猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

「Intuos5」というペンタブを購入レビュー。紙よりも描きやすい!!(4693文字)

スポンサーリンク

 Wacom プロフェッショナルペンタブレット Photoshop Elements11付属 Mサイズ Intuos5 touch PTH-650/K2

にゅろーんとペンタブを買ってみました。商品名は「Intuos5」というものです。本記事は、「Intuos5」を使用した感想を語っていきますよ! 



それではどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

「Intuos5」開封の儀

f:id:bern-kaste:20130920121410j:plain

 

 

f:id:bern-kaste:20130920121412j:plain

 

 

f:id:bern-kaste:20130920121413j:plain

 

箱の外観から、中身の写真です。

 

 

中身はこちら。

+++++
・ペンタブ本体
・ペン
・替芯
・USBケーブル
・CDROM2枚
・説明書

・付属ソフト
   Adobe Photoshop Elements 11
   Corel Painter Essentials 4
   Corel Painter Sketch Pad

+++++



購入した詳しい型番はこいつです。

Wacom プロフェッショナルペンタブレット Photoshop Elements11付属 Mサイズ Intuos5 touch PTH-650/K2

 

 

 

 

ペンタブを使用した感触と設定

f:id:bern-kaste:20130920121553j:plain

 

 

私の使用環境は以下です。

PCモニタ_21,5インチ
Intuos5_Mサイズ

 

所有しているモニタが21インチと小さめだったので、「ペンタブMサイズは大きすぎるかな?」と思っていたんですが、大丈夫でした。

むしろピッタリ? というくらいにノンストレスです。

 

 

ただ、ペンタブは慣れが必要でした。私的に以下の2つが障害になりました。


1、マウスのような「相対位置」でカーソルを移動させるのではなく、「絶対位置」で絵を描く

2、ペンタブだと、鉛筆で紙に描くように自然に線が引けない。


(1)はまさしく慣れです。今までデジタル絵は、マウスで描いていました。マウスで絵を描く感覚のまま、ペンタブを使うと最早線すら引くことが困難です。1時間くらいかけて、ペンタブで線を引く感覚を養いました。


(2)はペンタブの設定を変更すれば、紙と同じくらいに自然に描けるようになります。

 

Intuos はデフォルトでは性能をフルに出し切っていない

 

上記のサイトにいってペンタブ側の設定を変更。性能をフルにまで引き上げたら、今度はイラストソフト側にある「手ブレ補正」を"0”にしてください。

すると、紙と同じくらい自然に描けるようになるはずです。

 



あとこちらの設定もお試しあれ。

ペンタブが描きやすくなるマッピングのすすめ | もえたつ

 

 

 

ペンタブで、一週間ほど絵を描いてみて

 

 

一週間で29枚ほど絵を描いてみました。(ラクガキ多数)

こんなかんじです。

 

 

 

f:id:bern-kaste:20130920121810j:plain

 

 

f:id:bern-kaste:20130920121811j:plain

 

 

f:id:bern-kaste:20130920121849j:plain

f:id:bern-kaste:20130920121848j:plain

f:id:bern-kaste:20130920121850j:plain

f:id:bern-kaste:20130920121852j:plain

f:id:bern-kaste:20130920121853j:plain

f:id:bern-kaste:20130920121855j:plain

f:id:bern-kaste:20130920121856j:plain

f:id:bern-kaste:20130920121858j:plain

f:id:bern-kaste:20130920121859j:plain

f:id:bern-kaste:20130920121926j:plain

f:id:bern-kaste:20130920121927j:plain

f:id:bern-kaste:20130920121929j:plain

f:id:bern-kaste:20130920121930j:plain

 

f:id:bern-kaste:20130920121932j:plain

 

 

 

f:id:bern-kaste:20130920122014j:plain

f:id:bern-kaste:20130920122016j:plain

f:id:bern-kaste:20130920122017j:plain

f:id:bern-kaste:20130920122045j:plain

f:id:bern-kaste:20130920122048j:plain

 

 

f:id:bern-kaste:20130920122130j:plain

 

 

f:id:bern-kaste:20130922020033j:plain

 

 

 

f:id:bern-kaste:20130922020031j:plain

 

 

f:id:bern-kaste:20130922020034j:plain

 

 

 

 

f:id:bern-kaste:20130922020036j:plain

 

 

f:id:bern-kaste:20130920122050j:plain

 

 

 

f:id:bern-kaste:20130920122047j:plain

f:id:bern-kaste:20130920122132j:plain

 

 

描いていて分かったのが、デジタル絵は"楽しい”ということです。

 



気に入らない線も「戻るキー」を押せばすぐ消えます。色を着けたかったらブラシを赤色にすればいいのです。 消しゴムも筆も、ボタン1つで切り替わるのは便利すぎます。

アナログでは面倒臭かった色塗り、筆を変えないといけない煩雑な作業がここまでスムーズになるのかあと、驚きました。「絵を描く」ことがより楽しくなります。


あとなんでか知りませんが、アナログの絵より、デジタルで描く絵のほうが上手く感じられます。

私の場合、紙に鉛筆で描いた絵は、「……うにーイマイチ」となりがちなんですが、デジタルで絵を描くと「あれなんだかうまくいくよ?!」と。

「Intuos5」の性能が良いのか、ノンストレスで線を引けます……筆圧感知の差とかよく分かりませんが、ペンタブは楽しいです!

