猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

ブログを続ける為にモチベーションをどこから調達するべきか?(4283文字)

スポンサーリンク

 f:id:bern-kaste:20130628214234p:plain

 

ブログを一ヶ月でやめてしまう人、やる気がなくなってしまった人はどうすればブログを長く続けられるのか? を考えていきます。


BLOGのモチベーションはどこから調達してくればいいのか。

 

 

(原因) 外部からモチベーションを得るから続かない

ブログ更新が続かない最大の原因は、外部から反応が無い。なんじゃないでしょうか?

アクセス数が思い通りに伸びず、誰もコメントしてくれない。

もしくは、今まですごいアクセス数だったのに最近は下がりつづけている。頑張ってブログを更新しても、"思ったとおり”のアクセス数にならない、コメントがつかない。

そうなったら「もういいよ……なんかつかれた、めんどくさい」といって記事を投下しなくなってしまうんじゃないかなと思います。

自分の頑張り具合と、自身が望む結果がイコールで結ばれないからブログの更新をやめてしまう。

これは、外部からモチベーション(行動動機)を得ているから、それが無くなってしまうと何もしたくなっちゃうんですよね。

 

逆にいえば、「外部からの反応なんてもう期待しないで、自分の好きなことだけを書いてい」ければ「アクセス数やコメント数を重要視しな」ければ安定した運営が可能になるはずです。

 

 

 

対処1) まずはブログの目的を明確にする

まずはブログの目的を明確にしましょう。これだけのために、ブログを運営していくんだという指針です。

具体例:このブログなら?

サイト紹介! Ver.2.0」でも語っているとおり、「自分の感情を記録」することをこのブログでは至上目的に置いています。

あの時読んだ本、プレイしたゲーム、アニメを見た時の気持ちを、熱い感情を忘れたくなくて記事を書いています。

あとは思考した結果を、それを纏めた記事も多いです。(この記事もそうです)。ざっくり言うと「自己の記録」と言ってもいいかもしれません。

私は「自己感情」をカタチ(文章)にするのが好きなのと、それを冷凍保存のように残せるブログを気に入っています。この動機をもってブログを更新しています。

こんな感じで自分自身それぞれのブログを続けていく目的を明確にしておくとよいと思われます。

例えばこの段階で

「いろんな人から反応を貰いたい」

「コメントをしてほしい」

「記事を書くのが目的じゃなくて、他人と交流したい」を目的と決めたとしましょう。

確かに。これはブログでも可能ですが、かなーーり時間がかかると思います。なぜなら多くの人から反応を貰えるブログというのは、価値のある記事を書き続けられているところが殆どだからです。

表敬訪問じゃなく、表敬挨拶でもなく、社交辞令やお世辞でもない自然なコメントってなかなか付きません。ブログをはじめてから半年や一年なんて特に、です。(もちろん例外はあります)

 

f:id:bern-kaste:20130628214237p:plain

そこまでの労力をはらってブログ上で「いろんな人から反応を貰う」よりは、TwitterGoogle+が一番いいと思います。とくに「Google+」のコメントの付き具合は異常です。

はじめてから数日で友達がざっくり出来ますし、そのお友達さんもコメントをばしばしくれます。Google+は人間関係はゆるく、かつ交流が楽しくなるよう設計されているので「他人との交流」を望むならこちらのほうがいいかもしれません。

 

 

 

おすすめの目的方針

外部からモチベーションを得るから、ブログが更新しなくなってしまうというのを前提として考えていきます。

となると「目的」を設定するときは、外部の方向に向いたものではなく(自分の)内側に向いたものがいいかもしれません。

例えば、「物語三昧」さんのように、記事の文章を口語調+めっちゃくちゃ長く書くという方法を取るとします。

本来なら「読みにくい記事」は「大勢の読者」さんには喜ばれるものではないです。

ですがそれでいいじゃん! 管理人さんが書きたいものを書いて、書きたいように文章を綴る! それが楽しいんだもの! それでいいじゃん!



とこれくらい振りきっちゃいましょう! アクセス数を増やすためではなく!!! 自分のために書く!! そうするとブログ更新は楽しくなるはずです。

自分の行動する理由を、外部に依存してしまうとやっぱりダメです。
(とはいっても「物語三昧」さんは大勢の読者さんが付いているので失礼ですががっ)

 

また例えば、「Palantir's Wiki」さんのように「ギャルゲの一言目」を蒐集するという形もありありです。これも外部(読者)さんが気に入るかどうかではなく、「自分が好きだから蒐集したいから」やっているんだという気概を感じます。

こういう「自分が好きだから」「楽しいから」というブログ方針のほうが、より長く高いモチベーションを保ったまま更新し続けていくことが可能だと考えます。

 

 

一応ですが付け加えておきます。だからといって読者さんを大事にしているブログはどうとかそういうことを話ではないのです。私は読者さんを大事にしているブログ好きですよ!

 

 

なので外部に価値を置く場合は?

外部に行動する理由を置きつつ(=読者さんに喜んでもらいたい)、モチベーションが長く続きそうな方法を模索します。

例えばこんなのはでしょうか?

