

ノンポリとナツユメナギサ via:ナツユメナギサ/SAGAPLANETS ADV『ナツユメナギサ』に登場する「ノンポリ」は犬なのか猫なのかよくわからない不思議生物だ。一応猫とされているけども、「これ猫なのか?」と劇中でも疑問視されるくらいに「な~ご」という鳴き…

ギャルゲ紹介レビューをとうとう13本書いたので反省会します

▼ →死にたい?もう生きたくない? じゃあ『CARNIVAL』やろうよ 2015年からちょくちょく書き始めた「ギャルゲ紹介レビュー」がとうとう13本目を達成したので、これを機に振り返ってみようと思います。 1)2つの目的 この「紹介レビュー」には 「前ブログの作…

ねこねこソフト『Scarlett』の男性ボイスが合っていないと感じるのは私だけだろうか

2006年ねこねこソフトから発売された『Scarlett』は、女性キャラにボイスはあるものの、男性ボイスは付いてない非フルボイス作品である ただ公式ソフトからDLできる『男性追加ボイスパッチ』を当てれば、男性にも声が付くようにはなるのだけれど、このパッチ…

【12月4日まで】「WHITE ALBUM2」「ToHeart2」が対象なDMM半額セール実施中!

通常価格 8,424円 → 4,212円 ・WHITE ALBUM2 - DMM 前作「WHITE ALBUM2-introductory chapter-」と新作「WHITE ALBUM2-closing chapter-」のセット版。 通常価格 4,320円 → 2,160円 ・ToHeart2 XRATED- DMM 通常価格 2,700円 → 1,350円 ・うたわれるもの- DMM

「ゲームと現実は区別しなくてよい」という考え方をあなたは受け入れられるか?

(筆者が書いたらくがき) 表題の考え方は正しいだろうか? あるいは受け入れられるか? あるいはSCE_2か? メタルギアか? はたまたフロレアールでForestでいろとりどりのセカイとでも言うつもりなのか。 しかしそんなことはどうでもいい。大事なのはそういっ…

好きな作品(=うみねこのなく頃に)が不当な扱いを受けていると、「記事書かなきゃ…」と思ってしまう

『うみねこのなく頃に』の不当な評価 『うみねこのなく頃に』の世間的な評価があんまりよくない。それも本作は名作中の名作と言って過言ではなく「これが受入れられないならこんな市場は間違ってる」と私は本気で思っています。 ゲーム版『うみねこのなく頃…

数作品しかやってないのに「麻枝准」を語る記事にもやもやする

*この記事は「正しさ」のお話をしたいのではなく、「感情」のお話をしたいということを最初に述べておきます。 雑な麻枝准論を見かけるたびに思うこと Charlotteの記事を読み漁っているとどうしても「麻枝准」で作品批評する記事にぶつかります。 それも『ka…

お前のことを絶対に許さない

――許さない 以前からこの言葉は不思議だなー、どんな意味なんだろう?と考えていた。これには「祈り」の概念が汲み込まれているようで、けれど決して同一ではない、しかしやはり近いものがあるように思う。 祈りというのは、今この時間軸と未来の時間軸を取…

2015年に『それは舞い散る桜のように』購入する際気をつけて欲しいこと

2002年にBasiLから発売された『それは舞い散る桜のように』は、2015年にプレイするユーザーに気をつけて欲しいことがある。本記事ではその点を挙げていくので、購入する際、参考にしてほしい。 1)それ散るは「初回版」と「完全版」があるが両者は全くの別物 …

「ぼくの一人戦争+」(ミニゲーム)をやらずに終わる所だった。危ない危ない

「ぼくの一人戦争」のミニゲーム 「ぼくの一人戦争+」とは、ノベルゲーム『ぼくの一人戦争』での戦いを模したタワーディフェンスゲームのこと。 模したもの―――すなわち本編の設定を忠実に再現したわけではなく、あくまで遊ぶ為のゲームなため内容が変質して…

カッコイイは正義である。犬塚るみのキリッとした姿に心が溶ける

可愛いは正義。そんな言葉がある。 これは可愛ければ正しさになり、可愛ければ正しさを上回り、可愛いというだけでちやほやされ吸血鬼に「よかったのぉ、たまたま可愛くて」と嘲笑されるくらいに「可愛い」という事は価値があり人々を惹きつけるものなのだ。…

