「書く」こと

目を瞑れば居なくなった人とも会うことが出来る。 死んでしまった人、別れてしまった人、そんなもう自分の側にいない人たちに会うことが出来る。幻視し、自身に内在する心象風景に手を突っ込み体感する、ああここに"い"たんだなと。そんな時私達は「現実」とか「虚構」とかいう境界線は取り払わているような気さえし、そこ…