猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

ゲームレビュー

もしも凛堂禊(ギャングスタ・リパブリカ)が『Hyper→Highspeed→Genius』の世界で『守護者』になったら、みたいな妄想楽しすぎ

*果てしなくどうでもいい記事であり、両作品ややネタバレ注意。 凛堂禊×HHG 『Hyper→Highspeed→Genius』(以下HHG)では、何らかの特殊能力を持った者を『守護者』(ジーニアス)と呼び、その能力は透視、念動力、発火現象……おおよそ「超能力」という言葉で連想…

世界は私達を愛してくれないし、私達は世界を愛すわけじゃない。(明日の君と逢うために~ざくざくアクターズ感想②)

※『明日の君と逢うために』『ざくざくアクターズ』ネタバレ注意 1)世界は私を愛さない(ざくアク) 『ざくざくアクターズ』は「ハグレ」と呼ばれる異世界召喚された者たちが跋扈する世界だ。牛男に鳥女、悪魔から七福神まで様々におり、彼らはその強い力を目当…

ゆのはな―ある冬の暖かい物語―(感想レビュー)

ゆのはな(PULLTOP) 季節は冬。 外に出ればぶるぶると震えてしまう寒さが待っている。手はかじかみ、吐き出す息は白い。手のひらで溶け出す六花を見てはやっぱり冬なんだなあって実感する。すると「この気温は堪えるでしょ?」と声をかけてくれる人がいて「ほ…

物語における『世界観』は十全に使い切るべきか?と言われればそうではないが、そう思ってしまうのは何が原因なんだ(甲鉄城のカバネリ~こなたよりかなたまで)

※『こなたよりかなたまで』『甲鉄城のカバネリ』ネタバレ注意 Q,「世界観が十全に使いきれていない」という不満はどこ?(こなかなからカバネリまで)

恋色空模様―神那島の空が緑茶色に染まる―感想レビュー④

<恋色空模様・一連エントリー> 恋色空模様のどこがダメで、どこを批判したいのか語る① 恋色空模様に『失敗』はあったのか?② 恋色空模様の表現力の低さは『失敗』にはならないのだろうか③ 恋色空模様 感想 これまで『恋色空模様』へ3通りの記事を書いてき…

恋色空模様の表現力の低さは『失敗』にはならないのだろうか③

恋色空模様の表現力のなさ 『恋色空模様』の記事をこれまで書いてきた。一つ目は私の価値観を優位にした批判を、二つ目は物語の価値観を優位にして一つ目の批判が批判足りえるのか探ってみた。 詳細は当該記事を見て頂くとして、 ▼ eroge-pc.hatenablog.jp e…

恋色空模様に『失敗』はあったのか?②

<恋色空模様・一連エントリ> 恋色空模様のどこがダメで、どこを批判したいのか語る 作品における『失敗』を「作品が描こうとしていたものを作品自ら阻害しているもの」と定義する。自ら反目し、矛盾を引き起こし、障害と立ちはだかる要素要素が存在する時…

恋色空模様のどこがダメで、どこを批判したいのか語る①

<恋色空模様・一連エントリ> 恋色空模様に『失敗』はあったのか?② 恋色空模様の表現力の低さは『失敗』にはならないのだろうか③ 恋色空模様―神那島の空が緑茶色に染まる―感想レビュー④ 『恋色空模様』の何がダメなのか、どこが引っかかり批判したいのか語…

戦国ランスは81時間吸われるくらいに楽しい。しかし最後はぐったりする程に疲れてしまうSLG作品でした(褒め言葉)

戦国ランス 感想 2006年にアリスソフトから発売された本作は、ランスが織田信長家の影番を務めながら全国統一を目指す『地域制圧型戦略シュミレーションゲーム』である。 北は北海道から、南は鹿児島まで進軍しては地域から金を巻き上げたり、その大金で雑兵…

