読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

作者が作品の解説を躊躇うのは、それだけ読者は信頼されていないのでは

以下のツイートが話題になっていた。 作品の説明をいちいち求めてくる人への回答はまさにこれ感ある pic.twitter.com/mlGlfipYvG — いおり村長 (あきばじごく) (@IoryHamon) 2016年9月22日 (※引用者注:画像内のテキストを文章に起こした) <水野しず>説…

レビュアーは返り血を浴びる覚悟がなければならない。しかしそれを自覚したレビュアーほどやめていくのだ(2305文字)

*「レビュアー=作品を語る者」と本記事では広く定義する。 レビュアーもまた評価を下される身である 作品に感想・批判・評価を下していくレビュアー。一見すれば作品を<従>にし自身を<主>にするその在り方は、お気楽で威勢のいいように見えるかもしれな…

読み専がいるように書き専もいる。ならば

これいつのネタだっけ、みたいなネタを成仏させよう。 読み専とか書き専 「読み専」――つまり作品を読むことを専門にし、それ以上の行為を作品に対して働きかけない人々をそう呼ぶ。彼らが「読む」ことだけに留まるのは様々な理由があるが、創作することが大…

キャラ対話レビューは対立構造を入れるだけで良くなる。と思うのだけれどね

「美少女キャラ対話レビューはキモイ/無関心という声から導入しにくいが、美少女キャラを使うが使わまいがそもそもこのレビュー形式は難易度自体が高いため素人が手を出すと圧倒的につまらなくなる」というお話を以前にした。 平易化・エンタメ性・思索の3つ…

世界の深層を見せてくれるアニメ批評が私は読みたいわけさ

結局のところ私が読みたい作品批評ってのは世界の深層に到達したものなんだろう。 そのアニメ世界を理解し、考え察し、一度の視聴では見えなかった別の "景色" を見せてくれる批評だけが好きなのだ。読んでしまったら最後思わず涙腺がゆるみ、心が揺れ、その…

いつまで作家論なんてやってるの?

作家論とはなにか 作家論とは、ある著者の作品を複数並べ比較しそこから共通する要素、モチーフ、展開、物語構造を抽出し『式』(アルゴリズム)とでも呼べるようなものを取り出す行為のこと。 あるいはそういった『式』を前提として、現行作品はその『式』…