猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

「ぼくの一人戦争+」(ミニゲーム)をやらずに終わる所だった。危ない危ない

スポンサーリンク

 

「ぼくの一人戦争」のミニゲーム

 

「ぼくの一人戦争+」とは、ノベルゲーム『ぼくの一人戦争』での戦いを模したタワーディフェンスゲームのこと。

模したもの―――すなわち本編の設定を忠実に再現したわけではなく、あくまで遊ぶ為のゲームなため内容が変質しています(敵が永治ではなく人魂など)、ですがそういうものだと割り切れば問題ないでしょう。

 

このミニゲーム、本来ならば『ぼくの一人戦争』の本編のおまけして組み込まれていても不思議じゃない出来なんですが、何故かメーカー公式HPでDLして遊ぶようになっています。

ナゼーダー。

DLはこちらから→http://www.akabeesoft2.com/bokusen/dl.html

(※起動には『ぼくの一人戦争』が必要)


なので本編を終わらせたあと、「ぼくの一人戦争+」にずっと気付かないままの人もいるんじゃないのかなと思いましてこの記事を書いてみました。

とくに、公式HPを熱心に見ないユーザーだったりすると尚更……というか私がそういう人で本編終わって結構経ってからこのミニゲームに気付く有り様。危ない危ない。もしかしたらずっと気づかずにいたかもしれない。

 

 

「ぼくの一人戦争+」はおもしろい?

 

 これ一本でお金取れるかは置いておくとして、少なくとも本編のミニゲームという立場ならアリです。面白かったですよ。

 

最初は味方キャラ配置して自動攻撃/任意の必殺技を放ってればいいのかなー、戦略性ないなーなんて思っていたんですが、そんなことはなく、ゲームが進むにつれて「キャラを配置する場所」「味方を本陣に呼び戻すタイミング」「HP残量の管理」「コスト管理」「必殺技の使用タイミング」とわりと頭を使う場面が多くなってきます。

それもリアルタイムで↑の全部行わなくてはいけないので、プレイヤーに焦りが生まれる構造になっているのもグッド。燃えてきます。

 

後半のステージでは、敵の数増大+キャラ配置フルメンバー(自動攻撃)によってPCの負荷が増すので貧弱なPCでは処理落ちしちゃうかも。

ちなみにしのぶちゃんは最初使えないと思うかもしれませんが、彼女はやれば出来る子でレベル3つ上げると化けます。上会モード(=ユーザーの任意タイミングでゲーム難易度を上げられる機能)でも彼女がいればソコソコ安定しますので気に留めておいてください。

プレイ時間はおよそ1~2時間。あっという間に時間忘れて遊べちゃうとこは良いですのー。クリックカチカチ。

 

ちなみに最終ステージ・最初から常時上会モードでSランク取りました。やった! とはいえ誰でもやり込めば出来るレベルだと思うんですけどね、でもやり遂げた時の達成感はひとしおです。

 

f:id:bern-kaste:20151017122018j:plain

 

 『ぼくの一人戦争』はプレイしたけど、こっちのミニゲームは知らなかったっていう人はこの機会にどぞ。公式へGO。

 

 

 

 

 

ぼくの一人戦争 Solo Piano Arrange Album
あかべぇそふとつぅ
売り上げランキング: 545,271