読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

ノベルスフィアをプレイするタイミングが難しい

思考の種子
スポンサーリンク

 

『無職転生』熱が蘇ってきており、ちょっとした休憩や移動時間の合間に文章を追いかける習慣がついてきた。と思ったらするすると最終決戦を迎え、最終回に到達し、無職転生ってそういうお話だったのね……知ってたけど改めて突きつけられるとそうだよね……うんうん、という心持ちで読了してしまった。

ということで引き続きすきま時間には「手軽に読める+楽しい作品」を見繕っていきたい所。

関連→『無職転生』ルディの思考様式が興味深く、かつ上位レイヤーからすればそれは親切すぎるくらい親切

一番手っ取り早いのは同媒体作品なわけだけれど、ちょっと方向性を変えて『ノベルスフィア』に手を出してみたくなったのが本記事を書きたくなった経緯である。

 

 

ノベルスフィアとは

 

『ノベルスフィア』を簡単に説明すると、ブラウザ上でノベルゲームを遊べる形態・配信サイトの総称で、いつでもどこでもノベルゲームをプレイできる環境を整えてくれてる場所と言っていいのかな。言いはず。

大方のノベルゲームは

・メディアをドライブに入れる(データをダウンロード)→インストール→起動

という手順でようやく遊べるのだけど、『ノベルスフィア』はそういった「ゲーム起動までの煩雑さをなくし、ある程度のスペックとネットに繋げる環境さえあれば本当にいつでもどこでもノベルゲームをプレイできるようになっている。

百聞は一見にしかず、ということでジャジャン!

 

 

 このようにiframeタグを貼り付ければ、本ブログでもノベルゲームを何の準備なく遊べるのである。

もちろん大本の配信サイトでも同様に動く。

novelsphere.jp

立ち絵、スチル、音楽、テキスト、演出、システム……どこまでの自由度があるかはまだ分からないが「ノベルゲーム」に求められているものは十分に提供できていると思うし、また「ブラウザ上」で過不足なく遊べるって……すごくないですか?すごいと思います。

そんな「いつでもどこでもできるノベルスフィア」だけど、「いつでもどこでもしたくはならないのがノベルゲーム」なのである。ゆえに、スキマ時間でプレイする敷居が高く感じるのだ。

どういうことかというと、ノベルゲームは強引に分解すると「テキスト」「音楽」「CG」の3つで成り立っており、このため公共の場だと音が周囲に漏れないようイヤホンを装着しなければならないし、画面に表示されるイラストは遠目からでもどんな物語を読んでいるのか藩閥されるのが辛いし、集中できなければテキストは眼球を通り過ぎるだけで理解には至らなくなってしまう。

ノベルゲームにとって「音楽」はとても重要な要素なので、これなしで読むとなると味気ないし、かといってちょっとした時間が出来たときにさっとイヤホンを出してさっとノベルゲームを起動するというのは全然手軽さじゃないし、もう読むのいいやとなりがちである。

萌え萌えっとした立ち絵が現れば「ああそういう作品を読んでいるのだな」という視線に晒され(私がそう想定してしまう)し、なにより自分が読んでいる物語を他者が容易に判別できるところが没入を阻害する原因になり、うまく集中できなくなってしまう。

ようするに人の視線を気にしてしまうため、ノベルゲームという作品媒体は気軽にプレイするのが(私には)難しい。それと私にとってノベルゲームというのは一人だけの空間で、一人で、誰にもみせずプレイするものという意識が根強いのでそこらへんも影響が出ているのかもしれない。

これが「文章」ならば何ら問題はない。遠目からまたは近くから見ても画面の輝度・傾斜・文字の小ささ――なにより読者は文字からテクストを浮かび上がらせるため――「どんな物語を読んでいる」のかが中々判断できないからだ。そういった様々な要因によって公共の場で読んでも他者の視線に晒されることなく作品に没入することができる。

なので結局『ノベルスフィア』をプレイするとなると他者の視線に晒されない場所、あるいは自宅になってしまい「普通のノベルゲーム」と変わらない立ち位置になってしまうのでノベルスフィアの利点をうまく生かせていないのはやるせない。そのため、あんまりプレイする意欲が湧いてこないのが現状である。(ごろごろ寝ながらプレイできるのは利点かもしれないが)

HMDが普及すれば、この問題は簡単に解決されるのだろうけど。

ということをふと思ったそんなお話。

 

 

 

Welcome Price .hack//G.U. Vol.1 再誕
バンダイ (2007-01-18)
売り上げランキング: 19,377

 

関連しない記事

 

『つよきす Full Edition』レビュー ゴキブリをかばう前代未聞のヒロインに腹筋が震える

作者が作品の解説を躊躇うのは、それだけ読者は信頼されていないのでは

異世界転生で得られる教訓は「今までの全てを取り替えることで人間の行動は変わる」という考え方(無職転生~本好きの下克上