猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

過去記事の回遊率を上げて一見読者を常連にするブログレイアウト作りを考える(7197文字)

スポンサーリンク

プロ・ブロガーの 必ず結果が出るアクセスアップ テクニック100 ファンにも検索エンジンにも好かれるブログ運営の極意

*データとか示さないので印象論ってことを前提にいれておいてください。本当はHEATMAPやAnalystのデータを出せればいいんですけど、もう使うのをやめてしまったので。 

 

 

前提とする考え方

ブログのレイアウト作りはいつも読みに来てくれる常連さんの目線ではなく、初めて訪れた読者さんの目線で作り込んでいきます。

つまり訪問した先のブログは「こんなブログなんだよ!」と、一見さんがパッとわかるようにしたいんですね。具体的な手法としては以下。


1)ブログを紹介する記事を書く

2)カテゴリーリンクの整理

3)おすすめ記事を見繕いリンク集をつくる

4)最新記事を表示する

この4つの方法は「記事を露出させる」・「ブログに愛着湧かせる」ことに主眼を置いています。

ここを意識して作りこんでいくと、記事の回遊率も上がってくると思いますし一見さんが常連さんになる確率も高まるんじゃないでしょうか。

ていうことで詳しく見ていきます。

 

 


1)ブログ紹介記事を書く

f:id:bern-kaste:20140514211657j:plain

そのブログが何を目指しているのか、どんなジャンルをメインに取り扱っているのか、管理人はどういう人柄なのかを1つの記事にまとめておきます。

そうすることで、ブログの内面事情が分かり一見読者さんが感じている「よく分からないブログ」が「よく分かるブログ」になるのではないでしょうか。

つまり相手の内面を知ると距離縮まると思うんですが、これはブログでも同じだと考えています。

この猫箱ブログだと、こんな記事を書きました。

サイトを紹介します!(ver3.2)

ブログの目的

ブログの読み方のススメ

どんな記事が多いのか?

相互リンクは募集しているのか?

ブログの履歴(2011~2014年にあったブログ内の出来事)

管理人のハンドルネームの由来

主な趣味

はじめてのノベルゲーは?

はじめてやったエ口ゲーは?

エ口ゲのスタンスは? 

好きな小説

好きなアニメ

好きな声優さん

好きなキャラ

Twitterやってますよ

ブログ巡回のススメ

免責事項

約17の項目に分かれて、このブログを詳細に説明しています。

それと管理人の好きな作品やプロフィールも載せておくことで、思考のベクトルを読者さんと共有することが可能です。コミュニケーションコストを少しでも下げることができれば、読み手の記事把握度も高まるって良いかもしれません。

(中にはエニアグラムといった心理診断の結果をブログ紹介に書いている人もいて、それもありだなと思いました)

あとはこの「ブログ紹介」の記事リンクを、そのブログで一番見える場所に配置するだけですね。 ヘッダー・サイドバー最上部・記事直下この3つが黄金でしょうかね? 

 


2)カテゴリーリンクを整理して、サイドバー上部に表示


カテゴリーリンクはお目当ての記事を探すときに便利なものですが、ただ無作為にリンクがずらずらと並んでいた場合クリック率が落ちます。

何故ならぐちゃぐちゃに配列されているリンク集からお目当てのカテゴリーを見つけなきゃいけません。あれは本当に苦痛です、クリックする気が失せちゃうんですよね。

なので、カテゴリーリンクはある程度「手動」で整理したほうがいいです。出来れば分かりやすくする為に小題も掲げておいたほうがいいでしょう。

私のブログだとこんな感じにしています。↓

f:id:bern-kaste:20140514210515j:plain

「まずはこちらを」で貼ってある3つのリンクのうち1つでも読めば、このブログの全体像がだいたい把握できのるで、TOPに配置して読者さんを誘導しています。

「メインコンテンツ」は名前のとおり、このブログで多く取り上げている主ジャンルです。エ口ゲとアニメ、オピニオン記事、そして猫箱ニュースの4つ。

「サブコンテンツ」は、別に読まなくてもいいですが気になったらどうぞ、みたいな副菜的な記事を取り上げてます。
 
 *

とこんな感じで、小題を掲げそれに沿いながらリンクを配置すれば、そのリンクはどういう意味を持っているのか? ってのが把握しやすいです。

これやると読者さんをノンストレスで誘導できるんじゃないでしょうか。

一見さん目線で大事なのは、作業を踏ませない、ストレスを溜め込ませないようにブログの構造を明確化することだと思います。

 

 

