猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

芸能人を妄想すること(2289文字)

スポンサーリンク

 


芸能人を好きになったことがない。

この「好き」になるというのは「ファン」という意味で、グッズを買ったり著作を読んだりライブやトークイベントに行ったりするくらいの好きのこと。あるいはもう少しレベルを低くてして、「この人好き」と思ってしまう程の好きでも構わない。

それが思い出せる限り無い。……と思いつつ、実は1人だけ「この人、好き」と該当する人がいる。著作を読んだこともその人の仕事を拝見したことも殆ど無いので、ファンといっていいレベルではないけれど、それでも好きな人はいる。(テレビは一度だけ拝見した)

その人(以下、彼)が書く記事に対して賛否両論真っ二つに分かれる時がある。どちらかというと「信者」・「アンチ」という分かれ方が多い。

この時、私は、否定している人の意見をたまたま見てしまうことがある。Twitterの強制閲覧拡散System「RT」によって、「こいつの☓☓の部分の物言いが気に入らない」(要約)という文面を見てしまうといやいやそうじゃないんですよ彼が言いたかったのはこうこうでこういう文脈で話しているんですよとツッコミたくなってしまう。

もちろんツッコまないしただ静観している。

確かに彼の記事は、ある文脈によって話していることが多く(それは深いメッセージであるほど物語のことで)、その物語を読んだことがない場合、そういうふうに記事を解釈されてしまうのは仕方がないのかもしれない。

そして彼が何を目指し、何を目的にして、どんな動機でネット上で行動しているのかも「ある物語の文脈」を知らないとちんぷんかんぷんな場合が多い。だからその文脈が判らなければ「一般化した文章」として捉えられるしかなくなるし、そこで理解の摩擦が起き、書き手が伝えたかったことがズレていく。

※《頭の悪いツッコミされるのは面倒なので一応言っておく。私は物語においてならば(作品に即した上での)多様な読みは許容できるし文脈はいらないと断言する側だ。けれどもちろんそれは現実上での出来事や、生きている人間とのコミュニケーションでは通用しない。あくまでも物語は「独立した世界」だからこそ文脈廃絶は可能になるだけのことである。もしもここで当該要素に揚げ足取りをするようなツッコミをするとしたら、文字が読めない人か、あるいは大脳が壊れたメンヘルだろう。》

私はたまたまその物語を知っているから、彼の言い分を分かるし、何を伝えようとしているのかも大体理解できると思っている。というより彼自身「この物語のように」と発言していることから明らかだ。

みんなが笑い合える世界、互いを許せるようになること、被害者が泣き寝入りすることは許したくない……そういった事柄は一般化して読むと「ナニイッテンダこいつ?」とならざるを得ない。

とは言え、その物語文脈を理解している(と思っている)私ですら、それは理想事でしかないとは思う。綺麗事だといっても言い。無理だよ無理無理そんなの絶対実現なんてしないよ……『結城友奈は勇者』の東郷さんのように絶望している。絶対不可能だよって思っちゃう。

けれど彼はそれを本気で思って、本気で実現させようと動いているからこそ魅力的なんだろう。

それはあたかも友奈ちゃんのように「嘘じゃない! だって私がそう思っているから!!」と根性で道理を蹴飛ばし、そういった"現実認識"があるとぶん殴りながら示してくれることに近い。(←こんなふうに『結城友奈は勇者』を見たことがない人は「一般化した文章」としてしか読めないでしょ? でも同作品を知っている人は、今私が言った意味が "どういうものか" 体感として理解できるわけです。この差は大きい。

 

結城友奈は勇者である[最終回]。この冷たい世界を受け入れよう、そして 

 

アンチの発言に対して「彼はこう言いたかったんですよ」と言いたくなっている時、

確実に私は「彼の気持ちを代弁しようと」している。何故か彼の気持ちを自分は分かるんだと思い込んでいる。これは怖い。勘違いにも程がある。実際にリアルで会ったことも無ければ話したこともないのに何故こんな勘違いをしているんだろう。分からない。分かるのはストーカーや、ファン心理といった気持ちに対して少し理解を得られたことだけだった。(とても大雑把にだが)

きっと有名人や著名人を好きな人は「あの人のことを私はよく理解している」と思っているだろうし、あるいは「一番分かっている」と思い込んでいるのかもしれない。もちろん全員が全員ではないが、そういった人たちの気持ちの片鱗を味わったと思う。偏見かもしれない。

これが何の関わりもない、大真面目に話したことも笑いあったこともない他人に対して「内面の忖度」をしてしまうことなんだ。

知人や親密な関係にある人ならば別にいいとは思うんだけど、ただのファン(あるいはそれ以下)の私がこれやってしまうのはまずい。自分の考えは「ただの妄想」であるとちゃんと理解しておかないいけない。でなければ失礼すぎる。



俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している (角川スニーカー文庫)
俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している (角川スニーカー文庫) 春日部 タケル,ユキヲ

Amazonで詳しく見る by AZlink