猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

1つのソシャゲーを永久に続けられないのは何故だろ?(2250文字)

スポンサーリンク

f:id:bern-kaste:20150130031739j:plain

 

ソシャゲーは運営がサービスを終了しない限り、永久に続けられるゲームだと言ってもいい。

日々増設されるイベント、修正し続けるシステム、引き伸ばされていくMAPにラスボスがいない物語。これらは言い方を変えればゲーム内で終わりを否定している

そんな永遠に続けられるソシャゲー、でも続けられない。続けられなくなってしまう事が度々私にはある。ふとした拍子に「なんてツマラナイんだろう」と飽々してスマホを叩いていた親指を止めてしまうのだ。

まどマギオンライン」「艦これ」「黒猫のウィズ」「ABOW」「グランブルファンタジー」……と今までソシャゲーをやってきたが2ヶ月以上続けられた試しはない。

始めた頃は(全部似たようなSystemながらも)面白くプレイできていたが、その内「無課金の壁」とでも呼べるものが現れる。それは装備の質だったり、仲間の質だったり、便利アイテムの数が一定以上無いとあるミッションをクリアできないとか、冒険が効率よく進められないといった事態に陥ってしまう。

この「壁」は、課金をすれば回避できると分かりつつも私はしない――ソシャゲーでクレカ破産した友人を見てきたからというのもあるがお金を使いなるほどの魅力がこれにはない――そうしてだんだんと面白くなくなっていき、飽きて、やめてしまう。これのエンドレスリピート。

 

 

けれどよくよく考えると、それって "普通" だよねとすら思える。

だって大体のゲームって「二ヶ月以上」もプレイしないんじゃないかな。一ヶ月もやれれば上等だし早いと3日で終わることなんてざらだ。そりゃほんっとーにハマったゲームであれば別なんだろうけれどさ。

そもそも私はゲームに半年、一年以上もかけてやり尽くすということはないよなとふと気づく。

RPGなりSTGなりADVは必ず「終わり」が用意されているものだし、あるいは「終わり」を迎え残された細々とした要素をこなし全クリして電源コードをぶち切るかの2つに1つだ。

そういう意味では2ヶ月ほどでソシャゲーを止めてしまうのも、(自分にとって)予定調和であり通常だなとすら思える。

 

 

らくえん ~あいかわらずなぼく。の場合~ らくえん ~あいかわらずなぼく。の場合~
Windows

TerraLunar

Amazonで詳しく見る

 

 

ソシャゲーが面白いのは始めて2週間くらいまでで、それ以降は「無課金の壁」にぶち当たる、と先に言った。(全てがそうだとは言い切れないが私の感覚ね)そして、そこから先プレイし続けるというのは「終ったゲームをプレイし続けること」に等しいと思う。

プレイヤーがゲームに対して何らかの"超外的な行為"(=ここでは課金)を加えなければ、そのゲームがツマラナイままだと言うのならばそれはもう終ってるゲームなんじゃないかな。

そりゃ……続けられないわけだぁ……って思うよ。

終ったゲームを続けるってことは、RPGで言えば裏ダンのラスボス倒して全ての装備集めてイベントを終わらせてレベルをカンストさせた状態で――好奇心がなくなった世界で――剣を振り回しているってことだから。

謎がなくなった世界で、不思議が朽ち果てた世界で、一体何をすればいいというのだろう?

この時、ゲームを終わらせたくない人はお金を突っ込んで延命処置をはかる。好奇心が失いかけている世界で、好奇心を取り戻すためにガチャをぶん回し強いアイテムを呼びだそうとする。

終ったゲームを、それでも終わらせたくないプレイヤーが課金勢と言うのではないかな。(言う必要ないと思うけど課金勢が悪いとか良いとか言っていないよん)

    ◆


ちなみに私は物語であれば、プレイ終了した作品内の気になった言葉をすべて書き写して、書き写した言葉すべてに感想を逐一書いていくスタイルを取る。

この行為は早ければ一週間で終わり、長ければ1~2ヶ月くらい時間がかかる。

逆にいえば「1,2ヶ月」しかこの行為に取り組めないということでもある。読解中、必ずと言っていいほどに途中で息切れを起こし途中で読解を投げてしまったり、あるいはガス欠を起こしながらへとへとで感想を書き上げてる感じだ。「最果てのイマ」「はつゆきさくら」「水月」「SCE_2*1はホントそんな感じ。

これってソシャゲーをプレイして飽きて止めるまでの「期間」と大体一緒なのが興味深い。

たぶん私は「終ったゲーム」に対して、それでもプレイし続けられる期間は「1,2ヶ月」なんだと思う。自分のエネルギーというか、熱量というかそういうものがそれくらいしか保てないんだろうね。次のゲーム!次のゲームやりたい!!!!ってなる。

一つのゲームにずーーーっと接し続けるのってそれこそ無理ゲーなのかもしれない。

そして強引にまとめるならば、ソシャゲーを永久に続けるならば永久に課金し続ければいいのかもね。とはいえそれでもいつかは限界はくるとは思うけれど(感情は有限なのだ)、その終わりの時を限界まで引き伸ばすことは可能なんだと思う。

 

 

艦これジャーナル 艦娘たちのお正月 艦これジャーナル 艦娘たちのお正月
「艦これ」運営鎮守府

KADOKAWA/角川書店
売り上げランキング : 4058

Amazonで詳しく見る

 

 

艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 艦娘型録 (カドカワデジタルコミックス) 艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 艦娘型録 (カドカワデジタルコミックス)
コンプティーク編集部

KADOKAWA / 角川書店

Amazonで詳しく見る

 

*1:SCE_2は最後のほう辛くて辛くて心折れそうになるし、実際折れて途中で考察記事として投下しちゃう始末(涙) 『ひぐらしのなく頃に』でよく言われる「出口があるかわからない迷宮で迷い続ける」ってこういうことなんだな……としみじみした。もう無理もう無理といいながら考察してく感じ最高にマゾ