猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

『EVER17』 小町つぐみ・茜ヶ崎空 感想 (3632文字)

スポンサーリンク

 f:id:bern-kaste:20130727145518j:plain

 

「あなた、頭悪そうだから」

 

 

 本編の感想記事はこちら。

EVER17 感想レビュー__生きているだけじゃ生きてるとは言えない (5189文字) ...

 

 

 

 

 

・ココの独り言

だって……だって……

 

・生体反応が6なのに、誰も「空」のことに言及しない。

・つぐみが施設入院したときにいた、隣のベッドの少年・記憶喪失

ぼくは、未来が見える。

でも君は、それでも……生きていけるはず

 

 

 

小町つぐみ編

 

 

 

意味のない会話

 f:id:bern-kaste:20130727145607j:plain

 

私が答えるかどうかは、気分とは関係ないの

意味のある質問には答える、そうじゃなければ答えない……ただそれだけ

世の中には、あまりにも不毛な会話が多すぎる……そう思わない?

 

少し前に気づいたんだが、「意味のない会話」「無目的な集団」というものが嫌いな人がいることに気づく。



日常会話、なになにが好き、どこどこに言った、食べた寝た。

そして「友達」という目的のない集団に属することを理解できないもしくは嫌っている人。

たしかに、意味なんてない。もしあるとすれば、コミュニケーションの強化や接続というものしかない。けれどここの価値がわからないと社会から排斥されてしまう。

 

 

神経衰弱の呼び方

 

ある人は神経衰弱と言い

ある人は、ピロピロピンポンドォーン!と言い

ある人は(なんだっけ? ココが言っていたのは)と言った!w

 

物事のラベリング。名前付け。本質は一緒でも「名前」が違う……か。

 

 

少年と鬼とふたり?

 

 

闇鬼をしているときのこと、ある時、少年が鬼になった。
数をかぞえている。

会議室で数を数えている少年。しかし、レムリア遺跡前にて少年は現れた。

しかも声は聞こえる。数える声と、武の前にでてきた少年。


この同一空間上に、少年は二人いる?

そして誰かが「観測」したとき、もう一人のほうは「見えない」んじゃないだろうか。

生体反応も異常ないことから、同一遺伝子……?

 

 

私は偏在する

 

f:id:bern-kaste:20130727145708j:plain

 

私は単一であると同時に多数になる

私は、あらゆる場所、どこにでもいる存在になる

私は―――偏在している


私たちが空みたいに、どにでも、どの空間上でも多数の「私」が引き締めあっているということ?

 

偏在している?

 

実感できないだけで、見えないだけで、ほんとうはいろいろな自分が存在しているということなんだろうか。あるポイントで分岐した自分を、見るためには3次元空間から抜けださなければいけない。

4次元空間内にて、3次元空間を見下さなければいけない。第三視点。

世界に、自己は偏在しているのです

 

 

石像

 

f:id:bern-kaste:20130727145718j:plain

 

南、東、天に石像たちは手を伸ばしている。残る一体は、胸に両手をあて目をとじている。

なにを意味している?

 

 

 

 

生命の醜悪さ

 

f:id:bern-kaste:20130727145734j:plain

 

生命は、他の生命の犠牲によって成り立つ。

食欲とはすなわち、殺戮本能の源
睡眠欲は、怠惰のあかし
卑猥で淫ら、醜悪なる交わりこそが、性欲の発露

欲望なくして生命を維持することはできない

清廉潔白な命なんて存在しないのよ
命は、それが存在した時点で、既に汚濁にまみれているの


なんだかいいなあって思うのが、つぐみはこのあと生きるためにタツタサンドだって食べるし、感情の煌めきによって武と肉体を重ねる。

生命が汚濁に塗れながら。美しいと思えるようになる。

この「汚濁に塗れている」ことを理解しつつも「美しい」とおもえるその感情の発露、心の在り方がなんだか綺麗な気がしてならない。

それは生命の本質をちゃんと理解した上で、悪いところを認めたうで、汚さを受け入れたうえで

動物界脊椎動物脊椎動物亜門哺乳綱・サル目サル亜目サル下目ヒト科ヒト亜科ヒト属―――を「美しい」と思えたのだから。

 

 

ピグマリオン

 

 

彫刻師ピグマリオン。美しい像。恋。人間に。

そんな話を聞いて、なんだ今もむかしも大して代わりないんだなと思った。

ヒトじゃないものを、人だと思える。
命を宿っていない無機物を、命あるものだと思える。

それは人間だけが行える、とてもバグ的ななにか。不自然な行動。

服をきせたり、一緒に添い寝したり、食べ物を作ったり―――。

 

 

 

 

つぐみと救護室と破壊

そこにある医療用コンピュータのコードが裂け、モニターは粉々に割られていた。


つぐみはどうして、医療用コンピュータを破壊したんだ?
こんなことしたら、空に一発でバレてしまうじゃないか。
それも逃げるときに発煙筒まで使っている。

バレてもいいから「壊す」理由があり、「逃げる」事情があった?

