猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

ディーふらぐ!_ギャグセンスの相性が悪かった気がします(904文字)

スポンサーリンク

ディーふらぐ! (1) (MFコミックス アライブシリーズ)


以前からちょこっと薦められていたので、「ディーふらぐ」見てみました。

で感想はというと、「これナント言えばいいんだろう?(° o°)」っていう心境になるアニメです。全体的にギャグセンスが私には"低い"気がして、クスっとできず、笑うことが出来ず、常に白目状態でした!ぐるるるる!

「ああん?水属性?闇属性とか\(^o^)/ドユコト」って目が白色になりながらじーっと見ていたのがいい思い出です。

(ゲーム制作部という部活に女の子が4人いるんですけど、その4人がそれぞれ"◯◯属性"という自分で決定づけた設定を持っているんですね。例えば「水属性」だったらペットボトルを投げつけるとか、「土属性」だったら砂を相手にぶち撒けるとか……why? イミワカランのよ!w)

 


……

ただOPの「ステイルメイト」はとても良かったです。リズム感から歌声までグッドなのです。私はこういうアップテンポの電波っぽい楽曲大好きで、めちゃテンションあがります。

若干RITAさんっぽい声が聞こえるんですけど、、、気のせいですかね?え気のせいじゃない?いや多分気のせいですねはい。

 『ディーふらぐ!』も『脳コメ』と同じで、自分と作品のギャグセンスが合わないとほんと相性が悪い作品になっちゃうなと思います。

 

金髪のちびっこちゃんと、ピンク髪の不思議?ちゃんが人間として好み。いや単純に可愛いっていう理由だけなんだけどねヾ( ・ω・ )ノ 

あと茶色の子のおっぱいおっぱい!

(そう言いながら私は視聴を切りました)

うぐぅ

 

<参考>

 

ディーふらぐ! (1) (MFコミックス アライブシリーズ)
ディーふらぐ! (1) (MFコミックス アライブシリーズ)