猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

純愛ゲームとは具体的にどういうもので「純愛」って何?(2328文字)

スポンサーリンク

Kanon(カノン)

 

純愛ゲーとは、なに?
どういうものを"純愛”と呼ぶ?
 

 
純愛ゲームってなんだろう?!

 

 

 

 

純愛ゲーム8選

 Rewrite 初回限定版

 

 

 この8作品は私がおもしろい、かつ「純愛ゲーって言ってもいいんじゃない?」と思ったものだ。この8作品のどこが「純愛っぽい」のかを明確にしていく。 


かなーりぼかして「要素」を書いていく。

  


1) Rewrite(静流√):「自己犠牲」「長い間待つ」「障害」
2) 智代アフター :「自己犠牲」「長い間待つ」「障害」
3) CLANNAD :「長い間想い続ける」「障害」
4) kanon(あゆ本人):「自己犠牲」「長い間待ち続ける」
5) 彼女たちの流儀 :「好きの純度」「障害を乗り越え」
6) G戦場の魔王 :「自己犠牲」「長い間待つ」「障害」
7) 沙耶の唄 :「障害の規模」
8) Fate/steynight(セイバー√):「彼女の思いを尊重」


*「自己犠牲」=自分を犠牲にして、誰かの為に取った行動。
*「障害」=障害を乗り越える
*「長い間待つ・想う」=時間の長さ



ほとんどの作品に共通しているのは、何かしらの「障害」を乗り越えるために、主人公・もしくはヒロインが「自己を犠牲」にして誰かを想う行動をとったとき。が私は純愛と感じるようだ。

具体例としては、自らの命や存在、譲れない想い、自身の一生分を、人生を、すべて相手の為に費やした時など。また何年も「待ち続ける」という、時間の長さも注目していいと思う。



 

 

「自己を犠牲」「待ち続け・想い続ける」行動はなぜ『純愛』を感じさせるのだろう?

f:id:bern-kaste:20130629232118j:plain

 

私が『純愛』だ!って感じるのは、

「自己を犠牲にして好きな人を救ったとき」
「好きな人をずっとずーーっと、待ち続けたとき」

だ。

 

それではなぜ、純愛だと感じるのか、考えてみる。

 

 

1)「自己を犠牲にして好きな人を救ったとき」

 

人間はみんな誰しも自分至上主義だと私は思うんだよ。自分の為に、自分の為に、自分の為に行動し続ける。それはとても自然なことだし、当たり前だ。

みんな幸せを追い求めている。楽しい感情に満ちあふれていたいし、多幸感に包まれていたい。だから「痛いこと」や「苦しい」ことはなるべく避けたい。

自分に降り掛かっているものなら、迷わず振り払う。それが羽虫だろうと火の粉だろうと、たとえ鬼だろうとも振り払う。

けれどそれが自分以外の「他人」にに降り掛かっているとしたらどうだろう? わざわざ相手の苦痛を振り払う労力や、自身の手に触れる痛みを負おうとするだろうか?

答えは否だ。

なんの縁もない他人に、そんなことはしない。正義の味方ごっこなんて誰もしないんだ。家族や恋人でさえも、それは怪しい。いつだって私たちは自分が大事だ。

だから、そんな自分本位な人が、人間が、苦痛を覚悟して、自分を犠牲にしてまで「他の人」を救おうとする時。その強い意志に、行動に心を打たれてしまう。

その想いの強さが、とても現れているからだと思う。

 

 

 

2) 「好きな人をずっとずーーっと、待ち続けたとき」

私たちの世界は、すべてが緩慢に、ときには性急に移ろっていく。万物も、想いも、感情も、記憶もすべてが脆い。 

いつだって曖昧で不確かで、気づいたら別物に変わっていることさえある。朽ち果てていることだってある。

だから永遠のように―――昔の感情を、今なお保っていられるのをすごいと思うんじゃないだろうか。


「好き」もいつかは無くなってしまう、消えてしまう、けれどその「好き」を何年間も想い続けて、待ち続ける。4年、7年、10年と想いを腐らせないで待ち続ける。


それはとてもとっっても、好きの純度が高い。

 

 

 

つまり「純愛ゲー」とはなに?

 f:id:bern-kaste:20130629232055j:plain

 

 

つまり、私が「純愛ゲー」と読んでいるものは、

"好き”の純度がとてつもなく高い。その"好き”は太陽のように爛々と光っていて、かつそれを何年間も持ち合わせつづけている人。そして、

その"好き”の為なら、好きな誰かの為なら、自分を犠牲にしてしまえる人間。

そんな人間が、いたときに、私はそのゲームを「純愛ゲー」と呼んでいる。

 

そして、「純愛ゲー」には肉体的描写、接触、交接を描かなくても成立する。なぜなら精神的に繋がって(好き)いれば、その好きの純度が高ければ、「純愛」へと昇華すると、私は思うのだ。

プラトニックラブ。


肉体ではなく、精神的な愛情。純白で純潔で高潔な愛情はまさしく”純度”が高い愛。純愛。

 

 

 

まとめ

 

  • 私が「純愛ゲー」だと感じる作品には、これがほぼ共通している。

多くの作品に共通しているのは、何かしらの「障害」を乗り越えるために、主人公・もしくはヒロインが「自己を犠牲」にして誰かを想う行動をとったとき。

また長期間「待ち続ける」という行動。

 

  • 「自己を犠牲」と「待ち(想い)続ける」という行為は、好きがとても強い。
  • 好き(感情)だけで「純愛」に届くのなら、交接シーンはいらない。

 

おわり

ということで純愛ゲーって具体的になんなの?でしたー。

もちろんこれは私が感じていることで、すべての作品にこの要素が当てはまれば純愛ゲーだなんて言うつもりはないのですよ!

 

おわり(/・ω・)/にゃ!

 

▼関連記事

 

 

 

 

<参考>

Kanon - Complete Box Set [DVD] [Import]

Kanon - Complete Box Set [DVD] [Import]

Kanon

Kanon

Kanon(カノン)

Kanon(カノン)

 

Rewrite Harvest festa!
Rewrite Harvest festa!
posted with amazlet at 13.06.29
KEY (2012-07-27)
売り上げランキング: 355