何も語りたいことがなかったアトラク=ナクアについて語ってみたい

以前、『アトラク=ナクア』は古典化だと語ったことがある。 物語の内容自体もすでに現時代からすれば普遍的でありきたりなものになっているし、作品外形も(2015年作に比べると)素晴らしいとは言いがたい。 少なくとも「作品外形」の見劣り感は誰もが認めると…

批評を批評することの必要性(一億総評論家から創作家へ)

一億総ツッコミ時代 (星海社新書) posted at 15.08.06 槙田 雄司 講談社 Amazon.co.jpで詳細を見る 1)作品批評を批評することの必要性 以下の記事では『映画・進撃の巨人』を評論した評論家に監督が怒り、 FBにて友達公開でその怒りコメントをUPしたのが、…

ギャルゲーは何故こんなにも面白いのか!

アニメ、小説、ラノベ、漫画、映画、舞台、ドラマetc―――今まで体験してきたどんな媒体よりも「ギャルゲー」は面白い! 面白いのである! 少なくとも私の中ではそう言い切ってしまうっていいと思う。 もちろんギャルゲーでもダメな作品はとことんつまらないし…

ざーっとフロレアール評を読んでみたけどしょっぱいねえ

先日、フロレアール考察*1をUPしました。 ▼ プレイ終了時、本作品を読解するかどうか悩んだんですよね。というのも1999年に発売され既に16年経過したものを今さら私が作品考察しても先行記事があるんじゃないのかなと。 確かにマイナーで知る人ぞ知る作品か…

Amazon評価とブログ評価は必ずしも一致しないなって

例えば、『最果てのイマ』という作品ならAmazon評価は星4(★★★★)とつけますが、このブログでならば星3.8、小数点切り捨ててで星3(★★★)と私ならばつけます。 なぜこんなふうに「評価する場所」で評価が変わってしまうのか? それは場所によって評価点に抱…

「あなたにとってギャルゲーとは?」アウトライターズ・スタジオ・インタビューの質問をギャルゲー形式で答えてみたい

「アウトライターズ・スタジオ・インタビュー」とは? アウトライターズ(略)は「アニメ感想を書いている人に質問に答えてもらう」というもので、既に40人以上がこのインタビューに答えぎけんさんのブログにまとめられています。 (詳しくはTwitterのリンク先…

45本分のギャルゲーレビューを書いたので振り返ってみる

SAGA PLANETS 四季ボーカルコレクション SAGAPLANETS Amazon.co.jpで詳細を見る 43作品45本分のギャルゲーレビューを書いてきたので、どんな発見があったか振り返ってみます*1(広義の意味でのレビューということで一つ) 1)やたら時間がかかる 「作品を機能…

『反解釈』を読んで、作品を思想・文化に吸収せしめる批評がまったくもって要らない事がわかる

そして、作品から無限の意味を引き出す「解釈」さえも――― いま断じて必要でないこと、それはこれ以上さらに「芸術」を「思想」に吸収せしめること、あるいは(こちらのほうがもっと始末がわるい)「芸術」を「文化」に吸収せしめることである。――『反解釈』S…

批評は、個々人が抱いている作品評価を書き換えられるか

*批評=私は"こう"観たを語ったものhttp://eroge-pc.hatenablog.jp/entry/2015/02/03/090000 批評は、作品の価値を開拓できるかもしれないが、個々人が抱いた作品評価を変えらはしないと常々思っている。 以前にも語ったように実感が伴わないただの言葉で、…

『良い批評』を定義する

読者からみる『良い批評』 以前、作品に即した上で新しい視点の提示がなされたものが最もファンに求められている批評だと語った。 何故ならこれなら誰も文句言わないからだ。 《物語そのもの》として作品を捉えているファンは尚更にこの方向性の批評を好むし…

恋する乙女と守護の楯(瀬之本久史氏)のイラストをはじめて見たとき拒絶感があった

2007年にAXLから発売された『恋する乙女と守護の楯』。タイトル名すら私は知らなかったけれど、本作はPS2版に移植されていたため「イラスト」だけはよく知っていた。ゲームショップでよく目にした。 ある時ある人が「恋楯おもしろいよ」とすすめてくれたのだ…

