読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

2016年冬アニメにオススメ度をつけながら感想を書いてみる

アニメレビュー アニメレビュー-2016年クール毎の評価
スポンサーリンク

本記事は2016年冬アニメ20タイトルの感想を書き綴ったものであり、面白い作品には「おすすめ度」を表示させています。

※(おすすめ度は「★★★★(星4)~★★★★★(星5)」作品のみつけており、私以外の他者も面白く見れるだろうという擬似客観視の指標になります。ただ実際にその人にとって面白いかどうかは保証できませんのでご了承下さい。「星5」が最高得点です)

 

ではいきましょー

 

 

1.昭和元禄落語心中

「昭和元禄落語心中」Blu-ray【数量限定生産版】一

 

そのタイトルから全く期待しなかっただけに『昭和元禄落語心中』は私的ダークホース作品と相成りました。。

落語に興味がない私でも「落語って面白い!」とその魅力を伝達しえる物語としても一級品ですし、あるいは人間ドラマとしてもおすすめしたいアニメです。見てない人は損してるよ!と声を大にして言いたいです。

素人的な意見なんですけど、落語ってクラシックと似てますよね?(もしかして間違っているかもしれないが構わず語ることにしましょ)というのも、クラシック音楽はまず偉大な楽譜があって、その楽譜を奏者が自分なりに解釈して、自分なりの音を表現していく。あるいは解釈せず作曲者の意図通り弾く――この「奏者(あるいは楽団)の音楽」を聞き手は楽しんでいるわけであり、決して「新しい音楽」を求めているわけじゃないのかなと考えます。これはちょっと誤解生む言い方なんですけど、それでもこう言ってみます。

落語もまず決まった「お話」があってそれを話者が「語」る。その「語」りの技量によって「お話」が良くも悪くもなるし、その「お話」の特色に話者の特色が合致すればそのお話の魅力を十分に引き上げたり、あるいは話者自身の個性にお話自体が塗りつぶされることもあるでしょう。

お客さん(聞き手)も「新しい物語」を求めて聞きにやってくるのではなく、自分たちが馴染みあるお話を「どう語る」かに面白味を見出し価値を見出しているのではないかなと思うんです。だからこのコンテンツは物語に最上の価値を宿しているのではなく、話者それ自身に価値が集まりやすいのだと考えます。

 

そして落語とはその場「一回限り」の「物語」であって再現性は担保されない娯楽なのだなーとしみじみ思うばかり。電子・印刷で形にされた物語は基本的には「全て全く一緒」の物語なわけです。電撃文庫の『灼眼のシャナ』はお昼に読んでも夜に読んでも海辺で読もうが変わりません。その印刷物から得られるリズム・間・物語構造による物語体験は一定なのです。

だからいつ読んでも『灼眼のシャナ』は『灼眼のシャナ』の雰囲気を纏うし、『この青空に約束を――』はいつ起動しても同じテキスト、同じタイミングで鳴り響くBGM、声は再生されます。このため物語の「再現性」はかなり高い。

いついかなる時に読んでも同じことを繰り返す。それがプログラミングだったり、固定化された文字がもたらす恩恵なのかなと思います。

しかし、落語の場合はいつだって「声」です。「文字」ではなく「発話」で物語を表現するため同じ物語を演じるにしても話者が違えば物語の様相も変わってきますし、例え同じ話者であってもその発話の調子や、語る雰囲気は、日に日にどこか違ってしまう。風邪を引いていればガラガラ声の『死神』を演じなければならなくなるし、噛んだり、ど忘れしてセリフを忘れてしまったりすることだってあるでしょう。

そんなふうに落語は物語の再現性は低い――ものの一回性は強い作品外形なのでしょうね。ライブ感が強い。

そして私がきゅんきゅん来たのは「声で物語を構築する」ところ。ほぼ声のみで落語は物語を構築し、人々に聞かせ、笑顔にしたり恐怖にさせるそれが、なんか、いいのだ。『オデュッセイア』が語り継がられていた時代に思いを馳せてしまうし、今現在私が触れている物語コンテンツって固着された文字・映像がメインのため――別に珍しくともなんともないのだけど――新鮮に感じられてしまう。落語の在り方が。

おすすめ度:★★★★★

 

 

2.ハルチカ~ハルタとチカは青春する~

 

ハルチカ ~ハルタとチカは青春する~ 第1巻 [Blu-ray]

 

青春吹奏楽部ミステリーな『ハルチカ』だけれど、(私には)全く面白くなくて一話で切ることに相成りました。

青春学園ものとして見ても、部活ものとしてみても、ミステリーものとしてもいまいちな印象が拭えません。さらに言うならばチカの "耳に引っかかる" キンとした声がお好みではないです。

でも上条春太のナチュラルな愛情表現はとてもいい。

本来はあんなふうに物怖じせず、卑屈にならず、「僕が好きな人はこの人ですよ(にっこり)」って言えちゃうのが私は健全な社会だと思うのでハルのように人々が「さらっと言えちゃう」環境づくりが拡大していくといいですよね。

