猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

映画レビュー

幸せとは「ずっと」を有された言葉

幸せとかくそくらえなので 映画『Hector and the Search for Happiness』*1は、題名どおりヘクターなる精神科医が幸せをさがすお話。 彼はことあるごとに「あなたは幸せか?」と人々に訊ねるのだけど、これはなんだか変な質問じゃないだろうか。 *1:邦題:し…

タイトルって本当大事だし、作品の一部なのになあ…と(映画『神様メール』を見て)

ちまちまと映画を見ているわけですが、作品内容とタイトル(邦訳)が乖離したものがいくつかあって……うーんとなっています

映画を三回に分けて見たら、案外悪くないなという結論に。

「映画はぶっ続けで一本見るもの」 という固定観念にとらわれていたが、でも実際はどうなんだろう? 集中力って2時間ずっと続くわけではないし、時にゆるみながら、時に緊張しながら視聴しているものだと思う。 例え面白い映画だったとしてもこうなることが…

精神病によって変わり果てた人を「その人」だと見做せるか(世界にひとつのプレイブック感想)

躁鬱病(双極性障害)、統合失調症、偏執病……あるいは認知症のような脳機能障害等……によって人格が変わってしまった者をそれでも「その人」だと見做せるだろうか? 十年前からこれについて考えていたけど、私は無理だという結論を下していた。

海街diary、シン・ゴジラ最近見た映画のちょっとした感想を。

がっつり書きたい訳でもないけど、ちょろんと残しておきたい感想。結構適当です。 ちなみに映画の満足度の目安はこちらで、ADVより易しめ。 ★★以下 うーん ★★★ そこそこ ★★★★ 2周する程に良い ★★★★★ 素晴らしい ネタバレ注意。段落スキップ推奨。 インタース…