猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

【死】をポップでキュートに魅せる「おバカな死に方」(386文字)

スポンサーリンク

f:id:bern-kaste:20140110053557j:plain

おバカな死に方動画。
スポンサードリンク


(↑動画参照)

『死』というものに直面すれば、泣くことも怒ることも出来なくなるほどの圧倒的な概念です。誰かの死に様を見たら、それを「美しい」と「綺麗」だと表現するのは果てしなく困難かもしれません。

私は葬儀で行うきれいに整った死体しか見たことしかないんですが、「死んだ瞬間の前後」は想像するに、そんな綺麗なことじゃないでしょうね。*1

そして、そんな『死』をこうもポップでキュートに"描けて"しまうのも事実なんだなと思いました。実態の世界では、美しくはない事象も、観念の世界では"美しい"と完成させてしまうことができる。

そういう……なんていうんでしょうね。これも「物語化」の一種なのかな?

「Angel Beats!」10話__日向がユイの人生を「物語化」し救済したという見方(3408文字) - 猫箱ただひとつ。


物事に一面はなく、多面的である。両義的な存在だと感じてしまう動画でした。


死にカタログ

死にカタログ

死が怖くなくなる読書:「おそれ」も「かなしみ」も消えていくブックガイド

死が怖くなくなる読書:「おそれ」も「かなしみ」も消えていくブックガイド

僕の死に方 エンディングダイアリー500日

僕の死に方 エンディングダイアリー500日

*1:死亡したあとに発生する、糞尿や、悲惨な目を剥いたかのような表情