猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

サキガケ⇒ジェネレーション!体験版感想_圧倒的なおっぱい率(1380文字)

スポンサーリンク

f:id:bern-kaste:20140826191854j:plain


 「倒れてやがる。おっぱい率が高すぎたんだ……」

  プレイ時間   4時間
  製品版を買いますか?   余裕があったら買ってもいいかな?くらいの気持ち

公式HP│サキガケ⇒ジェネレーション!

  

『サキガケジェネレーション』のポイント

f:id:bern-kaste:20140826030942j:plain

・圧倒的なおっぱい率

・エンタメ研で皆でわいわい『ウィジェネ』というゲームをする。

・日常系っぽい学園モノと思いきや……?

 
「安定」とか「安牌」っていう言葉を使いたくなるようなゲームなので、日常っぽい雰囲気が好きな人に良さそう気します。あんまり考える考える系のゲームではなさそう。

こういうゆるい日常嫌いじゃないけれど、今は刺激的なものがプレイしたい気持ちになっているのでもし買うとしても『サキガケ』は後回しになってしまうそうです。

以下、『サキガケ』のプレイ感想をば

 

 

 

「東京」というブランド力

f:id:bern-kaste:20140826192041j:plain

「だって……ちょっと優等生然とした転入生を演出したかったんだもん……。そうしたら、埼玉よりは東京の方がなんていかこう……」

――杏音

東京ディズニーランドと同じ発想だよねーと。あそこ実際は千葉県にありながらも名前に「東京」を入れることで最先端とか新しいと都会といったイメージが付与されているような気がする。これがブランド力って奴だよね。

千葉ディズニーランドとかだとしょぼい感じだし、また「東京から転校してきました!」と「埼玉から転校してきました!」じゃ東京のほうがなんか「いい感じ」するもの。たいして埼玉はなんか芋臭いイメージがある(ひどい!)

 

 

おっぱい率

f:id:bern-kaste:20140826192413j:plain

「倒れてやがる。おっぱい率が高すぎたんだ……」

――りりこ

この圧倒的なおっぱい率は流石と言えばいいんですかね……! というかおっぱいが大きすぎて私はうまくおっぱいだと認知できないんですがそれは果たして……?

 

 

効率よく、濃度を上げる

f:id:bern-kaste:20140826192414j:plain

「それに、今のところの私の結論は、自分が効率よく楽しむためには、如何に周りのみんなを楽しませるかってところになってるし

「やっぱり、みんながいっぱい楽しんでくれたら、自分もさらにいっぱい楽しくなれるじゃない?」

――なつめ

ゲームのプレイ時間をとても大切にしているなつめは、その一分一分をいかに効率良く「楽しく」できるかを考えて行動しているらしい。

私は「効率よくゲームをプレイする」っていう考え方があまり好きじゃないですが、なつめが言うような「楽しむ為の濃度を上げる」っていう感じの考え方は好きだなーって思った。

いかに早くレベル上げをして、いかに早くボスキャラを討伐するか、ではなくいかに「楽しめるか」でゲームの行動ロジックを組み立てる感じがさ。「時間の濃度を上げる」っていう考え方は忘れないようにしとこ。

 

 

 

妹のおま○んこなんて

f:id:bern-kaste:20140826192416j:plain

普通の妹なら、兄におま●こを見られたなんて言ったらしばらく口を聞いてもらえないくらいの話だぞ? 

いきなりおま○こを露出している妹ちゃんが登場し唖然とするしかなかった。そしてホットパンツからおま○こ出てますよーと指摘する何事も無かったかのように布の位置をずらすりりこさん。

あーこれはもう完全にリアルイモートですね分かります。奴らは羞恥心なんてものはなく自分の裸体を平気で晒すしパンツといった下着も共用部屋に散乱させるイキモノですから分かります。

というかリアルイモートのおま○こなんてお金を払われても見たくないなという考えが生まれた瞬間だった。いえあ 

 おわり