読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

気になるあの子。響け!ユーフォニアム8話

スポンサーリンク

f:id:bern-kaste:20151025193329j:plain

 

8話。お祭りの日。ふと麗奈はこう言う「久美子と以前から話したかった」と。そしてもっと言えば、いい子ちゃんのフリして実は冷めてる彼女の"皮"をぺりぺりと剥いてやりたいとも。

 

久美子は「高坂さんねじれてるなあ」と言うけれど、麗奈の気持ちはなんとなく判る気がする。あんまり喋ったことがないしプライベートな時間を共有しているわけでもないけどまあ一応名前と顔は知っているという間柄、希薄な繋がり、ちょっとしたコミュニケーションだけの人物。でも気になってて、もっとよく知りたいと思えるような人で、今は離れている距離にいるけどその距離を縮めてみたいと思える対象。

表層ではなくもっと深い心の奥を覗き、手を伸ばしたくなるような、そんな気持ちを抱いてしまう。気になるあの子。

 

「わからないかな? 私の愛が」

 

わかるよ。

この気持ちってこじらせると、ちょっとした意地悪とかトゲがある言葉を言ってしまう方向に向かっちゃうものなんじゃないのかなーっていう気もする。ほら、好きな子にやっちゃう感じに近い。えいえい。とはいえ決して同じではないけれどもね。

 

    「久美子って性格悪いでしょ」

    「もしかしてそれ悪口?」

    「褒め言葉

    「中3のコンクールの時、"本気で全国行けると思ってたの" って聞いたんだよ。性格悪いでしょ」

   「 いや……あれは純粋に気になったから…っていうかやっぱりそれ悪口」

    「違う」

    「これは愛の告白」

    「…どう考えても、違うでしょ」



    「でも私、久美子のそういう所気になってたの。前から」

    「好きっていうか、親切ないい子の顔して、でも本当はどこか冷めてて、だからいい子ちゃんの皮ぺりぺりってめくりたいなあって」

    「それは、どういう……」

    「わかんないかな? 私の愛が

    「…高坂さんねじれてるよ……」

 

 

――高坂麗奈、黄前久美子(響けユーフォニアム8話)

 

 

――わかんないかな? 私の愛が

 

くくく。いいなあ。こういうの。

そしてそんな久美子とお話できてわくわくどきどきしている麗奈を見ているときゃー!ってなる。ああ幸せ。

気になっている人と心の距離が近づいた時、私たちはとっても嬉しくなる。そういうのを積み重ねて生きていきたいよね。なーんて思える回だったと思う。

 

響けユーフォニアムの感想記事

高坂麗奈と黄前久美子のloveでもlikeでもない関係がラブです。響け!ユーフォニアム

 

 

TVアニメ 響け!ユーフォニアム キャラクターソング vol.4
高坂麗奈(安済知佳)
ランティス (2015-07-22)
売り上げランキング: 13,369