猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

(寄稿)「面白い本」のみつけかた

スポンサーリンク

*『マトリョーシカ的日常』の局長さんから寄稿を頂きました。


生協は偉大。

 大学生協のブックスペースが大好きだった。そこでは大学生活を描いた小説や、専門的な分野を判りやすく解説している本、時事問題に関する新書などが扱われていた。どの本にも魅力を感じ、財布の許す限り手当り次第に本を購入した。教養本まとめのエントリを書くことができたのは生協のおかげでもあった。

 社会人になってから、面白い本を見つけること難しくなった。大学生協の素晴らしいキュレーションがなくなった今、僕はじぶん一人の手で面白い本を探さなくてはいけない。半年かけてようやくコツが掴めてきた。今日はそのコツについて教えたい。

小さな書店へ行く。

 もし、あなたが素敵な本の出会いを求めるなら、大型書店へ行くのはやめたほうがいい。あそこは確かに数多くの本を扱っているが、それは裏を返せば迷いやすいということだ。ひとつ一つの棚に、「心理学」「伝記」「料理」と区分分けがされており、似たような本がわんさか並んでいる。そのどれもが背表紙しか見せていないので、一体どれが面白そうな本なのか判らない。

 小さな書店へ行こう。駅前にあり、おっちゃん一人が暇そうにやっている本屋のように。そこの陳列は最近のベストセラーが少々と、店主の好みが反映されたいくばくかの本が並んでいる。点数が少ないから迷いが少なく、面白そうな本が見つかることがよくある。一方で全く興味の沸かない本ばかり並んでいる本屋も存在するが、その時はその時だ。他の本屋へ行こう。

まずは文庫から。

 ハードカバーにお金をかけてはいけない。あれを月に何冊も買っていたら破産してしまう。ベストセラーのビジネス書や文芸書はいづれ中古本屋に売り出される。最近はamazonでも1円(送料別)で買えるものもある。文庫本から手をつけよう。大抵の本は1000円以下で手に入る。文庫もいろいろな出版社が出しているが、僕がよく手に取るのは「岩波」「新潮」「角川」「ハヤカワ」くらいか。岩波文庫は言わずもがな、文庫本の王様で時の試練を耐え抜いた逸品ぞろいだ。新潮文庫は海外文学に強い。あと、「ローマ人の物語」シリーズは必読だ。角川文庫は読みやすい本が多い。ハヤカワはSF小説を主に展開している。時を忘れる小説たち。

 文庫も種類があって迷うが、そのときは平積みの本を選ぼう。売れている本というのは大体面白い。表紙と帯をちらと見て、裏表紙のあらすじを読んで気に入れば買ってみよう。人気の本は他の人が読んでいることが多いので、「最近何か読んだ?」「わたし〜読んだんだけど〜」と人と会話するときに用いやすい。

ブログを参考にする。

 「それでも何から読めばいいか判らない」というあなたへ。書評ブログを読んでみてはどうだろう。ブログの記事を読んで面白ければその本を買えばいい。最近はいろんな人が書評を書いている。

わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる

読書猿Classic: between / beyond readers


あと、僕も書評ブログをやってます。よかったら見に来てください。
マトリョーシカ的日常