 

 

 

 

 

タッチとファンクションキーは要らない……

f:id:bern-kaste:20130920122436j:plain

 

次に分かったのが、

 

Intuos5の「タッチ機能」と「ファンクションキー」はぶっちゃけ使わねえなと……。


タッチ機能は、いちいちペンを持ち替えたり、一旦置かなきゃいけません。あまりにも利便性にかけるので、一日でタッチ機能をOFFにしました。

もちろんなんの問題もありません。

 

 

f:id:bern-kaste:20130920122521j:plain

(ファンクションキーは赤い枠の部分です)

 

次に「ファンクションキー」。これはペンタブ左側の物理ボタンに、自分の好きな「機能」を割り振り当てられるものです。

一見便利そうなんですが、これもだんだんと使用しなくなりました。最大の要因は、「遅い」ことです。

物理ボタンを押しても、「カチっ」と音がなるタイプではなく、触れても反応しているのかどうかよく分からないボタンになっています。

このせいで「あれ? 機能ONになった?」といちいち確認しなきゃいけないのでストレスになります。ボタンを押す感覚がないと、遅いって感じてしまうんですよね……。



 

 

作業効率をUPするために、PS2コントロールを導入

f:id:bern-kaste:20130920122630j:plain

 


もう5年くらい使っているPS2コントローラー。これを導入することで、絵を描くのがとても楽ちんになります。もうほんとに!


参考にした記事はこちら。

【漫画・イラスト制作】PS用ゲームパッドで作業スピードアップ!

 

要約すると、「ゲームパッド」をPCに繋げて、パッドのボタンにショートカットキーを当てはめるということです

 

 

ちなみに、私はこういう使い方をしています。

 

f:id:bern-kaste:20130920122705j:plain

 

 

 

ペンタブの左側に、PS2コントローラーを置いて。

 

 

f:id:bern-kaste:20130920122706j:plain  

 

それを手のひらで包みます。



割り振っているショートカットキーは、

△ボタン――1つ戻る
◯ボタン――ハンド(手のひら)
☓ボタン――鉛筆
□ボタン――消しゴム

R1―――1つ進む
R2―――切り取り

右グリグリ――ブラシサイズ拡大・縮小
左グリグリ――キャンバス拡大・縮小

↑十字―――新規レイヤー
→十字―――レイヤーをクリッピング

 

と、こんなところです。

 


ショートカットキーを詳しく知りたい方は、こちらの記事もどうぞ。

PhotoshopとSAIの作業スピードが格段に上がる、便利なショートカットまとめ

 

PS2コントローラーをPCにつなげるには、変換アダプタが必要になります。

 


私は家に余っていたコントローラーを流用したかっただけなので、アダプタを買ったんですが、そもそもそんなものは無いよ!という人はゲームパッドを買っちゃえばいいと思います。

 

600円ほど。

 


噂できく、めちゃくちゃに使い勝手いいデバイス。ちょっと欲しいですが高い……。

 

 

 

 

 

 

WACOM―Intuos5―を購入した経緯

 

 

ペンタブを買うとは言っても、趣味で絵を描きたいものだったので「安いもの」でいいなあと思っていたんです。

 


そこで最初に目をつけたのが、「PTB-STRP1」。値段なんと5000円ちょっとで「Mサイズ」「筆圧感知2048」という高性能ぶり。

 

 


WACOMというメーカーで同機能の物を買えば、2万5000円はします。なので、最初はこれを買おうかなと思っていたんですが、この製品すごくトラブルが多いみたいなんですよね……。

更にペンタブを"使える”ようにするには、製品のネジを開け閉めしたりすることを聞いて、購入を断念。わざわざそこまでしてペンタブ使いたくないなあ……と。


次の候補にあがったのが「wacom Intuos Pen 」です。

 

 

 

 

 

この製品、発売されたのが「2013年 9月5日」なんです。まだ一ヶ月も経っていない新商品です。

値段が16000円とちょっと高いんですが、評判の良いお絵かきソフトも同梱ということなので、もうこれでいいやと―――思ったんですが対応OSに"XP”が無い!!

Windows XPが対応していないことに気付き、なくなく断念……。私のPCはいまだにXPなんですよね……とほほ。

………………

…… 

 

最後の候補にあがったのが、

 

 

 

CTH-670」と「PTH-650」でした。

 

ペンタブを買うときに見ておきたいスペックは「サイズ」と「筆圧感知」です(たぶん)。


私のペンタブの購入基準として、Mサイズを最重要視。筆圧感知はそこそこで良いいのですが、「サイズ」は小さめのを選んでしまうと、つまりSサイズのペンタブを買ってしまうとストレスに直結しそうだったので、Mサイズを買いたいなと。



しかしMサイズは高いんですよね……。


「Bamboo」というWACOMペンタブの廉価版でもさえも、16000円。その上位機種「Intuos」は25000円。

この1万の差でかなーり悩みました。

 

Intuosは、プロのイラストレーターや漫画家の人でも愛用者が多いフラグシップモデル。

しかし、私そんなの使いこなせないんじゃね? とか。
1万の差なら、もう上位機種買っちゃえばいいんじゃない? とか。
けれど私の使い方なら無用の長物ではないのか?……とか。
でもこれフォトショもついてくるよ使いこなせるかどうか分かんないけど……と、ぐるぐる、ぐるぐるぐるぐる。


―――数日ずっとこの自問自答をしていたせいで、いい加減ストレスになり……気づいたら上位機種の「Intuos」をポチってました(≧∇≦)

 

 

 

 

 

おわり

 

ペンタブの使用感を語ってみましたが、参考になれば幸いデス。

私が買った付属ソフト「Adobe Photoshop Elements 11」「 Corel Painter Essentials 4」「 Corel Painter Sketch Pad」が同梱されている


Intuos5 touch PTH-650/K2」は26,000円ちょっとだったのですが、今みると30000円くらいになっていますね……Amazonから販売されたら安くなるかも?

 


ではではーまったねー!

 

 

 

<参考>

wacom Intuos Pen & Touch Comic medium Mサイズ CTH-680/S1
ワコム (2013-09-06)
売り上げランキング: 990