猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

サムライフラメンコ 1話。僕たちがヒーローっすよ!!(4764文字)

スポンサーリンク

 

サムライフラメンコ 1(完全生産限定版)(イベントチケット優先販売申込券封入) [Blu-ray]

 

 僕は違いました。 

 

ヒーローになりたい

そう思い続けて勉強を頑張り身体を鍛えました。 

 

 

なにこれやべえ……面白すぎるぞおい。(管理人の声)

 

 

 

 

 

 

僕らがヒーローなんですよ!!

 

f:id:bern-kaste:20131105191908j:plain

 

 

 

いま、今です。
今こそヒーローになる時なんです。

―――羽佐間正義

 

 

そう熱くあつーーーく語る青年・羽佐間正義(ハザママサヨシ)。彼は特別な力があるわけじゃない、ただの平凡な一般市民ですが、それでもヒーローを目指します。

この「他でもない自分がヒーローを目指す」ところがずきゅんときます。 『ガッチャマンクラウズ』を見てきた人ならこの「うわなんだこのアニメ!」とビビっとくると思うんです。
 

GATCHAMAN CROWDS   Blu-ray BOX

 

ガッチャマンクラウズ』では絶対的な力をもった少人数が、この世界を動かすのではなく、その下層にいる私達ひとりひとりが、ヒーローになって世界を動かしていこうよ! という話だと私は見ています。


サムライフラメンコ』も同じく、一般市民である羽佐間正義がヒーローを目指し悪を倒そうとしているところが伺えます。それも面白いのがこの羽佐間正義は、「無力なヒーロー」なんですね。仮面ライダーや戦隊モノみたいに大きな力を持っていないただの青年。


だから自分より力を持った相手には勝つことが出来ない。中学生にけちょんけちょんにされてしまうほどのひ弱な存在、けれども彼は自分はヒーローだ名乗るところに、「ヒーローってなんですかね?」の答えがあるように思えます。
 

さっきも言ったとおり、羽佐間正義は中学生すら倒せません。つまり、暴力で誰かを倒すことができない、じゃあ彼の武器はなにかといったら「善意の心」です。

彼が不良の中学生より優っている部分があるとしたらこれでしょう。誰かが困っていたら手を差し出し、困らせる存在がいたら善の道に行くよう言葉で諭す。善意の心を所有していることこそが、はじめちゃんの「ヒーローってなんですかね?」の答えになるかもしれません。

 

 

「敵」は迷惑行為をしている人間


f:id:bern-kaste:20131105192316j:plain

 

原初の「正義の味方VS 悪」の物語って、悪者が悪な行為をすることに理由ない場合が多いかなと思います。

世界を征服するのも、一般市民を虐殺することも、地球を消滅させるといった悪いことに理由なんてない、悪は悪だから悪なのだ! そんな悪者と敵対する正義の味方は安心して悪を叩けます。「勇者VS魔王」の構図と同じです。「魔王」が魔王になった理由とか理屈とか無いですよね。勇者も勇者だから、魔王を倒す。そこに説明とかありません。相手"が悪く”、自分が"正義”だからぶっ叩くんです。

 

けれどこの「勇者VS魔王」の物語はどんどん移り変わって、「悪に理由があったり」「実のところ悪はお前たち人間なんだよ!」というものがあります。

ガッチャマンクラウズ』もそうだと思います。「お前たちの悪の心が、お前たちを滅ぼすんだ!」っていうやつですね。カッツェはそのメタファーだと思います。


この「お前たち人間が悪なんだ!」の物語を、かなり狭い範囲で微視的視点で描いてくれるのが「サムライフラメンコ」です。 タバコのポイ捨て、コンビニ前でのだべり、列の横入り……そういった犯罪行為とは呼べないとても小さいマナー違反すらも周囲は迷惑をこうむっています、つまり「悪」であると示してくれている。

世界を滅ぼす大魔王が悪ではなく、今の現実社会で悪といったらこういった倫理を守れない人たちのことでしょう。それを羽佐間正義がサムライフラメンコというヒーローになって、倒してく。