3)おすすめ記事のリンク集を作る


ブログを長く続けていたら、管理人が書いてきた「おすすめしたい記事」ってあると思います。そんな記事を自分でいくつか見繕って、1つの記事にまとめちゃいましょう。

「おすすめ記事のリンク集」を作ると、読者さんは「面白そうな記事無いかなー?」とわざわざ探さなくて済みます。


私のブログだと、こんな感じ↓

おすすめ記事43選。ちゃくちゃくと追加されます

 

  (記事内の画像)

f:id:bern-kaste:20140517220250j:plain

一年間書いてきた約230記事の中から、このブログで面白い記事だと思うものを、管理人ことわたしがリストアップしました。

このリンク集に掲載した記事を読んで、気に入ってくれれば一見から常連さんになってくれる確率もググンと上がるでしょう。

ブログはどんどん過去記事が埋もれていっちゃう媒体ですからね、出来れば過去記事はなんども読み返してもらいたいって思うのは管理人のサガです。

(これはそんな仕組みを自分で作ろうっていうものでもあります)

ということで、あとはこの記事リンクを 「ヘッダー」「サイドバー」「記事直下」の3つに配置することで、一見さんをうまく誘導出来るはずです。

できれば一箇所ではなく、複数の箇所に張ることが最良。なぜなら「初めて訪れた人」はたいていすぐ帰っちゃいますから、出来るだけその一回の機会を逃したくないです。

できるだけ目立つ場所にペタペタ。

f:id:bern-kaste:20140509005825j:plain

 



そして記事の下にもペタリ。

f:id:bern-kaste:20140509005823j:plain
おすすめ記事を纏めることで「1つの記事を誘導するだけでいい」「過去記事に光を当てる」と良いことばかりなんですが、

・作成するのが面倒くさい
・継続的に記事内のリンクを貼り付けなければいけない

ってのがネックですね汗。(一ヶ月に一回、あるいは2ヶ月に一回私はリンクを張り替えてます)


 

 4)最新記事を表示する

 
「最新記事」は絶対に表示しましょう

これが無いとあるとでは、そのブログの全体像を明確化できるかが変わってきます。
例えば気に入ったブログを見つけたとします。そこで「最新記事」が20ページほどずらずらと表示してあったらどうでしょう? 

最新記事をさらっと見れば、そのブログはどんな記事を書くのか?記事ジャンルの傾向は?といったものが一発です。*1

そんなふうに記事の傾向が分かれば、そのブログを継読するかどうかすぐ決断できるので一見読者にとっては有用だと思われます。

私のブログでは最新記事は「20」に設定しています。(はてなブログでは20が限界)。20記事表示できれば(毎日更新しているブログでも)、約1ヶ月分の記事を俯瞰できちゃいます!

それに最新の20記事の中から読者さんが読んでみたいっていう記事も中にあるかもしれませんし―――なので最新記事は表示して損はないと思います。


(参考画像)
f:id:bern-kaste:20140509012023j:plain
(ほんとはもっと下にずらーっとなってます。)

 

 

まとめ

一見さんを常連にする確率を上げ、かつ過去記事の回遊率を増やすには

1)ブログを紹介する記事を書く

2)カテゴリーリンクの整理

3)おすすめ記事を見繕いリンク集をつくる

4)最新記事を表示する


この4つを行えばいいんじゃないでしょうか。もちろん絶対成功するってわけじゃないですが。

 

はてなブログであれば「サムネイル画像つきの最新記事」は設定でちょいちょいのちょいで出来ますし、さらに最近アップデートした注目記事なんかも表示可能です。

なのではてなブログの人は、今すぐ「デザイン」→「サイドバー」→「モジュールの追加」→「最新記事」→「サムネイル画像」をチェックして表示しちゃいましょう。

 

 

 

追記:試してみた結果


あれから半年。2014年12月になり結局「回遊率はどうなったの?」という疑問の結果発表をしようと思います。

 

Google Analytics「行動」>「ページ解析」のクリック率を頼りに読者さんの行動を考えます。

ページ解析の期間は11月14日~12月14日。そこからこのTOPページに来た読者さんがここからどこへ行くのか? どこをクリックしていくか?というものが視覚的に分かるようになってます。

まずはヘッダーはどうなっているかというと。

f:id:bern-kaste:20141215210310j:plain

ヘッダー部分はタイトルからはじまりグーロバールメニュー(サイト紹介など)の部分が重点的にクリックされていることがわかります。

ちなみに赤が多くクリックされ、青がクリック率低めということを示しています。「多――――低」っていう順。

ここを踏まえると「エ口ゲ評価一覧」が最も関心のあるタイトルであり、逆に「思考の大本」という言葉は惹かれないんだなあと推察できます。

このブログはエ口ゲブログなので、エ口ゲコンテンツが注目されるの良いことです。それに「サイト紹介」と「おすすめ記事43選」もそれなりにクリックされているので私がこの記事は見て欲しいな!という思惑通りの結果になっているといってもいいかも

