猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

ゲームレビュー-いろとりどりのセカイ

今この瞬間を生きない、いろとりどりのセカイ

*ネタバレ注意 「いま、この瞬間に解らないこと、どうしても知りたいって思うこと、その内容の全てを理解している、そんなお前がこの先のいつかの時間に必ずいるから」 ――二階堂真紅/いろとりどりのセカイ この言葉はたまに思い出すくらいに好きだったりする…

『心の中にある願い』を叶えた後、そのあと、僕たちはどうすればいい?死ねばいいのか?(いろとりどりのセカイ)

*『いろとりどりのセカイ』のネタバレしてくので未プレイ者は注意。そして本作のみを対象にする。 いろとりどりのセカイと願い

「いろとりどりのセカイ」 総括_君は決して一人じゃない (6414文字)

評価:二人だけのAletheia 「いろとりどりのセカイ」の最後だけ再プレイの感想です。以前の記事で言い足りなかったこと、新たに広がった視点を盛り込んでみました。 それではどうぞ。