そんな様を見ていると、あーやっぱり私達こそが悪だったんだなーと腑に落ちます。人間ちゃんってもうしょうがない子ですねまったく!(誰)

 

f:id:bern-kaste:20131105192627j:plain


 

 

 

 

 

 

ヒーローなるっていうこと

f:id:bern-kaste:20131105192658j:plain

 

 

僕は子どもの頃から、ずっとヒーローを見てきました。
僕だけじゃありません。日本中の男の子が彼らの有志に憧れたはずです。

なのにみんな、大きくなるにつれてサッカーやゲーム、バイク、バンド、女の子、そっちに興味が行くようになってヒーロから離れていったんです。

僕は違いました。

ヒーローになりたい、そう思い続けて勉強を頑張り身体を鍛えました。

――羽佐間正義

 

 

マサヨシの言っていることは、すごいなとやばいなと(管理人の抱える語彙力の欠如)

だってだって、「ヒーローになりたい」ことの障害って2つほどあると思うんですよ、


1、「ヒーロー」を志すということは、悪がいなくてはいけない
2、「ヒーロー=正義の味方」になるということは、利他的になってしまう。

 

 

(1)ヒーローを志すっていうことは、悪がいないといけない

 f:id:bern-kaste:20131105192624j:plain

これは「fatestay」でも言われていることなんですけど、ヒーローになるってことは、「悪」がいないとヒーローにはなれないんです

正義の味方をするならば、悪という存在がいなければ「正義の味方」なんてものは存在できないんです。それはまるでコインの表と裏のように、悪という裏がなければヒーローもまた存在できない。 


つまり、発想が逆。逆なんですよ彼。


悪に虐げられている人がいるから、その人達を守るために闘う。その結果「ヒーロー」になるのではなく 、「ヒーロー」になりたいから、悪を設定しましょう、としているところがとても面白い。


この世界って宇宙人とか悪の怪獣とかいないよね?どうするよ? →→→しゃーない迷惑行為をしている人間を「悪」と看做そう____っていう発想をしているのが彼です。


羽佐間正義という青年を見ていると、世の中の度重なる迷惑行為に強い憎しみを感じられないんですよね。人並みに「迷惑行為を嫌悪」しているのは分かりますが、めっちゃくっちゃに大嫌いで滅ぼすぞ! みたいな潔癖さは感じられない。 憎んで憎んで根絶やしにするっていう、病的さを感じられない。

ただ彼は「ヒーロー」になるため、自分の力量に合わせての悪という敵が欲しいだけなんじゃないのかなっていう願いや憧れを抱えているように見えます。

今のところ1話では。

 

 

(2)利他的になるしかない

f:id:bern-kaste:20131105192927j:plain

正義の味方って、ぶっちゃけ「人助け」じゃないですか。
誰かのために頑張る。

サムライフラメンコ」ならば、自分の時間を削って、お金を消費して、誰かを助けるため頑張り続けるわけです。


このヒーロー行動の歪なところは、どこまでいっても「自分の為」じゃないところです。だから利 "他” 的なんです。 自己の利益を考えないで、ただひたすらに夢の為に、相手の為に、自分のリソースを全てつっこむ。

これ……いいとか悪いとかじゃなくて……長くは続かないと思うんですよね。人間ってそんな強くできてないと私は思うんです。自分の生活もあるのに、よくしらない赤の他人に命を投げ打つのって、言葉より遥かに難しいなとも。


だから「ガッチャマンクラウズ」では、人の善意の心に「ギャラックスSystem」を介入させて、より動機・行動を強固にしたんです。



ただの「善意の心」だけでは、ヒーローを続けるのは生半可なことじゃないです。じゃないといつか壊れちゃいますから。

 

 

 

 

他:憧れ

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ

 

私もちっちゃい頃は、ヒーロー物に夢中になりました。

……いつからあの時の憧れを捨てちゃったんだろう?
そしてどうして、ヒーロー物は胸に来る場合が多いんだろう?

