読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

数作品しかやってないのに「麻枝准」を語る記事にもやもやする

スポンサーリンク

f:id:bern-kaste:20151020125110j:plain

*この記事は「正しさ」のお話をしたいのではなく、「感情」のお話をしたいということを最初に述べておきます。

 

 

雑な麻枝准論を見かけるたびに思うこと

 

 

Charlotteの記事を読み漁っているとどうしても「麻枝准」で作品批評する記事にぶつかります。

それも『kanon』『AIR』『CLANNAD』三作品を見た書き手が、なぜかその三作品だけを持って『Charlotte』に連関させて語り、麻枝准論を展開しようとする。

智代アフター』と『リトルバスターズ(沙耶√も含めて)』が抜けている時点で 麻枝准論としては片手落ちですし、どうせやるなら『MOON』から『ONE』まできっちりプレイしてからやって欲しいと思ってしまいます。

それもその三作品すべて「アニメ版だけ」を視聴しただけで麻枝准を語る記事もありすっごいもやもやします。京アニkanonはADV版kanonと結末が全然違うのですし……それもかなり意味合いが違うラストなのですが……。そこを無視してまで麻枝准という名前持ってきて語ろうとするのは何故なんですか……。それでいいんでしょうか。よくわかりません。

私は「作家論*1 」という手法を歓迎してませんが、でも、どうせやるのならキッチリやって欲しいという感情が沸き起こってしまう。

著者が関わったすべての作品をプレイしてとは言うのは、そうですね、流石に無理があるのでそこまでは言いませんけど、少なくとも押さえるべき作品を押さえてないのに安易に麻枝准論を展開されると……うーん……と思ってしまいます。

おそらく「作家論」というのは筆者自ら教養主義の路線に入るよと宣言するものであり、そして読者もまたその記事が教養主義を宣言されてる事を分かる共通理解が発生する批評形態なんでしょう。だからこそ、データや文献が不足しているのにも関わらず(そこに目をつむったまま)雑な論を展開されれば「☓☓のデータが足りないのにどうして語るの?」と思ってしまう。

正直なところ、ある作品を語るのに作家のお話は全く要らないですし、そしてその作家の作品をやりきれていないなら尚更無理に「作家論」を展開する必要性はないはずです。

それでも「麻枝准」の名を出すのであれば、著者の名前を安易に使いたいだけなのかなと邪推してしまいます。

 

この違和感が「もやもや」を生み出す原因なのかもしれません。

 

個人的には「雑な作家論を展開しないで」とは言いません。しかし「雑な作家論を展開すればこういった批判がくるのは当然です」とは思います。個々人やりたいようにやればいいわけですが、歓迎するのは難しいという立場です。

温かく見守ればいいのかな……なんて気もするんですけど、それって批判を受け付けない文化形成を促進させそうで嫌なんですよね……。

 

 

鍵っ子

 

古参のKEYプレイヤーが「『Charlotte』と『Angel Beats!』だけしか見ていないのに鍵っ子を自称するな」という発言をときどき見かけます。

これやられるとKEY界隈に新規参入者が入ってこなくなる/入りづらくなりますし、古参プレイヤーが間口を閉じてしまったらその界隈はやがては腐ってしまうのでやってほしくないなあと思ってます。

ある界隈を活性化させたいのなら間口は広く、新規参入者に偉ぶらず、必要があれば必要な情報を提示する。そんな場所だと長続きするのかなと思います。

 

ただ彼らが言いたいことや、その気持ちはわかるつもりです。自分はぬるいKEYファンなのでKEY作品全部やっているガチユーザーに「わかる」と言ってしまうのは気が引けますが、名作中の名作である『AIR』や『智代アフター』その他諸々の作品をやっていないのに最近の――それもアニメ作品だけを見て――「鍵っ子」を自称されるのはもやもやしてしまうのでしょう。

「それでKEY作品が好きっていうのはちょっと待ってよ」、と言いたくなるのでないかと思います。

でも私はこれ温かく見守れるんです。ABでもCharlotteでもKEY作品が好きなら「鍵っ子」と言っていいと思いますし、そこになんらかの"資格"的要素は必要ないです。これは↑でも言っているように間口を狭くしたくないからですね。

しかし作家論は温かく見守れないのは、その筆者が「麻枝准が目指しているもの」「共通するもの」と自身で題しているのに対してそれに見合っていない内容が語られるからでしょう。作家論を謳っている記事なのにデータが不足してる、そのせいで記事が歪な結論を導き出してる、そんなやりきれていないものを見たときに感じる気持ちはどうしても拭えません。

 

 

…うーん……これ、みなさんはどう考えますか? 私は彼らを温かく見守ればいいのかな……。

 

 

 

 書いてきた記事