猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

誰かのブログを応援することについて

スポンサーリンク

 

記事の内容 

・ブログを応援することの弊害は「外発的動機に囚われさせてしまう」可能性があること。
・ここ最近読んでいるブログを1つ紹介。
・2558文字

f:id:bern-kaste:20141103005512j:plain

瞬希さんの記事を読みました。

「人のブログを育てる」という楽しみ方はあり? なし? - 灰色の棚

タイトルは「あり? なし?」と聞いていますが、私はありだと思ってます。せっかく書き始めようとブログを始めた人が「誰も来ない」とやめてしまう前に、ちょっと声をかけてみる。それだけで未来の面白いブログが増えるかもしれない。そう考えると楽しそうだと思うからです。

ブログって、自分だけでは続けるのってとても難しい。

いっちばーん最初に開設しはじめた時なんか誰も来てくれませんし、もちろんコメントなんて付かないのが殆どです。そんな空っぽな場所で自分が考えたことや日常生活をもくもくと書き続けられるのは一握りの人間だけです。*1

もくもくと好きなことを書き続けることが出来たとしても、ふとしたことで「何故実益に繋がらないブログに何時間もかけてるんだろ…」という気持ちを覚えちゃうものです。

それくらい「ブログ」っていうものは続ける為の動機を確保するのに手間取りやすいんですよ。

だから、誰かのブログを「応援」することでそのブログがよりよく続いてくれるのならばそのアクションを取るのはアリだと思います。

 

しかし私はちょっと懸念があるんですよね。応援することでそのブログが外発的動機に囚われてしまうんじゃないのか?と。

ブログを続けていくために、モチベーションをどこから調達するべきか? 1つの原因と3つの解決法


具体的にブログを応援することとは「こまめにコメントを残す」「相手のブログへ言及する」「ブクマ」「Twitterでシェア」などが考えられます。

こういったアクションは、上述した記事で語るように外発的動機を相手に与えることになります。

つまり自分が"反応"することが、その方のブログを続ける動機にせざるをえない状況を作ってしまうってことです。

ブログを続ける動機が「あの人から反応をもらうことだ」となってしまった場合に、その反応がなくなってしまったら。今まで自分が誰かにコメントを付けるなりして反応をしていたが、諸事情でそれが行えなくなってしまったら。

相手は"反応"をモチベーションにしていたのにそれがなくなってしまった。そうれば、じゃあブログをやめよ。という流れを作っちゃうんじゃないかと。

ただこれは内発的動機(=「アニメの感想を書くのが好きだからブログを続けている」というふうに自分の中で動機を生み出している状態)でブログを続けることにまだ成功していない、ブログ始めたての方が陥りやすいんじゃないかなと危惧しています。

内発的動機でブログ運営している人は、ちょっとの"反応"でそう簡単に外発的動機に流されるとは思えませんから。

 

そんなことを思っているせいか、私は知っている人のブログに反応するとき躊躇することがそれなりにあります。ゆえに簡単に反応しないようにしていたり……。

「ブログ読んでます」っていう言葉すら、言っていいのか、言ったらどんな影響が考えられるのか? それが頭のなかをぐるっとまわって結局やーめたなんてことがざらです。

―――ぶっちゃけ考え過ぎな気もしますけどね。自分のアクションが相手にそこまで影響を与えるかって考えるのは自意識過剰な気もしますし。でも考えちゃうのよ。

 

「ブログは内発的動機(とちょっぴりの外発的動機で)駆動させなければ長く続かない」

っていう思想を持っているので自分から相手にその外発的動機の割合を上げることに加担するのはなーって、ちょっとどうなのかなーって思っちゃうんです。

他所様のブログ紹介記事のだって投稿するかちょいちょい悩みましたもん→お気に入りのブログを紹介したいと思います。 - 猫箱ただひとつ

 

 

いやでもさ……


いやー……でも……ほんと考えすぎだよなあ……。

うーむむ。

ってことで考え方を矯正する為に、ここのブログ好き!読んでます!って紹介してみます。

 

huzai’s blog


『huzai’s blog』さんはアニメやラノベの話題が主軸で、それについて管理人のhuzaiさんが思ったことを形にしているブログです(という印象です)。

内容が充実した記事が多く、読み応えあります。 

ちなみに私が好きな記事はこちら。

分かる気が無いなら触れるな!! - huzai’s blog

好きな事なんて何も無い・・・私には何も・・・ - huzai’s blog

身体は言葉でできている。 - huzai’s blog


ちょっとしたことからhuzaiさんのブログを拝見し、それ以来全部の記事読ませてもらっています。(あ、いや俺ガイルに関する記事はネタバレ怖くて読めていなかったんでした。)

 

おわり


結局、応援することへの弊害はあるけれど、もう相手の状態なんて気にせず自分の好きなように応援しようぜ、したい。ってところに落ち着きそうです。

なーんか私はいちいち考え過ぎなんだよなあ。

 

 

 

*1:私なんて1つ目のブログは友達とのやり取りが楽しくて続いていたものですし、2つ目以降のブログは自分の趣味を書き続けるだけのものを作ったんですが3ヶ月で潰して閉鎖するという結末。それから何度も作っては続かなくなっての繰り返しでした。そんなこともあり「自分だけ」「内発的動機だけ」でブログを続けることってめちゃ難しいと思ってます。