…………
……。

倫理の本を紐解けば、どっかの誰かさんは「善意の心というのは育つものではなく最初から私達人間に備わっている」と言っている人がいます。理由とか分からないんですが、私は案外バカにできない事柄なんじゃないのかな? と最近考えています


幼少期の頃どれが善で、悪かなんて分かりません。けれど人々に迷惑をかけている怪獣を、やっつけるヒーローは純粋にカッコイイと思えました。


これって、「善悪の概念」を育ち始める前なのに、なぜ「ヒーロー」といわれる善意の存在を支持できるのか? という疑問が浮かぶんですよね……。

さっきの「善意の心は最初からもっている」とすれば、納得がいくんですが……ね。ただ「オオカミ少女」の話とかもあるので、一概には言えないんじゃない? という気持ちもあります。

人は外部環境によって、育成される方法によって、人格を変化させていきます。それともに倫理観(善悪感情)も植え付けられます。もしそういった育成過程がなければ、人は本能のままにどこまでも動物のように振る舞うんじゃないですかね? 狼少女の真実性はともかく、もし一人で生まれ、一人で生きてきた人がいたのなら、善とか悪とかそんなもん気にしないと思うんですよ。お腹がすけば周りにある生き物を殺し食べ、寝たくなったねるみたいなね。


 

 

 

 

ヒーローになるっていうのは、心からの願い

f:id:bern-kaste:20131105193248j:plain

 

君は何のためにヒーローになった。
何の為に努力してきた。
何の為に生きているっ!!



マサヨシが愛してやまない、ヒーローからの言葉です。(名前なんだっけ? ハラキリライダーだっけ?)とにかくこの「何の為に生きている!」っていうのは、鮮烈な言葉ですよね……。 



ちょっとズレるんですが、『いろとりどりのセカイ』を再プレイしてからというもの、この「生まれてきた意味=心からの願い」に名前を付けたいなーって思ってたんですよね。 

 

 

いろとりどりのセカイ


心からの願い、生まれてきた意味――――それは自分の願いであり祈り。それは自分との約束といってもいいでしょう。ゆえに「アレセイア(Aletheia)」と名づけてみます。

Aletheiaは真理といった意味もあります。心からの願いが真理だなんてもう最高ですよねぐにゃぐにゃ。 

 

「いろとりどりのセカイ」 さぁ、この恋を本物にさせようか (8606文字) 

 



話が大きく脱線しましたが、この「Aletheia」を心に有していると、人生の岐路で立ちすくむことがないです。

迷いはしますが、足踏みはしにくくなる。なぜなら「ゴール」が決まっているのだから。Aletheiaが決まっているってことは(それが自分で決めたのならなおさら)、何をすべきか? どういう手段でそれは叶えられるのか? が明確に見えてくるはずです。


今回の場合だったら、羽佐間正義は「迷惑行為をしている悪なる人間に、迷惑行為をやめさせる=ヒーローになる」という目的が明確化されています。キッパリハッキリと。



となると、過程が見えてきます。

まず迷惑行為をしている人間の発見→ つぎに、彼らの迷惑行為をやめさせる。(手段は言葉)

という図式がすらっと思い浮かびかなと。


成功するかどうか、成功する確率が低いからやならないとかじゃないんですね。もう"やる”しかない! なぜならそれが、自分との約束であり願いだから。Aletheiaと昇華してしまった、願いというのはそういうものです。

もう彼はヒーローになるしかないんですよ!!

 

 

f:id:bern-kaste:20131105192624j:plain

 

お前たちは迷惑だ!!!

 

だから、結果は、おぼろげながら、BADだと、見えていても、突き進むしかない…………。

 

 

 

 

おわり

 

好きになりそうな物語です!
ガッチャマンクラウズ見ていた人は是非一緒にみましょう!

 

 

 

<参考>

 

JUST ONE LIFE(初回生産限定盤)(DVD付)
SPYAIR
SMAR (2013-11-13)
売り上げランキング: 199
デートTIME
デートTIME
posted with amazlet at 13.11.03
ミネラル★ミラクル★ミューズ
アニプレックス (2013-12-04)
売り上げランキング: 1,422