猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

ブログ運営は1人だと限界が(1205文字)

スポンサーリンク

 

ブログを1人で運営していると「メディアの幅」に限界が出てきます。何故なら1人分の知識と経験しかそのブログ上では反映できませんし、それ相応の思索しか表現できないからですね。

もし2人で運営するならば単純に考えて倍の「メディアの幅」が実現するはずです。 

 ツンデレ禁猟区 ~もっとやめて!~ あさると。さんは弟さんとお兄さん2人で運営しており、弟さんがコンシュマーゲーム、お兄さんがeroge担当になっており見ていていいな!と思っている自分がいます。

なんというか羨ましいです。複数人でブログ運営することは片方が忙しくなったとしてももう片方の手が空いているならば記事を投稿できるので、「更新停止」という悪魔の事態を避けられますし、なにより1人で運営するよりメディアの幅が広がるので記事の色彩が豊かになるのではと考えますから。

私も誰かと共同でブログ運営したいなあと。そして楽したい。いや別にこのブログは義務感で書いているわけじゃないですけどね。

あるいは自分と対極の作品姿勢の人を向かい入れて、「外部文献もってくんじゃねえ!」「うるせえ!内在的に読んでんじゃねえよ!」とブログ上で泥沼化現象を引き起こし(白目)そして物語性の違いにより解散するわけですね分かります。

冗談はさておき、単純にメディアの幅を広げられたらいいなーと思うわけです。まあこんな小さな場所の質を上げたからといって何がどうなるかっていうわけじゃないんですが、単純に「面白そう」というだけですね。うむうむ面白そう。

これをローリスクで実現できるのが、「他者から記事テキストを預かり、それを自ブログで投稿する」というものなんですが、わざわざこの猫箱ブログでそれをしてもいいという人がいるかというとおそらくいないんじゃないかなあ…。(メリットないものね)

例えばその方のブログの宣伝を兼ねるとしても、ここはそんな大きいわけではないのであんまり力になれそうにないですし。むしろ逆に私がやれっていう感じでもあります。

他所様のブログに自分が書いたテクストデータを載せて頂いたこともありますが、基本的に「物語」に属する記事はどこかに放出するのではなく自分のブログに集約したいんですよね。

なんだかもったいないと感じてしまうなと。

って考えると自分の記事を「誰かに見てほしい」のではなく、「保存したい」っていう気持ちがやはり大きい。ブログをメディアの場所ではなく「知の容器」としか捉えてないですもんね。

じゃあメディアの幅とかどうでもよくない? その通り。ただそういう行為に「取り組む」ことが楽しそうだなと思うわけでワクワクするわけです。わくわく。

ふむ。これはリアルの誰かを巻き込めよという啓示なのかも(ぎらり)

 

「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記
「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記