 

3.ラクエンロジック

 

ラクエンロジック 1 (特装限定版) [Blu-ray]

 

物語はラクエンロジックのカードゲームをやっている女の子達がいる世界と、そのカードゲームの中の世界観を展開した2つの世界を折り重ねたのがアニメ『ラクエンロジック』なのかなと思うんですけど一話だけじゃよくわかりません。

これまた私にとって……うーん…だめじゃろか……という読後感だったので切ることに。

 

 

4.だがしかし

だがしかし 1 (BD初回限定版) [Blu-ray]

 

むかしなつかしい「駄菓子」をテーマにした作品『だがしかし』。

うまい棒のユーモアな食べ方や、きなこ棒の美味しい食べ方を少年少女が雑学を交えて語る番組です。視聴後は『だがしかし』の内容よりも「駄菓子」そのものについて色々語りたくなること間違いなし。(のすたるじー)

4コマちっくなアニメなので、気構えることなくだらだら見れるのが私にとって良い感じ。

 

 

5.灰と幻想のグリムガル

灰と幻想のグリムガル Vol.1(初回生産限定版) [Blu-ray]

『灰と幻想のグリムガル』はある日突然異世界にきた少年少女がその異世界で順応し生活していくのを描いた異世界転生モノ。

本作が素晴らしいところは、そのまどろむような空気感ですね。時間速度が他作品と比べて「遅く」、とてもゆったりしている印象を受けます。まるで日曜日に二度寝したときのうつらうつらしながらお布団でふにゃ~と沈み込むあのまどろみ感が各所に存在しており見ているだけで安らぎます。ふにゃ~。

主人公達の能力は強くなく(むしろ弱いため)強力な敵を倒す事でカタルシスを得るというよりは、やはり彼らが異世界で暮らす様子、モンスターをうまく狩れず生活が日に日に困窮していく姿に趣がある作品です。

今期これもおすすめしておきたいアニメ。

おすすめ度:★★★★

 

 

6.SUSHI POLICE

スシポリス、参上!

 

巷には「弓道警察」から「道徳警察」まで様々にいますが、『SUSHI POLICE』はその名のとおり「間違ったお寿司を取り締まる警察」の5分アニメ。

特にこれ以上言うことはないですしこれ以上見ることもないでしょう、と思った一話でした。

 

 

7.ブブキ・ブランキ

ブブキ・ブランキ Vol.1 [Blu-ray]

『ブブキ・ブランキ』は3DCGアニメなんですけど、髪の毛や身体動作の動き方がまだまだ不自然で「はやくLive2Dが目指すアニメーションが訪れるといいな」と思える作品です。

3DCGアニメってディズニー映画クラスのものを持ってこれない場合、やる意味あるのかな(=今まで通りの2Dアニメーションより動き方が不自然なため好んで3Dにする必要性を感じられない)って思いますし、このレベルの3DCGには個人的にあまり魅力がないです。

今はまだ成熟途中なのかな。どうなのか。

 

 

8.亜人

亜人 一 (初回生産限定版) [Blu-ray]

これまた3DCGアニメの『亜人』。

原作漫画は読み進めていたので、アニメだとどんな「戦闘モーション」になっているのか興味を持ってます。というのも漫画の魅力はそのコマ割による疾走感あふれる戦闘/逃避モーションなので、これを映像化するならば是非見たい勢だったのですね。

3DCGに思う所はありますが、本格的な戦闘シーンを見て、そこから見続けるかどうか判断したいなと。

 ◆

にしてもカイはかっこいい。(←音が似ている)

 

 

9.最弱無敗の神装機竜

最弱無敗の神装機竜 ≪ バハムート ≫ I (イベントチケット優先販売申込券付) [Blu-ray]

ラノベテンプレを一通りこなす『最弱無敗の神装機竜』をキミハモウミタカ。私は見てます。

3話まで見ましたけど、リーシャさん(金髪乙女)がめちゃ可愛い以外特筆すべきところがないんですが、逆に好きなヒロインがいれば見続けられちゃうような作品かも。

 

 

10.紅殻のパンドラ

紅殻のパンドラ 第1巻 [Blu-ray]

……。

 

 

11.ディメンションW

【Amazon.co.jp限定】Dimension W (特装限定版) 1 (全巻購入特典:「新規描き下ろしイラスト使用全巻収納BOX」引換シリアルコード&予約特典原作・岩原裕二描き下ろしミニ色紙(複製)付) [Blu-ray]

「無尽蔵のエネルギー」を取り出し「コイル」と呼ばれる携帯デバイスでの運用に成功した人類――でもやっぱりそのエネルギーを悪用する人がいるわけで、その人達から不正コイルを回収するオッサンの物語それが『ディメンションW』なわけです。

ふーん、って感じですけど毎週楽しみにしています。これ以上どう言えばいいのか難しいアニメなので、私にはもう語るべき言葉はないのだ。

おすすめ度:★★★★

 

 

 

12.ノルン+ノネット

ノルン+ノネット 第1巻(初回限定版) [DVD]