累計800,000ダウンロードされた『NOeSIS』の文章レベルが低くてGiveUpしたお話

(1)NOeSIS 感想 2016年2月に『NOeSIS〜嘘を吐いた記憶の物語〜』(以下NOeSIS)をプレイしたのだけれど、その文章力の低さに思わず投げ出してしまった。結局、全4章中1章しか読み進められなかった思い出がある。 ノベルゲームにおける「文章」を「物語を牽…

Humanity(一本道エディション)の感想

人口の激減にともない「労働力」も激減の道を辿っていた。 もちろん人間だって手をこまねいたわけではなく、自らと同じ姿の生き物――亜人――を試験官から生成することで労働力の補填を狙ったのである。そうしてあらゆる仕事が亜人に流され、危ない仕事も亜人に…

アルカディアの灯火―らくえんはあるよ ここにあるよ―(感想レビュー)

※未プレイ者は閲覧非推奨 アルカディアの灯火 内在批評

エロゲにエロはいらない人間が変態ヒロインと四六時中しまくる『ピュアガール』を(まちがって)買ってしまった

2012年フロントウイングから発売された『ピュアガール』は、原画*1キャラクターの身悶えるような可愛さとkotoko歌うOPムービーに「YES!YES!」と叫んだ私はつい先日買いました。やってみました。そして気づくのです。 これ抜きゲーじゃネ? てっきりピュアガ…

あえて無視する君との未来 感想

<あえての一連エントリ> 1)福音をもたらすブルマ師匠とあえて無視する君との未来2)『あえて無視する君との未来』批判レビュー。最も重要な部分をスルーしてしまった本作 プレイ時間 18時間 面白くなってくる時間 30分くらいから 退屈しましたか? してい…

なぜ『去人たち』のレビュー・感想はこんなにも少ないのか

<去人たち・一連エントリ> 1)『去人たち』考察―白痴と、精神病者の狂騒劇― 今回は本作の感想記事を漁っていたときにふと思ったことを、語っていきます ※ネタバレ注意 なぜ『去人たち』のレビュー・感想はこんなにも少ないのか 他の人の『去人たち』の感想…

彼と彼女と彼女の忠義の感想 ネコは綺麗好きにゃ!

ある日、助けてもいないネコが助けて頂きありがとうございましたと主人公のもとへやってくる。それも「女性」としてやってくる。やってくるというか既に六畳一間にちょんと居座っていた。 ――誰だ! お前っ! 猫の恩返し風味ノベル,『彼と彼女と彼女の忠義』…

うたわれるものエルルゥの超絶地道なレベル上げをJoyToKeyで効率化しましょ

※最善の方法とは言えないかも うたわれるもの×レベル上げ(攻略?) 『うたわれるもの』のゲーム難易度である「難易度参」をノーコンティニューでクリアするためには、エルルゥのLvを爆上げする必要性があります。 参考→うわれるもの攻略 しかしやってみるとわ…

『あえて無視する君との未来』批判レビュー。最も重要な部分をスルーしてしまった本作

*ネタバレ注意 あえて無視する君との未来の批判 主人公・沢渡拓郎は「未来視」を有しており、彼が見た未来は必ず実現してしまう。それはどんなに頑張っても、どんなに足掻いても、定められた未来は変えられなかった現実があるからこそ彼は「未来は変えられな…

『去人たち』考察―精神病者は踊り狂い、傍観者は去っていく―

※ネタバレ注意 (本記事は『去人たち on 吉里吉里版』(以下、『去人たち』)を対象としたものであり、作品"外"のことは極力触れず可能な限り作品"内"のみで完結しようとする語りであることを了解しつつ読んで頂ければ幸いである) 1.『去人たち』はナニから去ろ…

『ラスト・ピュリファイ』自己の枠組みから逃れられない人類の末路(感想・レビュー)

核戦争によって人口は激減し国家が崩壊した近未来。その最悪の結果を憂いた『世界倫理機構』はもう二度と同じ悲劇を起こさないように人類を平和へと導こうとした。 結果。あらゆる文化、価値観、そして感情さえもタブーになる。感情があるから人は価値観を育…

2015年にプレイした27作品から選ぶおすすめエロゲはこれだ!

