猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

仮面ライダー鎧武16話_力を手に入れた人間はたやすく怪物になる(949文字)

スポンサーリンク

仮面ライダー鎧武 (ガイム) DXスイカロックシード

 

「力を手に入れた人間ってのはさ、みんな怪物になっちまうのかな?」

――コウタ

 

 コウタの問いに、喫茶店のオーナーである坂東さんはこう答えた。

「力に善悪はない。結局は使うものの手によってヒーローにも怪物にもなっちまうのさ」と。

この言葉はある意味正しい、しかし私は思うんだよ。

自分に過ぎた大きな力を努力もせずに手に入れてしまった場合、その力は使用者の心を壊しやすいものなんだと。そして心のバランスを崩した者は容易く怪物になってしまいやすいんだと。

ここでのキーワードは「自分に過ぎた」「大きな力」「努力もせずに」という3つだ。よく宝くじに当選して一億という大金を手に入れた人が、不幸になってしまうというお話を聞くじゃない? あれも努力もせずにいきなり大きな力を得てしまったことで、心のバランスを崩してしまった結果だ。

もし大きな力というものを、努力という段階を経て得たものならば何も問題ない。それは「力を得ることへの覚悟」が対象者に生まれていると思うから。力をどう使うか? その力は何の為に使うか? それに伴うメリットとデメリットをちゃんと把握していることが「実感」として理解できるか否かが心のバランスを崩さないかどうかを決めるファクターになりえるんだと私は思う。

だから「力を手に入れた人間ってのはさ、みんな怪物になっちまうのかな?」というコウタの疑問には、

「そうだよ」って答えたい。

その通り、力を手に入れた者の"ほとんど"は怪物になっちまう。段階を経ていないで手に入れた力を行使者の思うままに使える奴はほんっとーーーに一握りの人種だけだ。

 

 <参考>

仮面ライダー鎧武 (ガイム) 超巨大鎧 DXスイカアームズ

仮面ライダー鎧武 (ガイム) 超巨大鎧 DXスイカアームズ

 
仮面ライダー鎧武 (ガイム) DXスイカロックシード

仮面ライダー鎧武 (ガイム) DXスイカロックシード