キュレイだとみんなに悟られないため?……だろうか。

 

 

電波妨害

すいません。先ほどからひどいジャミングがかかっていて……ご連絡が遅れました。

電波妨害……?

 

つぐみルートにて、空は何者かに電波妨害を受ける。

誰だ? 内部にいるのか?

 

 

 

つぐみはなぜここにいる?

 

小町さんがここにいるのは、偶然ではない気がします。

私は今まで、彼女のような事例に出会ったことがないんです。データがありません……

 

空の物言いも気になるが……たしかにつぐみはなぜここにいる?

ぬいぐるみを来て、LeMUに入り、なにをしようとしていた?

 

私の過去について、何か知っているか?

そうつぐみは、空に聞いた。

となると、自分の過去がここにあると知っていたから来た? キュレイ・ライプリヒ製薬・実験fmfm。

 

 

 

キャリア・キュレイ

 

 

2005年。2017年から12年前。
つぐみがまだ12歳だったころ。
事故にあい、自身が「キュレイ」だと判明した。

 

 

自己の存在

 

f:id:bern-kaste:20130727145811j:plain

 

そう、あなたという存在に実体はない

あなたはただの概念、だから
情報―――ソフトウェアと言ってもいいかもしれない

CDに焼かれた情報に、実体はある?
情報に、形はないの

 

自己の本質、自我の拠り所。記憶という無形の塊。

 

ただ専用のアプリケーションを用いることによってのみ、情報は具現化される

しかし、具現化されたその情報の形さえ、本質ではない。本質は、情報、それ自体を指すのだから……

武という本質に、実体はない
なぜなら『倉成武』という人間の本質は、ただの概念、情報、ソフトウェアに過ぎない

それは肉体というハードによってのみ、再現される

 

つまり、私たちとは、私たちの本質とは肉体ではなく「見る視点」によってのみ語れるということだろうか。

なにかを「見て」「感じる」それだけな気がする

世界と自我を繋げるのが「肉体」―――

 

 

生きているだけじゃ

 

f:id:bern-kaste:20130727145831j:plain

『生きてさえいれば』って!

『生きてさえいればいい』なんて……そんな

そんなことはない。絶対に、絶対にない……!

生きているだけじゃ……生きているとは言えないのよ!

 

苛烈で激烈な痛みをずっと味わうことは、はたして「生き」ているんだろうか? 幸福という概念を、焼かれたあとの人生に一体何が残っているんだろう。

人間が人間を生きているというとき、それは幸せにまみれたものを言い表しているものがおおい。というより、そうではなくては生きていても仕方がないように思える。

強烈で激痛だけの旅に、意味なんていらない。

 

 

 

 

 

私に触らないで

 

f:id:bern-kaste:20130727145855j:plain

 

私に……触らないで……

 

 

キュレイを感染させないための、言葉だったことにようやく気がついた。つぐみの「触らないで」は拒絶の現れというより、被害者を増やさないための配慮だったんじゃないか。

 

 

 

 

そうまでして生きたい?

f:id:bern-kaste:20130727150008j:plain

そうまでして、生きるなんて……!

一度キュレイになれば、戻れないの!

もう、人でいられなくなるのよ?!

嫌よ、私は!!


生き続けることは、苦痛でしかない。それをつぐみは誰よりも、もう理解しているから、こだわってしまう。生きないことに。

 

無責任無責任無責任

 

f:id:bern-kaste:20130727150120j:plain

 

そういう、問題じゃあ……ないんだよおっ……!!

ひとりに、しないで……

私を、ひとりにしないで……!

「生きている限り、生きろ」

 

無責任無責任無責任。ばかだよばかばばかばか

そうじゃないんだよ、一人で生きてても仕方ないんだよ。何度だって幾度だってつぐみは繰り返してきたじゃないか。

ただ生きているだけじゃ、もう死んでいるんだよ。生きてなんかいないんだよ。

生き続けるだけの毎日に意味なんてないし、生きて苦痛だらけの日々に価値なんてない。

ただただ生き続けるというのは、ただただ死に続けているのと同義なんだよ。

それがやっと居場所ができた―――武との繋がりがあるから、武がいるから「生きたい」ってつぐみは思ったんだよ。

それがこれ……なのか? これでいいのか。これで終わりなのか?……

「生きている限り、生きろ」

なんていうのは無責任もほどがある。責任を取れとかじゃなくて、……ただ生きるだけじゃ……やっぱりダメなんだよ……。

そんなものは生きる動機にならない。ならないと死ぬか、また惰性に生きるだけにならない。そんな人生なんていらないんだよ……。

 

 

空編

 

 

 

空と恋

 

私が何の為に生まれてきたのか

恋をする為に、生まれてきたんだと思います


だから、私は幸せなんです
恋という感情に、気づくことができたから

 

 

 

 

おわり

 

 

な、長いです……実際にプレイ時間が長いのと、長く「体感」してしまってちょっとつらい。

 

 

Ever17 -the out of infinity-  [恋愛ゲームセレクション]

Ever17 -the out of infinity- [恋愛ゲームセレクション]

Ever17 サウンドコレクション

Ever17 サウンドコレクション

 

Ever17 -the out of infinity-(限定版) Premium Edition