猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

「蒼の彼方のフォーリズム」OPムービーを見てると涙が流れる。Aletheia感覚。(758文字)

スポンサーリンク

 蒼の彼方のフォーリズム 初回限定特装版[アダルト]

 「蒼の彼方のフォーリズム」OPムービーがあまりにも良かったので、数回ぼーっと繰り返し見てしまった。

 


何が良いとか、どこが良いとか、そういうことじゃない。ただただ"Aletheia"に届きそうなほどの"何か"がこのOPにはある。

イデアが凝縮して言葉では表しきれない意味以上の"なにか"を感じてしまって、目がうるうるしてしまいました。もうこれは涙流しちゃうよううう。

私は時々"Aletheia"の領域に手を突っ込める感覚を覚えるんだけれど、(((それはいろセカのOPや、グリザイアの楽園の少女の決意や、true tearsの最終回最後のあの場面など)))もうこの体感覚に身を包めると感謝の念でいっぱいになってしまう。蒼穹でどこまでもクリアな世界。そして光で満ちている世界。

"手が届く感覚"

この体感覚はもう理屈じゃなくてロジックの世界の枠なんか超えて、感受が生み出す領域なんじゃないのかと思っている。なんていうか、こういう体験を出来る自分が未だいることに、存在していることに凄い嬉しくなってしまったりするんですよにゃ。

ああまだ"私の心は死んでいない"、そう思えますから。

 


 


本編は面白いのか分かりませんが、OPに感動してしまったのでたまには衝動買いしてもいいかもなあ……、なんて思っている自分がいます。

(あとAletheiaの言葉の意味がちょっと膨張しすぎてきているので、ちゃんと定義しないとダメだなーと思いつつ、私だけ分かればいいのかまいっかみたいな。なんて怠惰! までも、常連さんには伝わっているでしょうヾ( ・ω・ )ノ)

 

 

<参考>