猫箱ただひとつ

物語追求blog。アニメ、マンガ、ギャルゲーを取り扱ってるよ

共感性羞恥は物語読みに必要なスキル?

『共感性羞恥』というワードが去年話題になった。

これは「他者の恥ずかしい行為を見て、それを見ている自分もまた恥ずかしくなること」を指したものであり、話題の起因となった[マツコ&有吉の怒り新党 ](2016年8月24日放送) が10-80代500人にアンケートを取ったところおよそ1割の人しかこの感情を知らないのだという。

でもTwitterを眺めてみると多くの人が「私、共感性羞恥なんです!」と明言していることから1割っていう数字に疑問が出てきたりと、その様子が下記記事にてまとめられている。

続きを読む

あさひ(@ddrdaisuki)が自ら反論記事を削除した件について【id:tyoshiki】

 

2016年9月、私が書いた記事に「アホ」「開発リソース無視かい」と喚いたあさひ(=id:tyoshiki)にその主張の理由を求めましたが、一切答えられない件がありました。

続きを読む

2016年を振り返るマイベストエントリー

2016年に書いた約100記事から私が好きなものを選んでみたいと思います。「そういえばこんなのも書いたなあ……」と一年を振り返るだけの記事。

続きを読む

2016年にプレイしたエロゲ総括(おすすめ~駄作まで)

例年どおりその年に "プレイ" したエロゲ(含む一般ノベル)26作品を気のむくまま語っていきます。核心的なネタバレはしませんが、作品内容には触れますしダメなものはダメと言いますのでそこはご注意下さい。

2014年にプレイしたエロゲ18作品
2015年にプレイしたエロゲ27作品

また本記事では「おすすめ度」と「私的満足度」をつけていきます。

おすすめ度はその名の通り「他者に勧められるかの度合い」で★★以下が駄作、★★★(3.5)が平均ライン「普通」、★★★(3.8-3.9)が「結構おすすめ」、★★★★(4.0)超えは「とてもおすすめ」で多くの人に愛されるだろうと見込んで付記します。ただその分星4を超えるのは中々ないようにしています。(最高は星5)

同時に表示される私的満足度は私がいかに満足したかの指標になっていますので、両者を見比べてみるのも面白いかもしれません。

(詳しい評価内容はこちらで→おすすめエロゲリスト)

ちなみに本記事の文字数35,700文字、まったり読んで頂ければ幸いです。

それではどうぞ。

続きを読む

アニメを見ない生活 on ICE!!!

そういえば最近アニメを見ていない。

夏アニメ終了時からアニメを見る敷居が時間的に気持ち的にも高くなって、「このままだと今期は見ることはないかも」と周りに話していたが、なんだか実現してしまった感じである。

続きを読む

立ち絵がぐりぐり動く『Corona Blossom vol1』レビュー

f:id:bern-kaste:20161209225154j:plain

*Steam版(全年齢)を購入。18パッチは当ててないのでその前提でどうぞ。

(あと今回書き方(ないし書く立場)を変えてみたので以前の書き方が好きな人はあまり好ましくないかもということで一応注意)

続きを読む