メガストアは積みゲーを加速させるあーれー

メガストアは「お手頃な値段で期待値の高いギャルゲー」をプレイできるナイスな雑誌。 しかし半年もすればお目当ての号は在庫切れになるのは必至なため、欲しい作品が収録していれば(今プレイできるかどうかは勘案されることなく)何が何でもポチることに。…

値段の高さでギャルゲーを買うことを躊躇している人はメガストアを買えばいいと思うよ

ギャルゲーは1つ8000円以上することも珍しくなく、予約特典がついていれば10,000円を超えることもあります。 ALcotハニカムのようなミドルプライスを売りにしている所でも6200~5100円くらいですし、そこから更に値段が下がったロープライス作品だと3000円…

ギャルゲー半額!DMM夏キャンペーンは【8月17日】までとのこと

DMMでギャルゲーが半額になるキャンペーンを実施中です。 今回半額対象になっている作品で『G魔』『暁の護衛トリニティパック』『そして明日の世界より――』があって、特に暁の護衛・FD・続編の三作品がひとつになった『暁の護衛トリニティ』はお買い得感高い…

今求められているのは「おすすめ100選」ではなく、読者のフェーズに合わせた超超厳選別なのだよ!

ONE ~輝く季節へ~ True Stories オリジナルサウンドトラックアルバム 15.08.04 ChambersRecords/HOBiRECORDS (2003-11-21) Amazon.co.jpで詳細を見る ・現在サブカルコンテンツは過剰に溢れているため読者である私たちはそれをうまく享受できない状態に陥っ…

ある一部の芸術作品が提供する快楽に、我々の感性が追いつけないことが度々ある。

腐り姫 Liar-Soft (2002-02-08) Amazon.co.jpで詳細を見る それは本当に稀少だが、ある一部の芸術作品が提供する快楽に我々の感性が追いついていけないことがしばしばある。 一見それは作品の出来が悪かったように思えるかもしれないが、誤りであり、その作…

ネタバレの範囲は人それぞれだからこそ、読書案内を書くのは難しい

ネタバレの範囲って人それぞれどこまで許容できるのか変わってくる。 ストーリーの核心的な情報、次回のアニメ予告といったものまでを避ける人もいるし、逆に前述したものを全て開示して欲しいと望む人もいる。 最近知って驚いたのだけど、「ネタバレを望む…

ギャルゲーに2ヶ月かかる人なんているのだろうか

私だよ。 それ、私のことだよ(白目) さいきん*1『キラ☆キラ』や『Rewrite』のお話で盛り上がってて、「懐かしいなあ」「久しぶりに起動してみようかな」と過去作品を起動してみたら一作品に2ヶ月余裕でかかっている事実が判明してしまった。 自分の記憶だ…

100%の力を持って作品探求する場合、一体どこまでできるのか

作品を全力で探求する場合、どんなことが可能なのか考えてみたい。

ギャルゲーに偏見を持っていたあの日々

*2464文字ずいぶん前に「何故ラノベは馬鹿にされるのか?」という論争がある界隈で勃発しました。これにpigumiiさんは「読んでいないから」と言うんですがなるほどねと腑に落ちます。 私がラノベをバカにしている理由は簡単です、読んでいないから。それだけ…

アニメがつまらないならギャルゲーをすればいいじゃない

*ギャルゲーを既に知っている人は退屈な記事 「最近のアニメってつまんない」という声を見かけたので、じゃあギャルゲーでもすればいいじゃない?と提案してみます。 アニメに適正がある人は、ギャルゲーにも適正がある人が多いです。萌えーなキャラ造形に違…

おすすめエロゲリスト。一言レビューもあるよ

はじめに。 大半はエ口ゲですがノベルゲーも含みます。 この一覧表でのコメントにはネタバレはありません。 画像クリックでAmazonに飛びます。 感想記事は別に存在します。 エロゲの評価のしかた ★★★★★(5.0)エロゲやってて本当に良かった級。 出会えたこと…