猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

凪のあすから2話。強烈な自意識とメビウスの輪 (2287文字)

スポンサーリンク

 

f:id:bern-kaste:20131012032546j:plain

 

 

なんかさいきん気持ち悪いんだよ、お前!

なんでも知ったふうで、お前に俺の何が分かるんだよっ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

思春期、とくゆうの自意識

f:id:bern-kaste:20131012032521j:plain

 

14歳。思春期まっただなか。そんな時期に強烈な自意識によって苦しめられる。

この時の心って、ちょっろしたことで「内側」をぐるぐるぐるぐると循環してしまう気がする。メビウスの輪の形のように、出口ない立体構造に。

自分自身の感情によって、自分が振り回されてしまうという言葉でもいいかもしれない。

外側に意識をあまり向けられなくなっちゃうんだよね……だから他人の心情を「察す」ることがとても不器用になってしまう。こう言ったら相手がどう思うとか、どう傷つくとかそういった共感性能力をうまく使えないんじゃないだろうか。

光はまさしくそんな感じ。


木原紡のことを良いヤツだと分かりながらも、友好的に接しない。まなかへの感情のちぐはぐが、その行動を疎外してしまう。自身の心の中で燻る想いは、どこにもいけない。

だから爆発してしまう。それは他者にぶつけるという行為で実現する。

木原紡には喧嘩を売り、まなかには気持ち悪いと拒絶を言い表し、ちさきには八つ当たりをしてしまう。


んでさ、私にはこういった思春期特有の行動がさ、「縁切り」に見えるのよ。

今まで仲良くしていた相手と『縁を切る』、自分の手で、言葉で切り刻んでいってしまう。それは彼の本心じゃない、光の真意ではない、けれど――――やってしまう。



誰かとの関係を切って切って切って断ち切る。

 

 

 

f:id:bern-kaste:20131012032529j:plain

 

なぜこんなことをするのだろう? 私は思うんだよ、これは人間関係を構築していくうえで大切なことなのではないかと。

誰かと疎遠になることで、どこかの共同体から身を離すことで、離れたモノへの価値を実感できる。今まで「当たり前」だと思っていたものが、実は当たり前なんてものじゃなくて、それはとても大事で大切だったんだよ分かるために。

痛みがないと、形がないものは実感しにくいのよね。

さらに言えば、この【縁切り】の過程を踏むことで、他人との距離感がうまく把握できるんじゃないのかなと勝手に思っている。思春期に、この時期に、反抗期が無かった人は、どんな人間なんだろうなとも。

 

f:id:bern-kaste:20131012032546j:plain

 

だから、私は光が取った行動を許せてしまう。

それはひどく最低なモノなのかもしれない。
まなかの心を傷つけて、ちさきの心をも傷つけた行為は、謝ってしかるべき行為だとは思う。

けどさ、こういうものなんだよ。思春期は、この時の強烈な自意識によって、圧倒的な感受性のせいで、人はおかしくなってしまう。

自分の本当に成し遂げたいことがどっかに置き去りになってしまう。まなかと仲良くしたいでも、でもでもでもって! ね。


好きな人が、大事な人が、自分とは別の誰かに恋心を寄せているんだとしたら…………それはさ、胸中おだやかじゃないわけなのよ。嫌で嫌で嫌で仕方がないけど、どうしうようもないことも分かっている光は、どうしうようもないことで悩んでしまうんだよ。

それを私は理解できる。理解できるってことは、許せるってこと。

f:id:bern-kaste:20131012032554j:plain

 

 

 

しょうもないことでキレて、ムカついて苛立って憎しんでしまう。光の心が、葛藤し”なにか"でせめぎ合っている感じがさ、とても”生き"てるって感じがする。光輝いて見える。自意識によって強烈に煌めいているようにさえね。

 

 

 

 

向井戸まなかの恋心

 

f:id:bern-kaste:20131012032602j:plain

 

まなかは要の言う通り、「娘」って感じだよね。

とてもじゃないが恋人には見えない。娘が好きな人ができてど、どうすればいいかな?!かな?!と身悶えている感じがとてもグッドです。

応援したいなーと思う一方、ちょっとさみしい気持ちもあったり複雑……かもしれない。

 

 

 

 

 

海の町のしきたり

f:id:bern-kaste:20131012032610j:plain

 

 

f:id:bern-kaste:20131012032617j:plain

 

 

 

男5人が、光の姉を拘束している場面をみて「……ああまたか」とそう思った。

またか……。

日本は「和」を尊重しすぎて、こういうことが多発している気がするんだよ……。和を乱すモノ――少数派――が出てきたら、"みんな"で”みんな"でぶっ潰そうっていう空気があるよね。和を見出したから、こいつには何でもしていいんだっていう雰囲気がさ、ほんとファッキンクソです。


こんな寄ってたかって集まって? しきたりを破ったヤツを羽交い絞めにして拘束して?

もうばっかじゃねーのと。

 

 

f:id:bern-kaste:20131012032628j:plain

 

 

姉ちゃん見てみろよ。こんなきらきらした顔しているんだよ? これが”悪い"ことなのか?


しきたりの起源じゃなくてさ、今、その時代で、そのしきたり(=ルール)は必要なのか考えたことないんじゃないの? と思うんだよ。

地上の人間と付き合ったら追放しなければいけない”理由"が、「昔からあるから」とかそういった自分の頭で考えてないようなものだったらぶっ飛ばすぞ……。……いけないつい理性が。

 

 

 

 

<参考>