猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

恋は観念を殺す。戀は生を強く実感できるがゆえに幻想を消失させてしまうねえどうすればいいの?

スポンサーリンク

f:id:bern-kaste:20140222165122j:plain


*中二戀 7話がとてつもなく良いことを言っていたので、取り上げた記事。





七音は「恋」をすることについて語る。

でもね、そしたらいろんなことが変わってきたんだよ。

―――力がね、どんどんなくなっていくんだよ

―――なんか自分は魔法魔王少女じゃないかもって、そんなことどうでもよくなっていくのを感じた

(七音、六花)中二病でも恋がしたい! 戀

f:id:bern-kaste:20140222165052j:plain


七音の言っていることが理解できた。つまり違う言葉に言い換えると

恋をするということは現実世界を強く実感することになり、その為自分自身の内側にある幻想を消失させてしまうことになる」と言っているんだ。


いろんな人がいるとおもうが、人は「実体」と「観念」の領域を同時に見ることが出来る稀有な生物だと私は認識している。実体とは現実に物体が存在すること、目で見て触ることのできるもの。観念とは肉眼でみえる形あるものではなく、人間が主観的に感じる幻想の像といわれるべきもの。物事の「本質」を指し示した言葉である。


例えば、今日雪が降っていたとしよう。晴天の空からふわりふわりと雪の結晶が舞い散るそんな光景だ。それは現実に存在している出来事だ。肉眼で識別できる実体あるものだ。


けれどもその雪片を"観た"ときに、初恋の女の子を思い浮かべたとしよう。そして雪を見ているのにその女の子の像が現実の世界で浮かび上がることがある。


そうなった場合、そいつは「雪」という実体から「初恋の女の子」という観念を見出したということになる。


雪という実体を見つつ、思い出の女性を観念として同時に見ている。

人は誰しもそれが出来る。この力は人間に備わっている力を見ていいだろう。


そしてだ。人によってはこの「観念を見る力」に傾きすぎたやつもいる。つまり小鳥遊六花や七音といった連中だ。(中二病恋に限らなく、芸術に傾倒しているものたちは大抵これだ。観念の世界を生きている人間である)


六花たちは観念の世界で生きている。現実に存在するさまざまな事象―――天気、傘、大樹、光、夕焼け―――から様々な幻想世界を "観て" いる。


しかし観念の世界に傾倒しすぎていると言っても、彼女たちは実体の世界を見ていないわけじゃない。肉眼で見える物体があるからこそ、観念もまた存在する。それは太極図の陰陽のように白と黒と同義だ。


光があるから闇がある。裏があれば表がある。


そんな六花たちが「恋」をすればどうなるか? 恋は生を強く実感できる感情だ。「現実」という側面の見方が強く強化されることになる。反対に観念の世界を観る力が急速に失われる。


恋は幻想を殺す。観念を毀す。


そしてこうも言える。アートに耽溺したもの、幻想世界に引きずり込まれているものを、"こちら"側の世界に戻すときには「恋」をさせればいいんだと。恋愛をさせることで、やつらの傾きすぎた実体と観念のバランスは正常なバランスに戻る。


あとなんていうか、観念の世界で生きている六花が「恋」をするということは、「幻想世界で生きつづけるか/現実世界で生きつづけるか」の2択を迫られる状況になるということになる。




f:id:bern-kaste:20140222165122j:plain

それで?

だから

私はずっとこのままでいようと想ったんだよ

―――にーははっはははははっはははは!!!

―――世界の理レンカンテイソクに則って

―――魔法魔王少女として私は私でいようと想ったんだよ。


「私は魔法魔王少女ソフィアリング・SP・サターン七世」

全てを捨ててこの力と共にその生涯を全うするんだよ!

「ねえ邪王真眼、君はずっと邪王真眼でいるつもり? ほんとうに暗炎龍を蘇らせるの」


七音もまた2択を迫られ少女だった。彼女は「幻想世界」を選ぶことを選んだが、その貫き方は最高である。素敵だよ……素敵すぎるかっこいいね。


自分は生涯、現実という実体世界に価値を置くのではなく、私が私を信じている魔法魔王少女という世界に価値を起き生きつづけることの選択をその年でしたんだ。


これがどれほどに強い決断なのか、私は想像できない。なんていうかすごいという言葉しか出てこない。


七音は食料が失せ、家がなくなったとしても、へっちゃらなんじゃないだろうか。観念の世界を是とするものは、その世界に体どっぷり浸かっている人間は、自分が"信じた"世界さえあればわりと幸せなのだから―――。


f:id:bern-kaste:20140222165153j:plain


狂っている? ええそうかもしれない。でもいいんだよ。人はその身に狂気を宿しながら生きているんだから。矛盾する感情も、理解できない情念もすべてすべて納得できてしまう。

七音最高だよ、あああもうほんと大好きだ。


六花はこれからどっちの世界を選ぶんだろうね?


<参考>

中二病でも恋がしたい! (2)
中二病でも恋がしたい! (2)

中二病でも恋がしたい! 戀 (1) [Blu-ray]
中二病でも恋がしたい! 戀 (1) [Blu-ray]
VOICE 【通常盤】
VOICE 【通常盤】