読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

原作既読者がアニメ『Rewrite』1話を見た感想は、未プレイの人はまだ間に合うのでゲーム版をやって欲しいと思いました

アニメレビュー アニメレビュー-Rewrite
スポンサーリンク

f:id:bern-kaste:20160703010505j:plain

 

そう思ったいくつかの理由を書き記していく。ラフな感想であり、否定的な記述が多いので、苦手な人はそっ閉じどうぞ。

 

 

 

 

1)単調なカットが多い

 

「画面の右端と左端に登場人物を置いた会話劇」「登場人物を画面中央に置いたカット」「瞳・表情のアップ」がとても多く、奥行きを感じられない単調なアニメーションになっている。

例えば瑚太郎宅に小鳥母がやってくるシーン。例えば小鳥探索中ちびもすに出会うシーン。例えばちはやの荷物を瑚太郎が抱えようとするシーン。例えば……etc。序盤から終盤まで遠近感のない画面で覆い尽くされている。アニメRewriteは美術背景に力を入れているのは分かるが、1カット1カットがそこまでいい出来ではないので見ていてあまり楽しくない私がいる。

(後日、画像あげて具体的に説明したいが未定)

 

 

 

2)構成

 

1話で判断するのは早計だとわかりつつも、この物語構成は一体どういうことなのか?……と悲しくなった。

というのも『Rewrite』のまず最初の「驚き」って瑚太郎とオカ研の学園生活を丁寧に描いたあとに訪れる「これはただの学園物語じゃない」と言わんばかりに小鳥、ルチア、静流、朱音、ちはや、瑚太郎が散り散りになっていくこの世界の裏側とでも言うべきものを強烈に描く部分にある。

森林探索中に出会う大型魔物、それまで仲が良かったオカ研が幾人かに分かれ対立する構図。何も知らなかったのは瑚太郎だけ・・・。みたいな驚きと物悲しさと世界の広大に圧倒される所がRewriteのたくさんある中のグッドポイントだと私は思っている。

つまり「世界が転覆する衝撃」を原作版は秘めている。

しかし、アニメRewriteは1話で早々に「学園生活を丁寧に描いたあとに訪れる衝撃」を投げ出して、篝を出し、魔物を出し、ギルバニを出す。さらにこの展開は■■√であり(なぜちょいちょいオリジナル?)、もしかしたら個別√を描かない可能性が高く、あるいはごっちゃ煮になってしまうのではないかと不安が増している。

ADVとアニメは作品外形が異なるので、そりゃ多少のズレ・不和はつきものだと思う。でもRewrite大好きな私からすると、これはちょっと……どうなのかな……と思わずに入られなかった。逆に「原作版をそのまま変換させたアニメ化」のような気がして、映像媒体である『アニメ』に合っているかすこし疑問を覚えている。(BGMの入れ方も原作まんまっぽいといいますか雑……に見えなくもない)

いろいろ言っているが、別段そこまで悪いわけではない。けど、そこまででしかない作品になってしまっているとも言える。

もしかしたら話数を追う毎にこの感想は変わってくるかもしれないが……どうだろう。

 

 

 

 

3)Emotionが薄くなってる

 

Key作品には顕著だけどどの作品も"えもい"。CGとテキストと音楽が降り重なり合うためか劇中では豊穣な雰囲気が携えられ、読んでいて楽しいし、見ていて心が包み込まれるような感動がある。

アニメ化は得てしてこの”えも"さがなくなりがちだけど、アニメRewriteもまた原作はあんなにも濃かったEmotionは薄くなっているなあ……と感じた。CD音源をmp3(128kbps)にエンコードしたときに感じる「あれ、無圧縮と比べると音が薄くなってる?」のように。

 "えもい" を言葉にするのは難しいのだけど、言っている意味わかるだろうか?……いや多分伝わってないと思うしこれは私の力量不足だな。ごめん。

 

 

 

おわり

 

 ということでアニメRewrite1話をみた原作既読者の感想でした。

このアニメ化を『Rewrite』だと言うにはちょっと私は厳しいかなあ……という印象です。そして1話の期待感を踏まえると、未プレイの人はまだこの世界の真相を見ずにすむのでできれば原作版――7月29日にブラッシュアップした『Rewrite+』も発売――をやってほしいなと思います。

 

※追記

良いところを挙げるの忘れていたのです追記です。終盤の篝VS大型魔物戦の戦闘シーン――特にリボンの切断とひらひら舞うアニメーション――はグッときます。原作版にも「リボンが舞う」「リボンの戦闘モーション」があるのですが、そのイメージに違わないアニメ化ではないでしょうか。

あと動いているちーちゃんかわええ!静流かわええ!小鳥ちゃんの愛妻感!ひゅーひゅー。ってな具合に可愛らしく動いているみんな可愛いです。カットは私は評価してませんけど、人物動作はいいと思います。

この1話で評価したいのは、この2つでしょうか。

 

 

Rewrite+
KEY (2016-07-29)
売り上げランキング: 86

 

Philosophyz/ささやかなはじまり

 

 

この記事と対立する記事


後押しする記事

key的な意味での関連記事

eroge-pc.hatenablog.jp