猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

仮面ライダー鎧武11話_大人ってなんだ?子どもでいられなくなることなのか?(646文字)

スポンサーリンク

仮面ライダー鎧武 サウンドロックシードシリーズ カプセルロックシード10 ブラッドオレンジロックシード 単品

 

 

何かを成し遂げられる力が欲しいと
そうすれば、大人になれると
俺たちの誰もが願っていた

でも、大人ってのは
なろうと思ってなるものじゃない
ただ、子どもでいられなくなるだけのことだったんだ

やがて始まる果てしない戦いの中で
俺たちはそれを思い知ることになる

――コウタ

「大人」という概念はいろいろな概念を含んでいる。コウタがいうように「大人っていうのはなろうとしてなるもんじゃなくて、"ならざるを得ない"状況になる」ことが大人になるということのかもしれない。

あるいは戦う意志を宿しただけが手に入られる一種の状態が「大人」というものなのかもしれない。保護された世界から一歩踏み出した、荒んだ世界へ踏み出しものへそんなふうに。

自立と言ってもいいのかもしれない。自分一人だけで立つことができる状態。けれどもそれは「なろうとしてなったのではない」というコウタの言葉から考えるとやっぱり「戦う状況に追い込まれ仕方なく」といった感じを受けるよねん。