猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

敬体と常体がころころ変わるブログってどれくらいあるのだろう

スポンサーリンク

 

ブログの文章

 

このブログは言わずもがな「敬体」と「常体」がころころ変わるブログだ。

記事のテーマによって、その日の気分によって、天気によって「ですます」か「だ・ある」調で文章を連ねていくことになる。丁寧な文調を使ったかと思えば、次の記事ではトゲトゲしかったりごてごてし始めるし荒々しかったりぶっきらぼうだったりする。

私は書いててなんの違和感もないけど、読者からすると記事の印象が常に一定ではなく場当たり的なため驚く人もいるかもしれない。いやどうなんだろう? どうなんだろうか。文章のテンポやレイアウトや語彙幅は1人の人間が書いているため案外「印象は一定」かもしれないし実際はそこまで驚く出来事じゃないかもしれない。ただの考えすぎなんじゃないの。そうかも。

とはいえ、私が継読しているブログは「ほとんど」どこも同じ文調をキープしている。敬体であればずっと敬体であり、常体であればずっと常体なんだ。それが自然界のルールなんだ。たまに記事の内容によって例外もあるかもしれないが基本的に変化はしない。基本線はここ。それがさも自分自身であるかのように頑なに文の調子を守り続けるわけだ。

 

ある人が言うには「脳内で書き出す言葉は常に常体で、それを公開する場合は敬体へ直す」のだとか。

頭の中の思考は常体で考えているし、敬体でやろうとすると一気に処理スピードが落ちるみたいな話だった気がする。なるほど。皆さん最初は常体で書いていて後にブログカラーに合わせて文調をいじっているのかもしない。

しかし私は「敬体」で書こうと思ったものは、常体→敬体へという修正過程を踏むのではなく最初から敬体で書き始める人なので一概に当てはまらないんじゃないかって気もする。

それに文調が常に同じだとメリットがあるとかデメリットがあるとかないとか聞いたことがないし例えあったとしても同じ文調を選択し続けるのも(私にとっては)ストレスなのでずっとこのままで行くんだろうと思う。

さてさて、こういう場当たり的に文調が変わるブログはどれくらいのあるだろう? そう思ってしまうわけだ。思いの外多かったりするんだろうか。

 

そしてブログやっている人は、「自分は同じ文調で書くタイプ」か否かを気にしてみるのも面白いかもしれない。

 

こちらもどうぞ