猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

映画館が嫌いだと言って2年が経った

スポンサーリンク

トイ・ストーリー3 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

 

映画館が嫌いな理由は「音が汚い」「値段が見合わない」「マナーが悪い観客に不満が募る」の3つです。

映画館の最大の魅力はその設備でしょう。20mを超す大きい画面に、サウラウンドSystemによる家では絶対に流せない立体感ある大音量・音響の2つがポイントであるのですが、そのどちらとも私にとっては良きポイントにならない。

何故ならまず画面ってその大きさによって適した「視聴距離」というものが存在します。解像度によってもその算出方法が変わってくるらしいですが、フルHDならば画面の高さの3倍、4Kならば画面の高さの1.5倍*1となっている。しかし映画館では座席数の関係により、その適した位置に毎回座れるとは限らない。

そしてその位置を獲得することも(早起きしたら予約したりといった)行動コストがかかるし、なにより画面って40インチを超えてくると大きければ大きいほどいいとはなりづらい。

 

さらに言えば、IMAXといったリッチな映画館ではなく、一般的な映画館の場合音響設備がボロボロな所が多い。

たぶんこれ気にする人ってあまりいないと思いますが、ただただ音量を大きくしているだけ、低音がぼわぼわしてるだけって感じです。音の明瞭さや音場、豊かさ、解像度を意識してみると「なんだこの汚い音は……」となることが多い。

私は別段耳がいいわけでも、聴覚認知が高いわけでもないですが、もう明らかに自分家で合計金額10万以下の音響機材を揃えるだけで映画館の音には勝てると思いますよ。Timedomain製品で創り上げられた映画館とか出来てくれたら嬉しいですね。それくらい(新宿のバルトとか……)ダメな所多い……のですが、ただ私がよい映画館に行ったことがないだけかも。

あともうひとつ文句を言わせてもらえればそもそもサウラウンドSystemなんていらないんですよ。

音を分離することで低音・中音・高音がなめらに繋がりあわずちぐはぐになっていたりするわけなので、2chで十分です。というより2chのほうが圧倒的にいいと思うんですけど、まこれは個人の嗜好かもしれません。

……というかなんで音響設備にお金かけないんだろうなあ……。あるいはお金をかけていたとしても、投資するメーカーや機材をもっと別の所にしたほうがいいのではないかなと思ってしまう。一般的なライブの音響機器も(私は4回くらいしか行ったことありませんが)全体的に音が悪くてもにゃもにゃする。


あとまだまだいろいろ嫌いな部分はありますが、要するに「自分の家で見る映画のほうが快適なので、わざわざストレス受けてまで映画館には行きたくない」と語ったのが2013年の2年前でした。

 

2015年現在でも、その想いは変わらず、やはりレンタルして自分家で見るのがよいですね。物語を誰かと共有して見るよりは、一人で見るのが好きなことも関係しているのかもしれません。

映画館で見るっていうのは(誰かの付き合いに関わらず)、大勢の見知らない人間と一緒にコンテンツを視聴するということですから。

それが嫌ってわけじゃないですけど、マナーが悪い人がいると集中が切れてしまって萎え萎えになる事が何度かあったのでその場合はそこに居ること自体が嫌になることもあります。トイ・ストーリーで一人で映画にツッコミを入れていた男性を思い出す白目)