猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

結城友奈は勇者である9-10話。もう終わりにしたいこんなこと、こんなことっていうとあれだけど

スポンサーリンク

f:id:bern-kaste:20141212135625j:plain

*2051文字

人間に勇者の使命はそもそも無理があったのかなってちょっと思っちゃうよね。

 

 

変身


結城友奈の変身シーンがなにやらかっこいい。

この右腕を引いて左腕を広げる感じがたまらない。ジャキーン!って感じがする(いやしないかも)彼女のポーズだけお気に入り。

f:id:bern-kaste:20141212135820j:plain

というかねジョブがナックルでいいのかな? 大剣・銃・拘束具・二刀流のなかで一人だけ異色の拳が武器っていうのが琴線に触れる。やっぱり肉弾戦はかちょいいのである。

"斬る"っていうアクションも好きだけど、"殴る"っていうアクションも同じくらいに好き。

 

慟哭

なんでこんな目に合わなきゃいけない
なんで樹が声を失わないといけない
夢を諦めないといけない


世界を救った代償がこれかああああああ!!!

――風

世のため人のために行動するとき、必ず「見返り」を思い描いてしまう。こんなにやったんだからそれと同じくらいの報酬を受け取るべきだ……という考えが頭を過る。少なくとも自分が大事なものは壊れないでいて欲しい―――それくらいは願いたいと。

命を賭けた分の代償が、大事だったものの崩壊だったとき、その理不尽さに人は耐えられるのかな……。いや風先輩は……。……このあと風先輩はゆうなや樹との会話でなんとか怒りを抑えこみ押しとどめさせた。でもあれは「もう敵がこない」「もう身体を欠損するリスクを負わない」からこその納得だったように見える。

でももちろんそんなことない。これからもずっとバーテックスと戦い身体を欠損させ命を燃やし尽くしていく。大好きだった日常は完全に崩壊し、手に入ったものは憤怒と不満だけだ。

努力が徒労だと分かったとき、積層したものがゴミだった知ったときその理不尽さに―――。

 

 

 

勇者部の実態は

「勇者部の活動目的は、世のため人のためになることをやっていくこと。各種部活の助っ人とかボランティア活動とか」

「世のため人のためになることー」

「うん。神樹様の素敵な教えよね、といってもあたしらの年頃はなんかそういうことしたいけど恥ずかしいって気持ちあるじゃない? そこを恥ずかしがらず勇んでやっていくから勇者部!」

――風、友奈

 勇者部って「勇者部」だって思ってた。世のため人のためになることをやる、子ども達のお世話や人形劇の演目づくりや部活の助っ人などそれは「勇者部」ゆいつの価値でそのものだと。

けれどもいざ風のポスターを見ると、あれ?これってボランティアとか篤志部と一緒じゃない?ってなってしまう。

そう内実は一緒だったんだ。中身は同じだった。でも私は今までそれに気が付かなかった。「勇者部」は「勇者部」だとしか思っていなかった。

言葉はラベリングという要素を持つけど、やっぱりそれだけじゃなくて言葉によって概念が区切られ意味が生まれていくんだなと再認識する。

結城友奈たちの活動に「ボランティア部」と名付ければ、その活動はボランティア部になる。けれど「勇者部」とするならばその活動は「勇者部」としての機能を持ち始める。

例え内実は一緒でも、たぶん些細な部分、微細な部分で全然違ってくるんじゃないかな。だって私が今まで思ってた勇者部はボランティア部なんかとは違う。やってることは同じでも、行き着く未来が違うといえばいいのかな? あるいは進める幅が違うといえばいいのか。

とにかく「勇者部」と名付ければ、そこには勇者という概念を注ぎ込まれるものになる。世のため人のためが勇者としての文脈を持った意味になる。

ボランティア活動だったらしゃらくせえ!ってなるけど、勇者活動しよ!ってなったらよし!ってなる。伝わるかな?伝わらない?

 

 

もうみんな死ぬしか

考えなきゃ
考えなきゃ
みんなを助けなきゃ

 

……あった
たったひとつだけ……

――東郷

この事態の中でみんなを助けられる方法なんてあるっけ?……と思ったらやっぱり神樹様を殺すことか……。

世界を守る意義がもう無くなってしまったんだからそりゃそうだよねとなる。

というかもう手札ない。万策尽きた。これからは2つの選択を迫られどちらかを選ぶしかない。

・バーテックスと戦い続け生き地獄を味わうか

神樹様を殺し人類を死去させるか


もうね、ここまできたら東郷さんの選択は十分にありで、もうみんな死ぬしか無いんだよ……。でも結城友奈ちゃんだったらバーテックスと戦い続けることを選ぶんだろうか……勇者だから? 

勇者っていうのは人類の奉仕者ってことなのか? 自分の幸福を投げ打って人類に尽くす? それとも人類に尽くすことが勇者の幸福になっている? 

でも、それってもう"人"じゃなくてただの"超越者"だよ。いや超越者だからこそ人類を先導できるのだろうけれど。勇者だもん勇者だもん勇者だもんだよもん!

 

そしてここから上記の2つの選択以外の選択肢が出るんだとしたら、それはもう超外的な存在による世界干渉しかないわけで……でもそんなの見たくないわけで……でも救われて欲しいと思うわけなんだけどね。いやもうみんなし―――

 

 

<関連>

結城友奈は勇者である 1 [Blu-ray]
結城友奈は勇者である 1 [Blu-ray]

 

 

鷲尾須美は勇者である
鷲尾須美は勇者である