「思考の大本」はそもそも常連読者さん向けのページなので、あんまりクリックされないのも納得。思考の大本っていう言葉がどんなページを意味するのかよく判りませんしね。ここは最分かりやすい言葉を使ったほうがいいのかも。

 

次はサイドバー。

 

f:id:bern-kaste:20141215210311j:plain

「ページ解析」は、「その一ページにあるリンクのクリック率」を解析するものです。

なので「ヘッダーにあるサイト紹介リンク」と「サイドバーにあるサイト紹介リンク」は一纏めに解析されてしまいます。どちらの位置が読者さんによくクリックされているのか? はどっちかを外して測定しなければ分かりませんがめんどくさいのでやってません(爆)

ただこのサイドバーの解析から分かるのは、「新しいブログを開拓したい方へ」と「全ての記事」のリンクをいくらかクリックされていることもあり、多少なりとも目を通してもらえてるんだろうなということを想像できます。

……とはいってもメインコンテツの「エ口ゲ」はクリックされているのは納得ですが、そこから下に連なる「アニメ」や「ブログ運営」の記事は全くクリックされていないことが分かりますね!

つまりTOPページから猫箱ブログに来た人にとって、アニメやブログ運営などのコンテンツは魅力的に映らない。あるいは他にもっとクリックしてみたいコンテンツがあると考えられます。

サイドバーは改良の余地あるなあ……ここはブログ巡回リンクよりは、自己紹介を置いてみようかなあ……。

 

次「全力で書きました」

 

f:id:bern-kaste:20141215212233j:plain

f:id:bern-kaste:20141215212151j:plain

サイドバーにあるこのコンテンツは、青~緑色が多い。つまりあんまりクリックされていませんね。

ここはこのブログで看板記事(だと私は思うので)、もうちょいクリック率を上げたいところ。近いうちに改善したい。


次、「アニメ」「エ口ゲ」の作品リンク集

f:id:bern-kaste:20141215215050j:plain

びみょーに目に通っているって感じなんですかね。一応サイドバーの中部らへんなので、こんなもんなのかな?

 

f:id:bern-kaste:20141215215053j:plain
f:id:bern-kaste:20141215215056j:plain

 

エ口ゲのほうもビミョーにクリックされている感じ

ここはこのブログの感想記事興味ある人がみて、って感じなのでとくに改善はしません。

こういうリンクずらずら並んでいるのは基本的にクリックされにくいものだって分かっているんですけど、見たい人は分かりやすいところにあるのを好むと思うのでそんな意図になっています。

「エ口ゲ評価一覧」でそもそもエ口ゲの感想記事のリンクがセットな記事だけれど、いつでもどこでも見れるサイドバーに貼っておく価値は「すぐに」参照したい場合もあるんじゃないかなって。

次「最新20記事」

 

f:id:bern-kaste:20141215220304j:plain

ちょっと20記事をいっぺんに表示するのは難しいので分割してお送りします。上の最新記事をのクリック率はというと……。

 

f:id:bern-kaste:20141215220307j:plain

こんな感じに。そこそこいい感じ。

ここから下の記事群も軒並み、オレンジ色や赤色になっているのでかなりクリックされていることが分かります。

 

f:id:bern-kaste:20141215220310j:plain

どのページが何色なのかは画像拡大してよく見れば分かります。(わかりにくくてごめんね)

ほとんどの記事が赤~橙色に染まり、少し青と緑が混じる程度です。この結果から最新記事を20記事表示するのは成功と見ていいんじゃないでしょうか。

「最新20記事」の上部にはエ口ゲとアニメのリンク集があります。このリンク集はサイドバーの比率から考えてとても長い「画像なしの領域」になってます。

この状態が続いてから最新20記事という「画像有りの領域」に突入するようにしていて、サイドバーのコントラストを上げようと画策してたりします。

ブログを上から下にスクロールすると分かるんですが、「最新記事」に目が少しだけ行く気がしませんか? もしそう感じるのであれば、画像なしの空白状態から画像有りの状態の「差」を作ることに成功していると思われます。どうですかね。

