猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

キルラキル全話読了・感想(2055文字)

スポンサーリンク

f:id:bern-kaste:20180405222252j:plain

かるめに箇条書き。

 

演出

キルラキルと言えばクロスフィルター(キラキラーッ)が強烈。変身時はとくにこの表現が多用され、感性にびびっとくる。

・ノベルゲームの立ち絵演出のごとくキャラを固定移動させる+おばけアニメーション+パンク+ループ演出で「新規カットを連ねてアニメーション」するのではなく「最小限の運用でアニメーション」する作品になっている。感覚的には、正直動いていない程にもあるんだけどそれを"動いていないからダメだ"と思わせないようになっているのはすごい。ちなみにバトルではなく(おそらく)もっと難しい日常的なやり取り・動作でこれに成功しているのが『りゅうおうのおしごと!』である。あれの1話すごくない?……。もう全然アニメしてないのにそれがアニメとして成り立っている所が。

・この言い方があっているか分からないが、カリカチュア化が目立つ。身長比率を無視したガマゴオリの巨大化などは初回(雰囲気的に)圧倒。

・画面における「セクシャル」の度合い強いすぎてこれ苦手な人いっぱいいただろうなあ……という感想。物語的には理が通っているので受け入れられるし、私は慣れはしたけど正直好きじゃないよ。

  

キャラ

・マコさん本当言動が・・・笑

・流子の皐月にたいするあたりが強く、イキりまくってるのがなんだか微笑ましい。かわいいよね。

 

ストーリー

・2ndOPにはいる前から「得るものがないのでは?…」という感覚があったけど、最終話まで見てもその感想は(ほぼ)変わらなかった。ストーリーは肉親を殺された復讐動機による絶対的権力の反抗であり「たった一人がやがては巨大な悪を打ち負かす」……というありきたりなお話。王道。真新しさは全然ない。それはカバーズ、原初生命繊維といった壮大すぎるストーリーに転換しようとも本質的な意味ではかわりない。纏流子の倒すべき相手が皐月からそれらに変わったにすぎないからだ。ただラストの「人類の為ではなく、デートの為に」母を倒そうとし、「私たちはわけがわからないものなんだよ!それでいいんだ!!」(意訳)と言い切るのは全体主義ではなくあくまでも個別、人という個体を愛する者の発言だろう。人類とか意味のわからないものを動機にせず、あくまでも"自分"という軸が必ず流子にはある。目先の欲。ここはすこし面白いなと思った次第。

・別段私はストーリーに新鮮味がなくてもそれ以上に得るものが他にあれば不満はない人。「アニメーション演出」を考慮するならば見てよかったかな?とは疑問符を携えながら思えるが、ただ「物語」それ自体に関していえば……まあ……という感じである。昭和のアニメを現代風にアレンジした、あるいは作品外形を換装させた作品にすら思える。OP1OP2を聞くために毎話見ていたきがする。

 

 

おまけ

 

  • 纏流子:ESTP
  • 鬼龍院皐月:ENTJ

 

1話 ボクサー戦(鮮血入手前)、逃げる

2話 皐月戦逃げる。「覚えておけ、次こそは決着をつける!」(纏流子)

6話 猿投山との戦い、勝てないと知り逃げる。

流子は行き当たりばったりで戦いを挑むもののその「撤退のタイミング」かつ「次回は勝つ戦略」を持ってくる所は、ESTPのとりあえずやってみて(Se)ダメだと判断(Ti)したら離脱する気質と酷似する。自分が勝てる場所を見つけるのがとてもうまいタイプ。

あと疲れ知らずでとにかく行動!行動!のところとか、イキリ(Se)が強すぎるとか、皐月の野望(Ni)を理解しようと試みるそぶりすらないのはNiが盲点にあるからだとか、そもそも着の身着のまま単身乗り込んで権力者を潰そうとするのはSe主導じゃないとなかなか無理。(ISTPだったらもっと慎重)

 

皐月「目先の欲?くだらん 目先の怒りに我を忘れて暴走したのを忘れたか!父の仇を憎む心を忘れたか!」

流子「忘れてない!だがもう溺れない、二度とあの過ちを犯さない、目先の怒りに自分を見失わずに、目先の欲に生きる!大事な友を取り戻し、大事な友を守るという目先の欲になあっ!!」

皐月「それこそ志低きに流れるというのだ!」

流子「だったら!てめぇの高邁な野望とらはなんだ! 見てみろ、この焼け野原を、これがお前が言う野望か!そのための犠牲か!これがお前の使う生命繊維の力だと言うのなら私がっ、鮮血が止めてみせる!もうこんな勝手はさせない!」

――キルラキル15話

  

皐月をENTJと判断するのは、ラギョウを潰すために年月をかけて(Ni)本能字学園(Te)なる武器を研いでいたことと、四天王との関係(Fe)に温かみを感じるところ。もしもINTJであれば、あくまでも駒は駒として使い、人々をまとめることは出来るかもしれないが、部下との関係に人間味を感じさせることは難しい。

 

皐月「今!この時より鬼龍院皐月と本能字学園は貴方に反旗を翻す」

(中略)

皐月「人は服の為に生きるのではない!この鬼龍院皐月、生命戦維打倒のために立ち上がる!」

皐月「本能字学園は貴様を斃すために作った私の城だ!!!覚えておけ鬼龍院羅暁!!!」

 ――キルラキル17話

 

と簡単に説明おわり。

どうやら未放送の25話があるみたい。ちょっと気になるものの、

私的満足度:★★★(3.5)
疑似客観視:★★★(3.7)

(了)