猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

ブログは「他人の価値観」で運営していると、疲れちゃうんじゃないかな?(1743文字)

スポンサーリンク

f:id:bern-kaste:20131209185923j:plain

 

ちらちらと目に入った記事を見て、思う所があるのでぐにゃぐにゃと吐き出していきます。

 

 

打たれ弱い奴はブログとか辞めたほうがいいんじゃないですか

批判コメなんて9割は「読む価値ない」んだからほっときゃいいのに
僕にとってブログを書くってこと
僕と契約して「はてなブロガー」になってよ

今のスタンスではてなブログで書き続けてると、潰れるだろうなと思った話

 

 

記事中で挙げられているブログ、または当人の記事を読んでみると、「他者の価値観」でブログの運営方針を決める、なんていう姿勢の人が多いように見えます。

知らない誰かが「いらねつまらん消えろ」と言われたら、ブログの更新を取り止めたり。「役に立ちました素敵ですね」と言われれば、記事の作成に意欲的になり、はたまた「人の顔色」ばかりを伺いブログの運営方針を決めてしまう。

そういった「周りの価値観」または「他者指向性」に価値を置いている人は、ブログという媒体は疲れるんじゃないのかなと思います。 *1

なんでかっていうと、他人の行動なんて自分でコントロールできないからですね。どう頑張ってもコントロールできない他者の「評価」「結果」を、自分でコントロールしようとするから心が疲れるんですよ。

出来なくなくもないと思いますが、それってかなりモンスターモチヴェーターとかマッチョな思考とか言われる人たちだけです。ブログをマネタイズ化しご飯を食べようとか、社会的成功を収めようなんてしない限り、

――――つまり趣味としてブログを書き綴っているだけならば、「自分が満足するか」どうかという点で運営したほうが心は楽ちんですよ?(Cf.ブログを続けていくために、モチベーションをどこから調達するべきか? 1つの原因と3つの解決法


+++

「イラネとかツマランって反応がくる」
「アクセスが増えない」
「コメントが貰えない」

 

でもブログってそんなものです。


どこまでも自分の為に、自分が満足する為に、書くものなんじゃないでしょうか。例えばこのブログだと、「自身の感情の銘記」という目的が大きな割合をもって活動しています。


これとかこれとかです。

 

  1. 『叛逆の物語・まどか☆マギカ』__全てを否定したこの結末に、どれほどの価値があるんだろう?(7381文字)
  2. ギャングスタ・リパブリカ 感想__悪は世界を変えていく (13975文字)
  3. 総括 『Angel Beats!』__生きて満足して死ぬってことは素晴らしい(10674文字) 

もう自分でも自覚しているんですが、あんまり「誰かを想定」した記事じゃないよなーと思います。自分が残したい原感情の銘記に、力を入れすぎているので、他人が見たら「なるほど、よくわからん」で終了してしまう文章とかざっくりです。 

 

もちろんブログを書き続けていて、誰からも反応が無い、よりは、誰かからの反応があるほうが嬉しいのは間違いないです____けれど。

先に挙げたブログ論的な記事を見ると、承認欲求の成れの果てみたいなのとか、他者に隷属しているようなブログさんが多すぎる……気がしますね……。自分の価値観(=内側に価値を置いて)、運営するほうが楽しいですよ。


自身のブログを更新する目的が、「他人の為に」だったら、(繰り返しますが)そのブログがHITしようがHITしなろうがとっても疲れる趣味になるだだけだろうなと思います。

 

ちなみに本当にどうでもいいんですが、私のブログで批判コメントがどさどさヤってきたのは、『俺ガイル』の記事でした。(←前ブログの記事ですが)

 

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている 4話│ 私は「比企谷八幡」が嫌いかもしれない




(知らない人の為に、『俺ガイル』とは友だちなんていらない!と言い続ける一人ぼっちの男の子の青春ラブコメアニメです)

4話の時点で、私はヒッキーが嫌いだったんですよね……。どう嫌いなのかを具体的にガシガシ書いたら、「お前に比企谷の気持ちが分かるか」「◯ね」「こいつはなにを言っているんだ(笑)」とコメントを投げつられました。(酷いのは消しちゃいましたが)

中には私の記事にたいし、真摯にコメントしてくれる人もいましたが____ただもうこれ以上お言葉を重ねても、進展ないなーと思い「ええそうだとおもいますー」と生返事したところ

「お前みたいな奴がいるからヒッキーみたいなのがでるんだよ」と言われたのを未だに覚えています。

たぶん私が適当な返事をしたのを見透かされていたのだと思いますが、私みたいなのがいるのと、ヒッキーみたいな(一人ぼっち)な人間が出てくる関連性の不可解さに、思わず笑ってしまいましたよ!(消しましたが)

 

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

 

 

「ブログ」記事が好きな人はこれもどうですか?

 

サイトを紹介します! ver3.0 - 猫箱ただひとつ。

 

 




<参考>

 

*1:ブログに限らないと思いますが。