読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

2chまとめブログの生産性の無さを敷衍していくと個人ブログもまた一緒かもしれない

スポンサーリンク

8年前、私は2chまとめとカテゴライズされるものをよく読み、某サイトの今週放送された不特定多数のアニメ感想から、声優の不祥事、製作者の声、他ゴシップ情報といった情報を介しながら周りの友人達とコミュニケーションを取っていた。

しかしある時から、某2chまとめをぱったりと見なくなってしまう。

 

「こないだの○○(の記事)見た?」

「いや見てない」


ということが多くなってきた。

友人と私、片方がそういう状況になったのではなく段々とお互いに読まなくなるというものだ。その理由としては「2chまとめを読むことの不毛さ」に気付き始めたのだと思う。


「思ったんだけど…■■を見ても……こう…なんて言うか得るものないよね」

「そうだね…」

「その場その場の情報が多いというか、「で?」で終わるものが多いというか」

「うん」

 

そうして私は「生産性が無いからだ」という結論を下した。某サイトの情報を読んでも得られるものが無い……いや?新着情報、新譜情報、新番情報といった「情報の早さ」による利点はいくらかあるかもしれないが、別に知らなければ知らないでいいものだし、またいつか気づく類のものであり、気付かなくてもいいものだったりもする。更に言えばそこまで早さに拘っているわけじゃない私からすると無視できる情報だと言って良かった。

―――良い情報とは次の良い情報を生み出せるもの

と誰かが言っていたがその通りだなと思う。"自分にとって"追い求めるテーマがあり、その中で土台となったり加速してくれる情報は有益だ。

逆にいくら世間的に"良い"情報だとしても自分の求めるものではにならばスルーしてしまうし、無益な情報とさえ認識するものだと思う。だからここで言う「生産性」とは、その情報を受け取って自分の血肉になるものが生産性のある情報・良い情報であると置き換えてもらって構わない。

この意味で2chまとめは私にとって無益であった。

対してChikirinさんのブログが有益だと感じるのは、彼女のブログが(賛否両論ありながらも)大量の読者を抱え愛読されている要因のひとつにこの「自己の考えを加速させる情報が多い」からだと考えている。ここは情報の真偽に重きを置くというよりは……読者の思考フレームを更新させてくるような記事が多い故に、読者が"記事を読む"というインセンティブになっているのではないだろうか。


多眼思考 ~モノゴトの見方を変える300の言葉! ~ 多眼思考 ~モノゴトの見方を変える300の言葉! ~
ちきりん
大和書房
Amazonで詳しく見る

 

"自分にとって" という前提を加味しつつも、殆どのブログは「読者の考えを加速させる」情報を生み出し続けるのは難しいし出来ないと思う。ましてや狙って書ける人となると限られてくるのではないだろうか。

故に有象無象のブログが読まれる動機は「暇潰し」が大きな割合を占めるのではないかと考えている。その管理人のファンだから、文章が巧いから、彼の日記が面白いからと細分化された理由はあると思うがざっくり括るとそれもまた「暇潰し」ではないか。どうだろう?

何らかの考えを加速させるためにそのブログを読んでいるのではなく、「暇潰し」のために読んでいるならば、そうであるならば、数多のブログは2chまとめと変わらない生産性の無い情報発信地となってしまうのではないか。

私は毎日継読している(あるいは流し読みしてる)数十のサイトがあるが、しかしこれも考えてみると、一瞬の快楽、ちょっとした楽しみを読む目的にさせてもらっている事が殆どだと思う。そしてこの猫箱ブログもまた同じであろう。

「思考を加速すること」を読む動機にしているブログはいくつだ……?と数えてみると片手で足りてしまう。やはり少ない。

 

 

有料メルマガ・ブロマガを購読しようとすること

 

今までお金を払ってメルガマ・ブロマガを購読したことがない。

これは「無料が当たり前の情報をお金を払ってまで買うことの抵抗」もあるのだが、「その情報を得てどうすればいいのだろう?」という思いもあるからだ。その情報を取得して活用できなければ、お金を払ってまで読む価値があるのか?と思ってしまう人だからだ。

有料の情報に対して活用せずともいい、糧にならなくてもいい、今すぐどうするかではなく長期的視野で見ていつかそういった情報が自己内に蓄積し芽吹くことを待つ人だっていると思う―――が私はそれが出来ないというだけなんだろう。

特にアニメ系ブロマガは読んでみたいと思うものがいくつかあるのだが、著者のoutputされた情報を私はうまく糧にできるのか……と考え始めると躊躇してしまう。そして、それらはそこまでして読むもんなのかね?という思いももちろんある。

ただ購読する前から決めつけるのもあれなので、幾人かのメルマガを読んでからここは判断しようかなと思う。以下の記事を読んで背中押されました。

 

はい、まずこれがメリットその1「直近のニュースに対する、有識者のコメントが読める」です。自分が尊敬している、もしくは注目している著名人が、どういったニュースに関心を持ち、どういった感想を抱くのかを知ることができるのは、ビジネスや経済に関心のある人たちに取っては、非常に有意義な情報源だと思います。書籍だと、どうしても発売までタイムラグがあるし、細かいニュースの動向まで追えませんが、メルマガだと、まさにリアルタイムで、発行者の所感を知ることができます。 


――僕が有料メルマガを購読する理由 その1.ニュースこそ、情報の宝庫!? - 30過ぎの一般事務職(男)の日々雑感

 

もしかしたら今後は購読したメルマガを(書ける範囲で)感想を書いていくかもしれない。

(終) 

 

マーケット感覚を身につけよう マーケット感覚を身につけよう
ちきりん
ダイヤモンド社
Amazonで詳しく見る 

 

アニメ「評論家」宣言 アニメ「評論家」宣言
藤津 亮太

扶桑社
Amazonで詳しく見る

 

 ――次回予告

ライトノベルとアニメの差異」