一話見ましたが、まだまだ序盤なのでいまいちピンときていない勢です。『ノルン+ノネット』はノベルゲームが原作ってことなのでまずはそっちをやってみたいかなーとも思ってたり。

 

 

13.おしえて!ギャル子ちゃん

おしえて!  ギャル子ちゃん 第1巻 [Blu-ray]

真ん中のギャル・ギャル子ちゃんが疑問に答えていく5分アニメ

だら見推奨。

 

 

14.アクティヴレイド

『アクティヴレイド-機動強襲室第八係-』 ディレクターズカット版 Blu-ray Vol.1 BOX付き初回仕様版(ドラマCD付き/イベントチケット優先申込み付き)(各巻4話収録/第1期全3巻)

悪くはないので見続けてみようかな?と思った『アクティヴレイド』ですが、毎週楽しみにしている感じではなかったり。

一話見る限りだと、イケメンの裸体が見れるアニメやねってくらいの印象しかありません(←どういう感想なのか)

 

15.無彩限のファントム・ワールド

無彩限のファントム・ワールド 1 [Blu-ray]

一話からヒロインの胸は揺れ、ブラジャーは脱げ、ポールダンスをするセッ久アピールが強い『無彩限のファントム・ワールド』。

でもそこを見逃せるならば(あるいは好きになれるなら)、京アニ製ということもありアニメーションの質は高いですし、一話一話も十分面白い。映像と音楽の「リズムの合致」も楽しくて(OP・EDは顕著ですよね)とてもグッドです。

私は毎週楽しく見させてもらっていますが、人を選びそうな作品なので強くオススメはしません。

 

 

16.この素晴らしい世界に祝福を!

この素晴らしい世界に祝福を!     あぁ、駄女神さま (角川スニーカー文庫)

ヒキニート・カズマは死亡した後、女神・アクアを伴い異世界転生する笑えるアニメ『この素晴らしい世界に祝福を!』。

一話の労働展開は楽しさあふれる素敵なシーンでした(ふふふ) 異世界転生モノが好きな人は見て損は無いんじゃないかなと思いますよ。

 

 

17.魔法少女なんてもういいですから

5分アニメ。

そのタイトルからして魔法少女モノの発展形なのかな?――と思いきや2話を見る限りそんなことない感じ。これからどうなるかわかりませんが今のところはふつーの魔法少女やってますね。面白みは今のところ私的には無いですの。

 

18.霊剣山

 中国でめちゃんこ読まれているweb小説のアニメ化。

これから、面白く、なるのかな?

 

 

19.プリンス ストライド オルタナティブ

プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ 01 ( イベントチケット優先販売申込券付 ) [DVD]

架空のエクストリームスポーツストライド」に魅せられた少年少女を描く学園青春アニメ。

ストライド」とは約400mのコースを全力疾走し次走者へリレーを繋いでいく競技のことで、速く走るただそれだけのことが爽快感溢れる映像になっているのがポイントです。めっちゃ気持ち良さそう!と思える走りがいいですね。

 

 

 

20.僕だけがいない街

【早期購入特典あり】僕だけがいない街 上(メーカー特典:「ステンレスマグカップ」付) (上下巻連動購入特典:「上下巻収納BOX」引換シリアルコード付)(完全生産限定版) [Blu-ray]

 

今期『昭和元禄落語心中』と同じくらい推していきたい『僕だけがいない街』。文句なんてどこにもなくて、はやく最終話まで見たいという欲求をちらつかせます。

リープものが好きならば是非に。

おすすめ度:★★★★★

 

 

おわり

 

まだ冬アニメ全部見通せてませんが、あまりにも時間が経ちすぎるとネタが腐ってしまうので早々に投稿することにしちゃいました。(といってももう一月終わるのですけどね……) 

で、まとめると

毎週楽しみにしている作品がこの6つ

 

  1. 昭和元禄落語心中
  2. 僕だけがいない街
  3. ・灰と幻想のグリムガル
  4. ・ディメンションW
  5. ・無彩限のファントム・ワールド
  6. ・この素晴らしい世界に祝福を!

 

『ファントムワールド』と『この素晴らしい世界』におすすめ度を表記しなかったのは、擬似客観視でみると人選びやすい作品かなと思いまして表記するのはやめにしました。ただ私自身は楽しく見てます。でここにさらに『暗殺教室2期』と『ハイキュー2期』も入ってくる感じでしょうか。どちらともやはり面白い。特にハイキューの身体性高いジャンプモーション大好き。

  ◆

今期不作かなー……と思いきや全然そんなことなくて前期と同じく面白いアニメはあるという感じでした。やっぱり見てみないと分かりませんね。

さて感想と紹介がごっちゃになってしまったがどうだったでしょうか。面白く読んでくれたなら幸いです(--

てな感じでは今日はここまで。

 

ではまたノシ

 

関連記事

 

 

昭和元禄落語心中(1) (KCx)
雲田 はるこ
講談社 (2011-07-07)
売り上げランキング: 821