世界がスライドする感覚を覚える。人類は衰退しました2巻

1巻を読んだのが確か発売直後の2007年だったので、2巻を読むまでに何と8年ほど経過していることになるみたいです。なんということでしょう(白目) あの時、手にとってみたはいいものの私が期待して「泣きゲー」ちっくな要素がまったくなくほわわ~んとした印象が強かった『人類は衰退しました』。自分の趣味じゃないかな…