ただやみくもに画像がずーーっと続いても、ブログに始めて来た読者さんからするとどれが重要なコンテンツなのか分かり難いと考えました。

考えなしに画像連打するよりは、画像なしの空白領域を適度に組み合わせたほうが「画像ありの領域」がより目立つのではないかと。


次、「反応があった記事群」

 

f:id:bern-kaste:20141215220313j:plain

まあこれはそこまで期待していないサイドバー領域なので、取り外しも考え中です。

ここから「検索バー」「相互RSS」を飛ばして

次、「おすすめ記事」

 

f:id:bern-kaste:20141215220315j:plain

ここは新しく……ってわけじゃないけどおすすめの記事を4つだけ表示する部分です。サイドバー最下部。

私の意図としては、サイドバー最下部にあるというのは1つの記事を読み終わった人が、次の記事を探すときによく目につくところなのでクリックしてくれるんじゃないか? と期待してます。

それもこのブログの中で質の高い記事を表示しているので、初見の読者さんでも読んでくれたら常連になってくれるのではないかという考えもあります。コンテツキラーみたいなイメージです。

4つの記事上2つが、「最新記事」に表示されているものなので、クリック率が高い(赤、橙)なのは当然なのかなーと。逆に下2つはすごい昔の記事です。それが青ということは、ここの領域はそこまで注目されているわけじゃないんだなーと推察できそうですね。


次はサイドバーから一転して、「記事内部下」

 

記事内部下

f:id:bern-kaste:20141215222509j:plain

 

記事がおわると「お知らせ」という題名で、「サイト紹介」と「思考の大本」の記事2つを表示させてます。

ここに表示されているクリック数38は、「作品を語るときになぜあなたは「文脈」を使うんですか?」の記事でのクリック数になっています。

どの記事もこの数字が観測されるかと言われるとそうじゃないですが、参考程度に考えると、まあだいたい目に留まって、クリックされるレベルだなーという感じです。

おおむね思惑通りの結果。ここを赤色に出来れば越したことないですが、ちょっと難しいかも。


次は「お知らせ」からちょい下にある「おすすめ記事」枠。

f:id:bern-kaste:20141215223357j:plain

5月のときは「文字リンク」を6つ並べているだけでしたが、あれから「画像+文字リンク」に変更していました。

クリック数ともに上々なので、ちゃんと見られていることが分かります。(このクリック数は前述した記事のクリック数になっているので参考程度に捉えてください)

次は「画像リンク」。

f:id:bern-kaste:20141215222512j:plain

ここはクリック率・クリック数ともに低い。

記事の最下部なので仕方ないかもなー……と。まこんなもんですよーみたいな気持ちになっています、はい。

 

最後に、フッター。

f:id:bern-kaste:20141215220318j:plain

フッターをよくよく見ると、「べるん(bern-kastel)」のリンクが結構クリックされていることが分かります。(緑色相当)

これはおそらくこのブログを書いているが気になった為、クリックしたのかなと想像します。しかしこのリンク先は、元から用意されているぶっちゃけ何もないデフォルトページなので


このブログについて - 猫箱ただひとつ

それなら「サイト紹介」を見て欲しいなと思うこの頃です。なにか誘導リンクでも晴れればいいんですが……、このページ編集できないような?

 

 

 

おまけ:各種データ

 

現在のGoogle Analyticsの「行動」>「サマリー」のページ(11月14日~12月14日期間)を表示してみるとこんな感じです。

(PV数はお察しなので表示しません申し訳ない)

f:id:bern-kaste:20141215205441j:plain

  • ページ別訪問数:32.779
  • 平均ページ滞在時間:3.05
  • 直帰率:80.82%
  • 離脱率:64.63%

 

 

次にこっちの解析は「行動」>「ページ解析」を表示したもの。(指定した期間は同上)

f:id:bern-kaste:20141215191756j:plain

  • ページ別訪問数:2.6
  • 平均ページ滞在時間:1:43
  • 平均読み込み時間:11.72
  • 直帰率:53%
  • 離脱率:45%


正直Google Analyticsのこれらの数値をどう見ればいいか判らないWeb初心者なので、詳しい人どういうブログ現状なのか教えてくれると嬉しいです。

 

 

余談


この回遊率の結果を作成するためにしぶしぶPV数を見てしまったんですが、あんまりブログ運営の動機に響かなさそうで良かった。

13ヶ月アクセス数を見なくなってブログ運営はどう変化したか?

というのもアクセス数は「ぱっ」とどういう意味を持った数字なのか分かるんですけど、PV数になるといまいちよくわからんのです。へーそうなんだーとそのくらいに。

逆に言えば意味が判ってしまうとそれに引っ張られちゃうようになるので、あんまり見たくねーんですよね……。もうそういう機会はおそらく当分訪れないのでいいのですが。

それではまたね。

 


<参考>

 

 

*1:ちなみに私はよくここ見て、そのブログを継読するか決めます。