読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

伏線という言葉の代わりになる単語はなにかないかシらん

思考の種子
スポンサーリンク

f:id:bern-kaste:20150605000710j:plain

*1863文字の思考整理。読まなくていいと思う

作品語りにおける「伏線」という言葉を使うのが苦手なので、代わりになる言葉をつくりたいなという記事。伏線っていう単語を使うなと言いたいわけじゃないのでそこをひとつ。

 

 

伏線を張るとか、伏線があるとかそういうお話

 

「あの作品は結局●●の伏線を消化できてない」という批判よりは、「この作品の伏線すごい!」という賛美的な使い方が苦手なのかもしれません。

私自身、練度が低い作品に対してそういった言い回しを使う事がありますし、明らかにキャラクターが物語が進める上での「駒」になっていたり、劇中に登場する要素要素が半端に使われ結局ふりかえってみると使い尽くされずじまいだったこともあるでしょう。

こういった作品に大して「批判的」な「伏線が回収されてなかった」物言いであれば私は何故か受け入れられるんですよね。というか使うことに抵抗はありません。フシギですね。

けれど物語を褒める・絶賛する場合においてだと途端に苦手になってしまいます。

G線上の魔王は最高だと言う時に「伏線」という言葉を使いたくはないですし、天元突破グレンラガンやグリザイアの迷宮(原作)に対してもそういった言い回しをなるべくなら避けたいです。

なぜ、練度が低い作品に対してならば寛容で、練度が高い作品に大しては拒絶するのか。

おそらくですが、好きな作品に大して"誰か"の意図が作品に反映していると遠回しに言っているいるように聞こえるかもしれません。(自身で使用する場合でも)そういう前提を伴った上でのお話は好きではないのでそこが原因かなー……とかんがえます。

 

【関連記事】

(上記事を書いた動機もそこらへんが要因です) 

 

ひとつ言えるのは、これは私が"そう思う"だけなので他者に対して強要しているものではないということですね。

とにかく私は「伏線」という言葉以外の言葉をつかって、そういった作品を絶賛し褒めたいのです。違う言い回しで、その作品の魅力を伝えられる「表現」をもっと磨いていきたいということかもしれません。

 

 

ほかの言葉をさがす

 

伏線とは「のちの展開に備えてそれに関連した事柄を前のほうでほのめかしておく」という意味の言葉です。

この言葉っていわば「外側視点」に立ったものなので、できれば「内側視点」に立って状態で言える言葉はなにかないかと思う次第ですね。ただ"作品を語る"行為自体が、そもそも外側の視点なわけなんですけど、そこらへんは華麗にスルーしましょう。

1つは、その作品にあわせた言葉を紡ぐということ。これなら「単語」という単位の言葉が必要になるのではなく、「文章」になります。うまく記述すれば外側的な物言いの要素も消え失せますし、表現も「伏線が回収されてる」「伏線がすごい」よりは魅力的なものになると思います。

例としては、「序盤に張り巡らせている要素が後半で回収される様子が最高だ」……いやこれは微妙ですね……。

いや思ったんですが、「伏線」の意味を別の言葉に置き換えても言おうとしていることが同じ意味なので、全部外在的な言い回しになってしまうのね。

そもそも「代替」を探すことじたいが無意味ってわけですか。

いや違う。前提が違っていたっていうわけね。

 

「伏線という言葉の外在的な言い回しが苦手」ではなく、単純にこの言葉の見栄えと語感が美しくないっていうお話なのかも。だから別の言葉に置き換えたり、代替するっていう発想が生まれたのか>自分

こうなると簡単で、自分が好きな表現を散りばめられればいいってことになりそう。物語構造の言及する場合においても、とにかく伏線よりはもうすこしましな表現をしたいという動機なのかもしれんね。

(現時点)519記事書いてきて、伏線というワードを使った記事は2つ。そのうち1つはこの記事を書くよーという前振りの記事だったのでノーカンにしておこう。つまり1つ。

前々から、たしかにあんまりこの言葉使わないようにしていたのも、単純にもっといい表現で紹介したいとか、感想言いたいってことだったのかもねーと。今後もそういった指針でいってようと思います。

おわり