2015年に私が"プレイ"した作品を振り返りながら「オススメエロゲ*1」を選んでみようと思います。面白い作品を探している人は参考にしてみてくださいね。 よければこちらもどうぞ。▼ eroge-pc.hatenablog.jp ※おすすめ度は★★★★(4.0)~★★★★★(5.0)のみ表記…

福音をもたらすブルマ師匠とあえて無視する君との未来

あえて無視する君との未来×福音 ごくたまに「存在」するだけで周りの人間を幸せにしていく者がいる。その者は別段なにかするわけじゃないのだが、ただその一挙手一投足が、笑顔が、声が――一緒にいるだけで――隣人の不安を打ち払い安寧へと導いてしまうのであ…

とりあえず突っ込めば勝てるSLG『キャッスルファンタジア~聖魔大戦~ 』は面白いのだろうか?

満足度:★★★ 『キャッスルファンタジア~聖魔大戦~リニューアル版』は巫女とかサングラスとか忍者とか魔法とか出てくる何でもありな中世ファンタジー作品であり、昼行灯でだらしない指揮官・ヒューイ=エルザードを主人公とした戦争SLGだ。 本作の特徴と…

プレイヤーが作品価格を決められる『忘れものと落とし物』というノベルゲームをプレイしたぞい

満足度:★★★(3.4) 『忘れものと落とし物』は1997年4月に実際の日付、時刻と連動してweb上にストーリーが公開されていくアドベンチャーゲームを、2005年にWindows版で大幅な改訂・修正を行ったのが『忘れものと落とし物 for Windows』だそうだ。 (今後はWindo…

裏社会での諜報戦が繰り広げられる『Scarlett』を紹介するよ

1)Scarlettとねこねこソフト 『Scarlett』を起動してまず思うのはキャラかわーー!! もう一度言うがキャラクターが可愛いのである。ここ大事。まじ大事。超大事。頬がぷっくりしてるロリィーなイラストは魅力的でこれだけを目当てに同メーカー作品に触れて…

『Scarlett』総括―非日常に憧憬し、日常へ揺り戻される者達―

スカーレット(ねこねこソフト)批評と感想のまにまに *スカーレットネタバレ注意。*1 *1:ねこねこソフト・発売日2006-05-26・原画メイン 秋乃武彦 , あんころもち・原画サブ 司ゆうき , ミヨルノユメギ , 仲本六日・シナリオメイン 片岡とも , 木緒なち ・…

『悪の教科書』、それは正義を暴く社会批判ノベルゲーム

いじめ、差別、宗教のみならず右翼左翼、民主主義をざくざく切り込んでいく社会批判ノベル『悪の教科書』。 タイトル通り、「悪」いことが書かれているというのが触れ込みで、確かに過激な内容てんこもりだし鮮血シーンもあるバイオレンス作品かと思えば、政…

卒業する全ての人に『はつゆきさくら』を贈りたいな

2014年1月。『はつゆきさくら』をプレイ。 ―――――― ―― 世間の評判は上々であり、いろいろな人から「これ面白いですよ」と勧められたこともあってようやくやってみようかなと思い立った。しかも今は真冬であり劇中の寒々とした季節とぴったり。(ゲーム終了後に…

『心の中にある願い』を叶えた後、そのあと、僕たちはどうすればいい?死ねばいいのか?(いろとりどりのセカイ)

*『いろとりどりのセカイ』のネタバレしてくので未プレイ者は注意。そして本作のみを対象にする。 いろとりどりのセカイと願い

普段ギャルゲーをやらない人にもやって欲しい多幸感でいっぱいになる『ナツユメナギサ』を紹介します

満足度:★★★★★(5.0) 『ナツユメナギサ』はすごくすごくいい作品でした。 世の中にはこういう物語があるってことを多くの人に知ってもらいたいですし、作品との相性を考慮せず安易に人におすすめしたくなるくらいに私にとってかけがえの無いものになってしま…