「大勢の読者」さんに喜んでもらいたい記事を書くのではなく、「特定の少数の読者」さんに向けて書いていくと方法です。

「大勢の読者」さんに向けて記事を書いても、「大勢」がコメントをくれるわけではありませんから。それなら、親しい人や身内に向けて情報を発信する、もしくはコメントをもらいやすいブログレイアウトを組むとかどうでしょう。



■ 具体例。


1) ブログTOPに「ウェブ拍手」を設置する。
このことにより読者さんはコメントがしやすい(例えば、見上げた夜空のかなたよりさんのようなレイアウト)


2) トラックバック記事を書いてみる。
もう既にブログの友人がいるなら、その友人さん言及(トラックバック)してみてはどうでしょうか? 

自分の記事を取り上げてくれるとやっぱり嬉しいですし! お友達さんもなんらかの反応をくれるかもしれませんよ?!

(なにより「言及」というのがとても楽しいのですよ??にやにや)

 

 

いったんまとめ

 

 

―――――――――――――――

・外部からモチベーションを得ようとするから、ブログを更新しなくなる。

・ブログを更新する「目的」を明確にしよう。できれば内部からモチベーションを得る目的を設定しよう。外部に設定した場合は「特定の人」を想定した記事作りで長く続けられるかもしれません。
   ―――――――――――――――

 

 

 

 

 

対処2) 外部情報を見るのはやめよう!

f:id:bern-kaste:20130628214240j:plain

 

毎日、アクセス数を見続けていませんか。 それでやる気が削がれていませんか。

外側からモチベーションを得るのは、すっぱりやめてみませんか?

例えば、アクセス数などの外部情報を見るのをやめてみたり。ブログに張り付けているカウンターなども、取っ払ってみたりしてみてはどうでしょう。

アクセス数って、見てもいいことがあんまり無いんです。あの数字が上昇しても「嬉しい」気持ちなんて一瞬です。すぐ消費されます。

なのにアクセス数が下がったときの気持ちは「落胆」です。これは一瞬で消費はされません。尾を引くように長引く感情です。


先日ある著名人の人に記事をツイートされ、その日のアクセス数がいつもの30倍くらいになったんですが、嬉しいという気持ちがありませんでした。(このブログではありません)


いや、たしかに少しは嬉しいという気持ちはあったように思えますが、やっぱり嬉しい気持ちなんて一瞬で消費されました。後に残ったのは「ふーんそうなんだ」という感慨だけです。

アクセス数が1000や2000まで上昇しても、当たり前になっていく。なのに下がると落胆し、しこりを残す。

それは、なんというか、とても意味のない行動だなあなんて思っちゃいました。なので、一日一日の訪問数を見るのはやめて

 

 

 

 

 

蓄積カウンターにしよう!!!

 

 

 

f:id:bern-kaste:20130628214242j:plain

 

 

↑これですこれ。これは一日の訪問数を表示しないようにしています。ただただ、どんどん、どんどんとカウンターが廻っていくようにしています。

 

 

後退はしないのです!

転進もしない!!

前進し続ける数字!

廻り続けるカウンターッッ!!!

これでいちいち悩む心配がなくります!!!

 毎日、必ずカウンターは進んでいるのです!! 毎日ちゃんと一歩前へ進んでいる―――これはいいモチベーションになりますよ! 

 

 

 

 

 

対処3) とはいっても外部も大事だし、内部も大事。極端はダメ!

 

f:id:bern-kaste:20130628214233j:plain

 

とはいってもほんっとーーーに、


ほんっとおおおおおおうううに

ほんっっとうううううううううううううううううううううううううううううううううにいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい


なんの反応もないとなると悲しくなってきます!!

 

 

なので「特定の読者」さんを見つける方法を考えていきます。例えばこんなのはどうですか?


そう「Twitter」などのSNS。 

ブログで友達を作るんじゃなくて、他の、別の場所で友達を作ればいいんです。その人はもしかしたら「特定の読者」さんになってくれてコメントなんかもくれるかもしれません。

Twitter上で「あの記事は良かったよ!」なんて嬉しい言葉をかけてくれるかもしれませんしね!ええもうほんと多分。

それとブログは読者さんが「自発的」に来てくれないとダメですが、Twitterはフォロワーさんに記事(タイトルだけ)を強制表示できます。 

もし記事タイトルを見て「お?」と思ってくれれば、こっちのものです。
記事を見てくれれば、直接コメントがきたり、または記事をツイートしてくれるかもしれません。違うタイプのツールを使って、ブログ内の閉塞感から抜け出しましょう(いやっほう!)

 


ということで、内部からのモチベーションはもちのロンで大事ですし、外部からのモチベーションも大事なんです。

内部が100イイ! とか外部が0でダメとかではなくて、どっちも大事なのです!(3回言いました)。グラデーションのように比率として考えていく。内部の価値を70、外部の価値を30とする。 


そんなふうに「中庸」な姿勢を保てればよりブログは更新しやすくなるんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

まとめ!

 

・外部からモチベーションを得ようとするから、ブログを更新しなくなる。

・ブログを更新する「目的」を明確にしよう。できれば内部からモチベーションを得る目的を設定しよう。外部に設定した場合は「特定の人」想定した記事作りで長く続けられるかもしれません。
 
・アクセス数を見るのはやめちゃおう!

・極端はダメ。外部も内部もどっちも大事。グラデーションのように比率として考える。ブログ以外のコミュニケーションツールを使ってみるといいかも! コミュニケーションの距離を変えるのです!

 

 

 

 

おわり

 

ブログのモチベーションは内部から見つけよう! そして外部の情報を見るのなんてやめちゃえ! 好きなことを書き綴るだけでブログは楽しいよ!!

ということでした。参考になれば幸いです。

 

 

 

▼ 関連記事