読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

【猫】フルメタ新作アニメ化、Charlotteとポストロック、下品な笑いなど他

スポンサーリンク

f:id:bern-kaste:20151025210649j:plain

 

10月7日~24日にみたニュースを紹介。

ではどうぞ

 

 

1)アニメ・ゲーム他

 


ポストロックってなんぞ?だった人なので、ほーと。

 

 

一応こういう批判もあるよーと。わざとハイコンテキストにしてある界隈にだけ分かるように話しているらしく、その界隈にいない自分にはうまく伝わってないなあ……。

 

 


ニコニコ動画ゲーム実況の文化が終わりそうとのことです。自分はまったく見てもいなかったですし愛着もないので「そっか終わるのか」と蛋白な感想。いやそもそもニコニコ動画自体、アニメ視聴以外行ってないなあ……と。

 


orz

 


現実の人間にしか見えないんですが



おもしろい。

 


おそ松さん、今期のギャグアニメとして燦然と輝いている。

 


 


後半宣伝ですが、前半の意見は腑に落ちます。

 


「シゴタノ」さんって映画を下地にして記事にすることもあるのかあとちょっとびっくり。自分はあんまり見てないだけで頻度多いのかもしれませんが。

 


そんな人もいるのか。というより私はどうだろう?やってたりするかなあと省みたり。

 


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

長かった!

長かったぞ!!!

 

 

 

2)雑多

 

 

まとめでは関西の方でも気分良くないという方もいるみたいで、一概には言えなさそうです。これやられたら自分も嫌だな……。

 


関西に限らずこっちでもいじりがいじめに発展するケース多そう。

 


主語が大きいと思いつつ、別の世界線のお話のようにしか聞こえない自分がいます。え、どうなんだろう、こんなふうに思っている人いるのかなと結構疑問。

 


 


 


 


自己内省に使うべき記事かもしれません。

ただ「孤独」のくだりはそういう人いてもいいんじゃないのかなと思うんですけどね。というより孤独を受入れられない人と一緒にいるのは私は辛いんだけどな……。

 


体育好きな人だったので興味深く読めました。うーんこれは団体競技のグループのパワーバランスを巧い人とヘタな人の分配をうまくやれば互いに気持ちよくプレイできるんじゃないかなと思いつつ甘い考えかもしれない。

 

 

 

 

3)記事の振りかえり!

 

約3週間に更新した記事を振りかえりましょう。今回は『シャーロット』と『ギャルゲー』が中心に展開したと思います

 

 

1

『Charlotte』考察。本作はなんだったの?という人にピッタリの内容になっているはずです。

非公開希望のコメントを頂いたんですが、「名無し」さんこの記事見ているでしょうか?  おそらく何かしらのリンクを張ってそのリンク先の文章を管理人である私に見せて意見を聞きたいのか、添削希望だったような内容だと思うんですけどそのリンクが実質貼られていないのでなんともしようがありませんでした。

 

 

2

↑の考察記事を書くに至った経緯がこの記事です。本当はCharlotteを言語化しないまま終わるつもりだったんですが、本作に不満持っている人の気持ちをいくらか緩和できそうだなと思ったので書いてみることに。結果はどうだったんでしょうね。

 

 

3

「友利奈緒と乙坂有宇のああすればラブラブ感出る」みたいなこと書いてありますが、よく考えれば二人はラブラブ感最初から出てないんですけどね。なんというか「関係の深さ」を言いたかったんですが口が滑ってしまった感あります。

というよりこの二人って……。いやこれはこの記事言及するのはやめておきましょう。またいつかどこかでお話したいかも。

さて。そういえば「こういう視点」で批判記事書いたのはじめてです。やっぱ好意的に受け止めている作品じゃないとこういうやり方は無理ですし、劇作的な視線で作品捉えるのあんまり好きじゃないのでもうやらないでしょう。

ということで、反応聞きたいです。どうだったでしょう?

 

 

 4

タイトル通りです。

 

 

5

コメントもらって思い出したんですが、Amazonレビューはこれに近い方式取ってますよね。そのレビューが役に立ったか否か。さらにそのレビューにコメントまで出来る。なるほど。もしかしたらこういうSystem広がることで批評批評の意識もまた発展してくのかもしれません。ネットがより窮屈になるかもしれませんが…笑 それはネットが現実ベースと本格的に重なり合ってきたというふうに見れるかもしれませんけど。

 

 

 6

ぶらっとファミレスにいったら知り合いの女の子がお子様ランチ食べてた!

 

 

「声」はすごいよね、というお話。

 

 

8

まさかこの記事がこんなに好印象なコメントもらえるとは思っていませんでした。……こういうの需要あるのか……とちょっとびっくり。それも『響けユーフォニアム』見ていない人がこの記事を見て「このアニメ見てみようかな」と感想も頂けて嬉しいなあ……と思いました。

 

 

9

本作は「誰かを好きになるのって素敵だね!」という甘ったるい感想をぶち壊してくノベルゲームです、是非どうぞ。

 

 

10

私は好き好きーな作品なんですけど、人にオススメしにくい作品でもあります。いやー……良いと思うんだけどなあ……でも世間の評価を見る限りあんまり芳しくないのは何故なのかなあ……。みたいな気持ちです。みゃああ!!

 

 

11

ストーリーが絡み合いながらキャラクターの魅力を引き上げる作品ではなく、キャラの魅力が単体で発揮しようとしている作品。なので前者をお求めの方はご注意。

 

 

 12

恋愛っていいよねーっていう恋愛脳の方々に、是非!是非やっていただきたい作品『それは舞い散る桜のように』。

↑の記事はネタバレ全開の感想なので、プレイ後にどうぞ。

 

 

13

それ散る』を今購入するときに、留意してほしいことをまとめてきました。

 

 

14

るみちゃんに罵られても構わない。

 

 

15

焦りが生まれるタワーディンフェスゲームです。

 

 

 16

だらだらーとまとまりのないこなかな感想。

 

 

17

語ろうとしてみましたが語りえなかった記事。やはり語りえないものを以下略

 

 

 

おわり

 

"Charlotte充"を満喫した10月でした。

総括記事でさらっと書いて終わるはずだったんですけど(悪い意味ではなくてですね)、案外に本作の不満の声を聞いてしまってトントン拍子に書いてしまった感じあります。

こんなに不満あるの?→考察→批判―――という流れでした。各々の記事に質問をぶつけてくれた方、お話に付き合って頂いた方有難うございました。またなにかあればよろしくお願いします。

 

 

 

 

TVアニメ「Charlotte」 Original Soundtrack
Charlotte
Aniplex (music) (2015-11-04)
売り上げランキング: 1,054