猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

メガストアは積みゲーを加速させるあーれー

スポンサーリンク

メガストアは「お手頃な値段で期待値の高いギャルゲー」をプレイできるナイスな雑誌。

しかし半年もすればお目当ての号は在庫切れになるのは必至なため、欲しい作品が収録していれば(今プレイできるかどうかは勘案されることなく)何が何でもポチることに。

その結果待っているのは積み上がる作品あーれー。プレイできる時間がない、プレイできても購入した作品を上回るほどプレイできない、そして次々にそそられるメガストアが発売され以下ループ。

 

積みゲーの循環に陥ると、個人的にあまりよろしくない精神状態になるので、2年前にダメ絶対宣言したはずなのに同じ過ちを繰返しているだと!ばかか! 

最近のメガストアは欲しいと思える収録作品が立て続けに発売されるので、嬉しいのだけれど苦しいですねハイ(遠い目)

私的にはひとつやったらひとつ買う環境がとてもいいので、出来る限り手元に「次プレイする作品」を置いておきたくない人だということは自分でも分かってるはずなんですけどねー。

メガストアはその「時限制」と「魅力的なコンテンツ収録」の強さから買わなくてはいけないと(思い込ませる)状態に私を陥らせている気がしなくもない。

いや、メガストアが悪いわけではないんだけど、ただやはり在庫切れしなくなる体勢だったら嬉しいなーと思うわけですよ。『神樹の館』の号再販してくれないかなあ……定価で買いたい。

メガストアにより私みたいな状態になっている人結構いそうな気がするんですけど、どうでしょうか。そんなことない?

 

 

それでは、良い記憶を。

 

.・関連記事

 

 

神樹の館
神樹の館
posted15.07.22
メテオ (2004-09-24)