読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

『キナナキノ森』__魔王と一緒に暮らしませんか?(1950文字)

ゲームレビュー ゲームレビュー-キナナキの森
スポンサーリンク

f:id:bern-kaste:20131201024330j:plain

 満足度:★★★(3.3) 


「彼は、まおー君。ここの館の主」



<!>魔王と契約ADV 

  プレイ時間   15時間
  面白くなってくる時間   1時間
  退屈しましたか?   していない
  おかずにどうか?   そういうの無いです
  お気に入りキャラ  

公式HP

 

「キナナキノ森」のポイント

f:id:bern-kaste:20131201024818j:plain


・ アルバイトの面接にきたら、主は魔王だった!
・ キナナキノ森には、不気味な連中がごろごろいる
・ グロ鬱アリアリ!!←好きな人どうぞ

<!>ここから本編に触れていきます。

 

 

 

 

 

 

キナナキノ森 感想

f:id:bern-kaste:20131201025242j:plain

 

今回は「読解モジュール」飛ばして感想だけ書こうかなと思います。なんていうか、あんまり読解したくないタイプの物語だなあ……。

本当は「テーマ」についても言及したほうが良いとは思うんですけどね、どうも気分が乗りません……。『キナナキノ森』を読解したくない原因はそこだよなあ……と。 

 

+++


まず言いたいのが、あづさといいカボといい、なんでこんなに心象領域が捻れてて血を吹き出しているの? ってことです。 私には彼女たちの心臓がぞんきんのように捻って捩って血がぴゅーぴゅー噴き出しているようにしか見えないんですよね。

あづさたちが見る世界は、ほんとうに暗い。物の捉え方が歪みすぎていて、んーってなってしまう。

 

 

f:id:bern-kaste:20131201025708j:plain



例えば、美術館に来たあづさ。彼女は「明るい向日葵の絵」を指して母親と談笑する場面があります。そこに第三者のカップルが来て、「なんだこれwwもっと血とか塗りたくりてーな」と言って向日葵の絵を貶すんですね。

その時にあづさは、その第三者のカップルを心の中で悪態をつくんですけど、これまた酷い。「おまえらーにはこの絵の価値がわかんねーよばーかww」みたいにね、貶すんですよ彼女は。

あづさの言っていることは、第三者のカップルの言葉と同じくらい低レベルな上に、さも自分が世界の真理を知っているかのような言い方が鼻につきます。単純に気持ち悪い。なんでこんなに醜い見方しかできないんだろうね。


他にはカボの「お金」に対する執着。ここが気持ち悪さを感じる。

「こ、こんなお金が……目の前にあったら、その、なにも、なんとも思いませんか?」

「何故だ?」
「だ、だ、だって一生。いや、二生、三生、いや五生くらいは遊んで暮らせるくらいのお金があるんですよ??」

「思わないな」
「ええええ」
「興味がない」

そんなバカな。子どもならともかく、大人にその発言は非常にウソ臭い。こんなにも大金があったら、邪なことを考えてしまうだろう?

――――カボ、通行停止

f:id:bern-kaste:20131201025815j:plain



カボが生活に喘いでいて、文化的生活の水準を満たすために、お金を渇望しているなら分かるんですけど、実際そうではない。

カボという人間は、ただ、単純に、あらゆる慾望を叶えたいと言っているだけなんですよ。

生活に苦しさを感じていない、美味しいごはん食って、寝る場所があって、軟禁されているわけでもない。なのに、それ「以上」を求める。理由なんか無い。ただそういう欲求があって、止められないというね。

ここがすごく気持ちが悪いんです。……この子の内側にある「慾望」は歯止めが効かないんだろうなと。

お金が多く使えるからといって、ある一定の水準を満たしてしまえば、あとはただの拡大化にすぎないんだよ? 食べ物も、嗜好品も。生活さえも。 カボはお金があれば全てを満たせるように言っているけど、一体お前はなにがそんなに欲しいんだよと。

なんでこんなに心がどす黒いのか……。人間……ていうか女?の気持ち悪さを感じました。

+++



しいたけ君がほんとうに不気味。彼から溢れ出る鬱っぽいオーラがたまらなく胸にくる。あんまり直視したくない人間だな……と。この滲みでる感じすげーよ……。

 

f:id:bern-kaste:20131201030047j:plain

 


+++


「キナナキノ森」は全体的に、あんまりグッとくるところが無くて、うにゃーでした。個人的には序盤である、カボが魔王さまに反抗しお約束のごとく罰せられる日常が好きです。くすくす笑いましたので。


一番好きなのは……黒猫ですかね? あのブサイクかつ生意気な行動が私の猫愛をかきたててくれますにゃーにゃー!

f:id:bern-kaste:20131201030140j:plain


てことで終わりです。またね!

 

 

 <参考>

 

森の本 (文芸シリーズ)

森の本 (文芸シリーズ)

 
舞姫

舞姫

 
とびだせ どうぶつの森

とびだせ どうぶつの森