猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

幼女戦記の神様がめっちゃ「俗物」なのはある意味新鮮かもしれない(感想)

スポンサーリンク

f:id:bern-kaste:20170721103128j:plain

アニメ『幼女戦記』における神様がたいへん人間臭い

彼は己を信仰して欲しいからこそ、推定アラサー前世ターニャを異世界転生させ、以前より過酷な環境で生きさせようとした。文明が下がれば、孤児であれば、他者に縋らざるを得ない――ひいては神の信仰が芽生えるだろうという算段だ。

しかしターニャには魔力適正があり、サラリーマン時代に培った経験を武器にエリートコースをぐんぐん駆け上ってしまう。神の望むようにはならなかったのだ。

すると「恩寵を与えよう」と押し付けがましく迫りはじめ、ターニャはいらねーよと一蹴。何をトチ狂ったのか神は奇跡を与える体裁を取りつつ、それはイコールで祝詞を強制的に唱えさせるという(最低な)画期的な方法で彼女を縛り上げるのであった。

それでも信仰心が目覚めないターニャを目の前にすれば、別の人間に「奴を殺せ」と啓示を与えるはじめるお姿は・・・あの、そこまでして自分に依存させたいんですか? あなたは餓鬼道の存在ですか? そろろそろ渇愛捨てたらどうですか? と言いたくなるものだ。

あまりの俗物さに「神」という絶対的な印象は剥がれ落ち、そこらへんの自分の思い通りに成らないと癇癪を起こすお爺ちゃんと大差なくなってくる。

これって「私を愛してくれ!」って言っているだけだよね。欲しいもの買ってあげるから私を愛してよ、ねえなんで愛してくれないんだよ。じゃあ仕方ないねお前を苦しめるから覚悟しろよ。とそんな思考回路。

ターニャが「存在X」を呼ぶ理由はちょいと違うんだけど、こやつは私達が思い描く神ではないという意味で適した呼称かもしれない。存在X。

「神」って人間を超越し、人間には無い完全性を有しているとか、そういうイメージが強い。全知全能。一神教の神は特にそんな感じだよね。

なので「人間性」を切り落とされた神様像は多いのだけど、幼女戦記の神様って(あの世界の)絶体神でありながらここまで人間臭いのはある意味新鮮かもしれない。

にしたって、ターニャ1人にかまけるのは最早暇人としか言い様がないのだけど70億の管理の辛さうんぬんはどうなったのだろうか。あるいはそれを棚上げしても余程彼女のことを気に入ってしまったのか・・・ははは笑えるな。または何か別目的のために「そう振る舞っている」だけなのか。現状ではその線は薄いかもしれないが、留意しておこう。

面白いのが、2話で「輪廻に戻し転生させる存在」と自らを定義し

 

「信仰心のない人間を転生させるなど徒労でしか無い」

 

――存在X/幼女戦記2話

 

と言っている事から、彼は輪廻転生を価値あるものとして捉えていることだ。

初期仏教では輪廻から外れることを目指し(=解脱)修行するので、仏教者からすれば「転生しない?!ラッキー!!!」って感じなんじゃないかな。

観瞑想に何十年ううん生涯を賭さなくても、輪廻という苦しみから救ってくれるなんて、ああなんていい神様なんだ……。まさかあなたは衆生を救済せしめる弥勒菩薩

 

アニメ他感想

未来の欠片ってなんだったの?グラスリップ総括

 

『Angel Beats!』総括_生きて満足して死ぬってことは素晴らしい(10674文字)